直接コマンドを送って印刷する

概要

本体に直接、制御コマンドや印刷コマンドを送信して印刷させることができます。
ドライバーのない PC / 端末の場合は、本体にコマンドを送信して直接制御することができます。
各種コマンドについては、以下のリンクを参照してください。

コマンド印刷の手順

本体と通信可能な状態にする

コマンドを本体に直接送信するためには、PC/ 端末と本体を接続し、データ送信を制御できる状態にする必要があります。
インターフェイスやアプリケーションによって制御の方法は異なります。本体インターフェイスの仕様については取扱説明書をご確認ください。また OS 等によって接続方法は異なりますので、各 PC/ 端末の取扱説明書等をご確認ください。
USB: プリンタークラスで PnP (Plug and Play) されます。
Bluetooth®: SPP、HCRP 等のプロトコルを利用できます。
LAN: デフォルトではポート9100 を利用します。 EWS などから設定可能です。

Note:
本体取扱説明書はサポートサイトからご覧ください。

コマンドリファレンスを参考にデータを作成する

以下のコマンドを準備しています。それぞれ、コマンドリファレンスマニュアルの対応モデル一覧と入手方法をご確認ください。

  • P-touch テンプレート
  • ESC/P コマンドリファレンス
  • SBPL
  • ラスターコマンドリファレンス

リファレンスを参考にデータを作成し、本体へ送信することで制御・印刷を行うことができます。

どのコマンドをご利用いただくかは、どのコマンドを使用するのか選択するを参照してください。

関連情報

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする