Web会議 OmniJoin(オムニジョイン) OmniJoinが解決します3

Web会議 OmniJoin(オムニジョイン)
  • Web会議 OmniJoin(オムニジョイン)

安心の国内ブランドBrotherがサポートする最大フルHDの高画質・高機能なWeb会議システム

【14】OmniJoinが解決します3:安心のセキュリティ

第三者のパソコンを経由して通信する「P2P」の利用は情報漏洩のもと。

社内での会議やスタッフ同士のコミュニケーションだけでなく、取引先を交えた商談やプレゼンなどにも活用できるWeb会議ですが、やり取りされる情報が外部に漏洩してしまうという状況だけは絶対に避けたいものです。セキュリティが脆弱なWeb会議を導入したばかりに、「顧客からの信頼を失った」「経済的損失を被った」といった事態に陥ってしまっては本末転倒です。
ところが、とても残念なことに、現状では「P2P」と呼ばれる情報漏洩の危険性が非常に高い通信技術を利用したアプリケーションで、やり取りを行っている企業も多数存在しています。P2Pを利用するアプリケーションの通信方法をご説明しますと、AさんとBさんの間でやり取りをすると仮定した場合、2人の間でやり取りされる全てのデータは、2人とはまったく関係のない、同じアプリケーションを利用する他のユーザーのパソコンを経由して運ばれていきます。
万が一、AさんとBさんの間に悪意を持った第三者がいた場合、2人の間でやり取りされるデータが盗まれる危険性は極めて高くなります。盗まれたデータの中に、個人情報や機密事項が含まれていた場合に被る被害は計り知れません。

業界標準の高度な暗号化技術「128bit-SSL」で安心のセキュリティ。

大切な情報をやり取りするWeb会議に、P2Pのサービスを利用することは、どれだけ危険なことであるかをご理解いただけたものと思います。上記のような事態を防ぐための、Web会議の重要なセキュリティ対策として暗号化技術が挙げられます。暗号化技術はその名の通り、インターネット上での通信内容を暗号化する技術です。OmniJoinには、世界的な標準技術として認められ、多数のショッピングサイトなどにも採用されている「128bit-SSL」という高度な暗号化技術による対策が施されています。128bit-SSLを利用することで、OmniJoinをご利用中の端末と、当社(OmniJoin)のサーバーとの間でのやり取りはすべて暗号化され、情報漏洩、盗聴、改ざんなどを防止します。なお、128bit-SSLでのセキュリティ対策によって、映像や音声に著しい遅滞が発生したり、端末の動作が不安定になるといった心配は一切ありません。安心・安全・快適なコミュニケーションをOmniJoinがご提供します。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

このページをシェアする