会議のテクニック

2016.06.03

“ちょっとした気配り”をプラス!オンライン会議の上手なファシリテーションテクニック

この記事のポイント

  • オンライン会議においてファシリテーションは重要

  • ファシリテーションのポイントは「ちょっとした気配り」

  • Web会議システムには、ファシリテーションに使える機能がある

近年注目される会議の運営手法「ファシリテーション」をご存知ですか?
ファシリテーションとは、会議の進行のこと。ファシリテーターは、参加者の発言を引き出しながら議論を進めていく進行役です。遠隔のオンライン会議は、参加者が場の空気を読みづらいことから、特にファシリテーションが重要となります。とはいえそれは難しいものではなく、誰にでもできる「ちょっとした気配り」です。そのテクニックをご紹介します。

ファシリテーターの気配りテクニック

1)気を配るポイント

・発言したそうな人はいませんか?
・特定の拠点だけで盛り上がっていませんか?
・話が長すぎて聞き手が疲れていませんか?
・鋭い意見で炎上/場が固まっていませんか?

2)発言者が話しやすくなるリアクション

・うなずきなどは、少し大きめに
・発言後に、復唱や要約をして言い換える

3)一体感をつくる実況中継

自拠点の様子だけでなく、他拠点の様子も細かく確認しましょう。
各拠点へ向けて、今の状況を声に出して伝えると親切です。

4)活発な議論を促す声かけ

条件を付けると発言しやすくなります。
例:「あえて反対意見を」「あえて違う立場で」など

使える!Web会議システムの共有機能

1)アジェンダを画面上で共有

アジェンダとは、会議の目的や議題などを記載したドキュメントです。画面に映しながら進めると、参加者の理解が進みます。

2)議事録をその場で作成する

アジェンダに決定事項などをリアルタイムで書き込んでいけば、簡単に議事録が完成します。

その他のテクニックやノウハウは、以下の資料で詳しくご紹介しています。会議に課題を感じていらっしゃる方はぜひ、ダウンロードしてご覧ください。

オンライン会議のコツ満載資料を無料でプレゼント 「オンライン会議の課題をカイゼン!すぐに着手できる実行ガイド」 資料をダウンロードする

OmniJoin メールマガジン

Web会議導入&運営のヒントになるコンテンツをメールマガジンにてお届けしています。

プライバシーポリシーへの同意

※お預かりした個⼈情報は、ブラザー販売株式会社プライバシーポリシーにのっとり管理・利⽤致しますが、同ポリシー第9項のなお書きは、適⽤外とし、今後のマーケティング活動に利⽤させて頂きます。

関連記事

ファシリテーションを支える機能を搭載
Web会議システム「OmniJoin」

アジェンダなどの資料共有や共同編集はもちろん、ホワイトボードの共有も可能です。
会議の種類に応じてミーティングモードを選ぶことができ、円滑な進行を支えます。

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料でお使いいただけるフリートライアル。お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み

© Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.