お悩み&トラブル解決

2016.09.15

Web会議の映像や音声が途切れる!
ネットワークのトラブルへの対処法

Web会議の映像や音声が途切れる!ネットワークのトラブルへの対処法

Web会議は一般的なインターネット回線を利用した、気軽に使えるコミュニケーションツールとして普及しています。一方で、専用回線を利用するものではないため、ネットワークの利用状況やWeb会議をお使いの環境などによっては、「映像がコマ切れになる」「音声が途絶えてしまう」といったトラブルに遭遇してしまうこともあります。今回は、ネットワークに関するトラブルが起こった場合の、基本的な対処法をご紹介しましょう。

映像や音声が途切れる「原因」の見極め方とスグにできる対応とは?

Web会議を行っている最中に、映像や音声が途切れてしまうような場合には、ご利用中のネットワークの帯域が十分でない(データの通信速度が遅い=多くのデータのやり取りができない)ことが原因となる場合が多くなります。社内でたくさんの方が、同時にインターネット回線を利用するといった場合に起こりやすくなりますので、Web会議を導入される場合には、あらかじめ十分な帯域をご用意いただくことをオススメします。

さて、複数の方が参加されるWeb会議で、映像や音声が途切れるというトラブルが起こった場合、最初にご確認いただきたいのは、ご使用中のパソコンが「有線LAN」で接続されているのか?「無線LAN」で接続されているのか?という点です。

無線LAN接続の場合、「無線LANルーターの性能や、無線LANルーターからの電波出力が弱い」「1つの無線LANルーターを、多くの方が利用されている」などの理由で、映像や音声などのデータ(パケット)をきちんと送信できていない可能性があります。そのような場合は、無線LANルーターの近くに移動していただくか、それでも改善されない場合は、有線LAN接続に切り替えるという方法を試してみてください。

また、iPhoneやiPadなどをお使いのため、どうしても無線LAN接続でWeb会議に参加せざるを得ないという方に、映像や音声が途切れるといった問題が起こっている場合は、先ほどと同様に無線LANルーターの近くに移動してみましょう。それでも改善されない場合は、外部の4G・LTE回線での接続に切り替えてご利用ください。

ただし、4G・LTE回線をご利用の場合でも、奥まった部屋や地下にある部屋などでは、携帯基地局から届く電波が弱くなり、スムーズな接続ができないことがあります。そのような場合は、窓際などに移動してご利用いただくことが必要です。なお、お客様のご契約内容によっては、パケット量に上限が設定されている場合もありますのでご注意ください。

トラブルのない、快適なWeb会議の運営のために「あると便利な機能」

Web会議の最中に、映像や音声を見聞きしながら、参加者の通信状況を見極めることは難しいものです。映像や音声が途切れ、Web会議に支障が出るような状況になって初めて、参加者の通信状況が悪いことが分かることがほとんどです。しかし、Web会議の中には、参加者の通信状況をひと目で把握できる、便利な機能が備わったものがあります。

たとえば「OmniJoin(オムニジョイン)」の場合、携帯電話などで電波状況を把握するのと同じように、アンテナのマークが表示され、5段階で参加者の通信状況を把握することができます。「使用している帯域がどのくらいなのか?」を確認できれば、最適な通信環境でWeb会議を開催できることにつながるため、「映像や音声が途切れる」といったトラブルを未然に防ぐことができて大変便利です。

もしも、ご利用中のネットワークの帯域が十分でない場合には、Web会議でやり取りをするデータ量を小さくする必要があります。具体的には、「画像の解像度(サイズ)を小さくする」「フレームレート(映像の1秒あたりのコマ数)を下げる」という方法です。「OmniJoin(オムニジョイン)」の場合、画像の解像度やフレームレートを、通信状況に応じて自動で調整する機能を備えていますので、いつでも快適にWeb会議を運営することができます。

ただし、ネットワークの帯域は、常に一定であるとは限りません。たくさんの方がインターネット回線を同時に利用したりすると、急激に通信状況が悪くなることもあります。通信状況の変化が激しい場合には、画像の解像度やフレームレートの自動調整機能が十分に対応できないこともあります。そのような場合も「OmniJoin(オムニジョイン)」なら、その時々の通信状況に合わせて、画像の解像度やフレームレートを手動で設定できるので安心です。

「OmniJoin(オムニジョイン)」の「ビジネスプラン」の場合、画像の解像度を1280×720のHD画質から320×240に小さくしたり、フレームレートを30fpsから10fpsに下げたりすることができます。これにより、やり取りをするデータ量を小さくすることができるので、いつでもスムーズなWeb会議を行うことができます。

参加者が日本国内だけでなく、通信環境が整っていない海外にもいらっしゃる場合には、映像や音声が途切れるといったトラブルが起こることがよくあります。海外からの参加が多く、トラブルに悩まされることが多いというお客様は、「OmniJoin(オムニジョイン)」のように、画像の解像度やフレームレートを、自動または手動で調整できる機能が備わったWeb会議を採用されるほうが良いでしょう。

トラブルでお悩みのお客様に、ブラザーが解決策をご提案します!

今回ご紹介した対処法をお試しいただいたり、画像の解像度やフレームレートの調整機能が備わっているWeb会議をお使いいただいたりしているにも関わらず、「映像や音声が途切れる」といったネットワークが原因と考えられるトラブルでお困りの場合、その原因は複合的なものであることが多く、解決に時間を要します。

お困りのお客様には、トラブルの原因を解決し、お客様の環境や用途・頻度に最適なプランをご提案させていただきますので、どうぞお気軽に弊社までお問い合わせください。
入力フォームにお困りごとの内容、現在お使いのWeb会議の概要、接続拠点数などをご入力いただきますと、弊社担当者がご都合の良い日時にお伺いします。

なお、現在「OmniJoin(オムニジョイン)」をご利用中のお客様や、2週間フリートライアルをご利用中のお客様の場合、ご利用中のシステムに残っているログ情報などをもとに、トラブルの原因を突き止め、解決策をご提案させていただくことが可能です。

いずれの場合も、トラブル改善や最適なプランのご提案などについては無料で対応させていただきますので、以下の「お問い合わせフォーム」から安心してお問い合わせください。

PDFを無料ダウンロード!テレビ会議からWeb会議へ選定のポイントをまとめました 資料をダウンロードする

OmniJoin メールマガジン

Web会議導入&運営のヒントになるコンテンツをメールマガジンにてお届けしています。

プライバシーポリシーへの同意

※お預かりした個⼈情報は、ブラザー販売株式会社プライバシーポリシーにのっとり管理・利⽤致しますが、同ポリシー第9項のなお書きは、適⽤外とし、今後のマーケティング活動に利⽤させて頂きます。

関連記事

映像・音声のトラブルを回避する機能を備えたWeb会議「OmniJoin」

「OmniJoin(オムニジョイン)」は、Web会議の参加者のそれぞれの通信状況を5段階表示で把握できる機能のほか、ネットワークの帯域が十分でない場合にも、画像の解像度やフレームレートを自動または手動で調整できる機能を備えています。あらゆる通信環境において、「OmniJoin(オムニジョイン)」は常に安心・快適なWeb会議を実現します。

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料でお使いいただけるフリートライアル。お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み

© Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.