P-touch Editor を使って印刷する(バーコードを含んだデータ)

概要

P-touch Editor は、 初心者の方でもパソコンで簡単にラベルを作成していただけます。
日時自動作成、バーコード作成、表作成、図の挿入など、実用的な機能を搭載しています。

P-touch Editor を使ってバーコードを作成する

Windows の場合

  1. 1. P-touch Editor を開きます。
  2. 2. 「バーコード」 ボタンをクリックします。 「バーコードのプロパティ」 ダイアログが開きます。
  3. 3. 「規格」 タブをクリックし、作成したいバーコードの種類を選択します。
  4. 4. 「入力」 タブをクリックし、「データ:」 の欄に、値を入力し、「OK」 ボタンをクリックします。
  5. 5. レイアウト画面にバーコードが挿入されます。 マウスで大きさと位置を調整します。
  6. 6. 「印刷」 ボタンをクリックして印刷します。

Mac の場合

  1. 1. P-touch Editor を開きます。
  2. 2. 「挿入」 - 「バーコード」 を選択します。 「バーコードのプロパティ」 ダイアログが開きます。
  3. 3. 「規格」 タブをクリックし、作成したいバーコードの種類を選択します。
  4. 4. 「入力」 タブをクリックし、バーコードのデータを入力し、「OK」 ボタンをクリックします。
  5. 5. レイアウト画面にバーコードが挿入されます。 マウスで大きさと位置を調整します。
  6. 6. 「印刷」 ボタンをクリックして印刷します。

対応しているバーコード規格一覧

バーコード

CODE39、CODE128、UCC/EAN-128 (GS1-128)、ITF (I-2/5)、CODABAR (NW-7)、 UPC-A、UPC-E、JAN13 (EAN-13、書籍JANコード)、JAN8 (EAN-8)、ISBN-2 (EAN-13 AddOn2)、 ISBN-5 (EAN-13 AddOn5)、POSTNET、Laser Bar Code、 GS1 DataBar (RSS) (GS1 DataBar Omnidirectional、GS1 DataBar Truncated、 GS1 DataBar Stacked、GS1 DataBar Stacked Omnidirectional、GS1 DataBar Limited、 GS1 DataBar Expanded、GS1 DataBar Expanded Stacked)、 IMB(Windows のみ)

2次元コード

PDF417(スタンダード、トランケート、マイクロ)、QR コード(モデル1、モデル2、マイクロ)、データマトリックス(ECC200 Square、ECC200 Rectangular)、マキシコード、 AztecCode

カスタマバーコード

カスタマバーコードは、Windows 版 P-touch Editor のみ対応しています。
バーコードの読み取り性能は、お使いのバーコードリーダーでお試しください。
ラベル色によっては、バーコードが読み取りにくいものがあります。

ダウンロード

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする