バーコード作成(コピー)印刷(バーコードスキャナー使用)

概要

本体にあらかじめバーコードのテンプレートを転送し、テンプレート内のバーコードの情報を、本体に接続したバーコードスキャナーで読んだバーコード情報に差し替えることで、バーコードのコピー印刷を行います。

バーコード作成(コピー)印刷の手順

バーコードデータを作成する

  1. 1. P-touch Editor を起動します。
  2. 2. 「挿入」 - 「バーコード」 でバーコードのプロパティを開いて、データを入力します。
  3. 3. 「ファイル」 - 「名前を付けて保存」 をクリックし、ファイル名をつけて保存します。

バーコードデータをプリンター本体に転送する

  1. 1. プリンターとパソコンを USB 接続します。
  2. 2. P-touch Editor の 「ファイル」 - 「テンプレートの転送」 をクリックして、Transfer Manager を起動させます。
  3. 3. リストから、データを選択して、右クリックでメニューを表示させます。
  4. 4. 「キー割り当て」 を選択すると、キーの番号が選択できます。 この番号は、印刷するときのテンプレート番号になります。
  5. 5. 「転送」 をクリックして、プリンター本体にテンプレートデータを転送します。

作成(コピー)したいバーコードを読み取って印刷する

  1. 1. プリンター本体のUSB ホスト端子に、バーコードスキャナーを接続します。
  2. 2. テンプレート番号を選択します。
  3. 3. 作成(コピー)したいバーコードを読み取ります。
  4. 4. 印刷開始コマンド(^FF)バーコードを読み取ることにより、印刷を開始します。
    (印刷開始コマンド(^FF)ラベルを、あらかじめ印刷しておくことをお勧めします。)

Note:
印刷開始コマンドを変更することで、バーコードを読み込むだけで印刷することが可能になります。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする