ブラザーホーム 製品情報 Web会議 オンライン会議コラム 活用方法&事例 Web会議と最新の映像デバイスが、製造ラインを大きく変える!

OmniJoin メールマガジン

Web会議導入&運営のヒントになるコンテンツをメールマガジンにてお届けしています。

プライバシーポリシーへの同意

※お預かりした個人情報は、ブラザー販売株式会社プライバシーポリシーにのっとり管理・利用致しますが、同ポリシー第9項のなお書きは、適用外とし、今後のマーケティング活動に利用させて頂きます。

  • オンライン会議のコツ満載資料を無料でプレゼント

活用方法&事例

2017.3.15

Web会議と最新の映像デバイスが、
製造ラインを大きく変える!

Web会議と最新の映像デバイスが、製造ラインを大きく変える!

企業から個人の方にまで普及が進むだけでなく、通信技術や周辺機器などの技術の進歩によって、Web会議の利用シーンはますます広がっています。そんな中で、急速に導入が進んでいるのが、様々な製品を生み出す製造ラインです。今回は製造ラインでのWeb会議活用法と、Web会議と連携可能な最新映像デバイスについてご紹介します。

Web会議が可能にする迅速・確実なトラブルへの対応とノウハウの蓄積

テレビ会議とは異なり、Web会議には、インターネット回線に接続されたパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末があれば、いつでも、どこでも気軽に利用できるという大きなメリットがあります。そのため、Web会議は会議室やデスクの上を飛び出して、さまざまな場所で利用されるようになっています。

製造・物流の現場でWeb会議の普及が進んでいる理由の一つは、現場で起こっている出来事を、本社や他の拠点でリアルタイムに把握でき、必要なときに現場と本社などがスムーズにコミュニケーションを取ることができるという点です。現場スタッフと本社スタッフ間での打ち合わせはもちろん、現場で予期せぬトラブルが発生した場合にも、Web会議なら映像を交えて直ちに本社に報告し、迅速かつ的確な対応を取ることができます。

製造ラインに異常が発生し、現場のスタッフだけでは対応が難しいといった場合、本社や他の拠点の技術者などにWeb会議に参加してもらうことで対処方法が見つかり、製造ラインが停止している時間を最小限に食い止めることが期待できます。最近の製造ラインは機能や仕組みの高度化・複雑化によって、ラインの組み立てやメンテナンスが難しいようですが、同じ設備を導入している拠点とWeb会議で密にコミュニケーションを取ることで、組み立てやメンテナンスに関するノウハウ蓄積、トラブル防止などに大いに役立ちます。

これまでのように、トラブル発生時などに写真を撮ってメールで送信し、電話で報告・相談をするといった対応では、解決までに大幅なロスを余儀なくされた製造ライン。映像や音声を使った、リアルタイムでのスムーズなコミュニケーションが可能なWeb会議を導入することによって、製造ラインを取り巻く環境は大きく変わろうとしています。また、今後は製造ラインで働くスタッフの負担軽減なども期待できます。

作業ロス削減などの変革をもたらす「OmniJoin(オムニジョイン)」

製造ラインでWeb会議が役に立つのは、トラブル発生時やメンテナンスといった場面だけではありません。Web会議は組み立て作業や社員教育・研修といった場面にも、“変革”をもたらすことができます。

たとえば、機械の製造ラインでは、組み立て手順を説明するための作業マニュアルを用意することがあります。組み立てスタッフは、作業マニュアルを頼りに作業を進めますが、作業が複雑になるとマニュアルを見てもすぐに理解できないことがあります。ときには、他のスタッフに質問することが必要な場合もあるはずです。そういった小さな作業ロスの蓄積は、意外なほど大きなロスになっていることもあります。

「OmniJoin(オムニジョイン)」のような動画再生が可能なWeb会議なら、製造ラインにノートPCやタブレットなどを設置して、予め作成しておいた作業説明の動画を表示させることで、複雑な作業も簡単に理解できるようになります。作業マニュアルのページを確認するために作業の手を止めたり、他のスタッフに質問をするために持ち場を離れたりすることもなくなるので、作業ロスの削減につながります。

また、地方の工場で新規採用したスタッフに対して、本社から「OmniJoin(オムニジョイン)」を使って教育を行うといった使い方も可能です。「OmniJoin(オムニジョイン)」の利用にあたっては、事前のインストールやアカウント取得などの面倒な操作の必要がなく、招待メールに記載されたURLをクリックするなどの簡単なステップだけで入室が可能。各地の工場で、余計な手間やコストをかけずに教育・研修を実施することができます。

さらなる効率アップや技術の継承などに貢献する「エアスカウター」

さらに一歩進んだ方法として、ヘッドマウントディスプレイ「エアスカウター」の活用があります。「エアスカウター」は目の前に位置する超小型ディスプレイに、映像を表示させる最新の映像デバイスです。「エアスカウター」は“装着感”への慣れが必要になるくらいで、煩わしい操作や設定の必要はありません。

ノートPCやタブレットの代わりに「エアスカウター」を導入すれば、スタッフは作業の手を止めることなく、視線をわずかにずらすだけで、自分の得たい情報を取得することができ、作業ロスの一層の削減が期待できます。あるメーカーの製造ラインでは、実際に「エアスカウター」が導入され、作業効率のアップに大きな成果を挙げています。

「エアスカウター」は、スティックPCと呼ばれる超小型パソコンに接続して、「OmniJoin(オムニジョイン)」の画面を表示させることもできます。「エアスカウター」と一緒に、ウェアラブルカメラやBluetoothヘッドセットなどの音声機器を装着し、「OmniJoin(オムニジョイン)」を起動させれば、両手を使って作業をしながら遠隔地の方とリアルタイムでコミュニケーションを取ることもできます。

この方法なら、経験の少ないスタッフが、離れた場所にいるベテランスタッフの指導を受けるといったことも容易です。労働力不足などによる技術・ノウハウの継承に対する不安は、「OmniJoin(オムニジョイン)」や「エアスカウター」の導入・活用によって解消することもできるのです。また、「OmniJoin(オムニジョイン)」は海外との高画質・高音質でのコミュニケーションも可能ですので、海外拠点の製造ラインのスタッフへの指導なども、わざわざ現地にスタッフを派遣したりすることなく、低コストで実施できます。

オンライン会議のコツ満載資料を無料でプレゼント 「オンライン会議の課題をカイゼン!すぐに着手できる実行ガイド」 資料をダウンロードする

関連記事

製造ラインで使える便利な機能が充実のWeb会議「OmniJoin」

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末でも利用できるWeb会議「OmniJoin(オムニジョイン)」は、製造ラインと本社などの拠点をリアルタイムで結べることから、トラブル対応やスタッフ教育などに役立ちます。ヘッドマウントディスプレイ「エアスカウター」との連動も可能で、作業をしながらコミュニケーションを取ることもできます。

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料で
お使いいただけるフリートライアル。
お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み