活用方法&事例

2018.7.10

Web面談で特定保健指導を実施!
医療・ヘルスケア分野でのWeb会議活用事例

2008年、疾病予防や健康増進を目的に「特定保健指導」が義務化されました。10年近く経った今、国はその実施率を向上させるために、ICTの活用を積極的に推進しています。
そんな中、保健指導サービスを提供する株式会社メディヴァ様では、Web会議システム「OmniJoin(オムニジョイン)」を利用したWeb面談を導入されました。今回は、同社がWeb面談の導入に至った背景やツール選定のポイント、導入効果などをご紹介します。

株式会社メディヴァ
https://mediva.co.jp/

医療機関、行政、企業、介護施設をクライアントに、経営支援や事業サポートなどのコンサルティング&オペレーションを提供。「患者視点での医療変革」を目指している。
保健事業部では、健保組合、自治体、企業に対して保健指導サービスなどを提供している。

保健事業部
シニアコンサルタント
田中 豊彦様

保健事業部
管理栄養士
小林 和子様

保健事業部
管理栄養士
丸山 有加様

OmniJoinを活用したWeb面談

面談対象者の自宅へOmniJoinアプリをインストールしたiPadを送付。
時間や場所に縛られず、誰でも保健指導が受けやすい仕組みを実現しました。

■対象者は、メディヴァ様より事前に送付されたiPad、もしくは自身のパソコンやスマホなどを利用

■面談は6カ月に3回行うのを基本としており、初回面談も含めて全てOmniJoinでWeb面談を行う方も多い

■健診データを画面に映して説明するだけでなく、相手からデータを映してもらうこともある

「保健指導の実施率を上げていくために、ICTの活用を検討し始めました」

同社の保健事業部では、以前から特定保健指導や重症化予防指導を支援するサービスを健保組合に提供しています。健康診断後、生活習慣病の発症リスクが高い方などに対して、保健師や管理栄養士が生活習慣を見直すサポートをするというものです。

田中様

田中様:「昨今、保健指導を支援するサービスはさまざまな形がありますが、弊社は面談を重視した寄り添い型プログラムを提供しています。電話やメールではなく、お顔を合わせた方がコミュニケーションを取りやすく、指導効果も高まりますので。
Web面談の導入前は、健保組合様からの依頼に応じて企業に赴き、面談を行ってきました。たとえ遠方であっても、対象者の方がいれば面談を実施します。当然ながらスタッフは出張が多く、効率面で課題を感じていたんです」

丸山様:「私たち保健師や管理栄養士は30名以上在籍しているのですが、月の半分ぐらいは出張でした」

小林様:「さらに、お仕事の都合上、指定した面談場所や時間で受けられない方もいらっしゃいました。例えば主に夜勤が多いシフト勤務の方や、外出の多い営業の方などは、平日日中に会社内での面談に参加するのが難しくて…」

田中様:「今、国は保健指導の実施率を上げていくために、ICTの活用を推進しています。以前から遠隔での面談は可能だったのですが、実施計画の事前届け出が必要だったため、なかなか進みませんでした。2017年にそれが廃止されたことで、積極的に推進されています。その流れもあり、私たちも遠隔での面談を検討し始めました」

「面談対象者にとっての操作性を重視しました」

同社では、OmniJoin導入以前、無料のビデオチャットを使っていた時期があったそうです。

小林様

小林様:「今と同じようにiPadを使ってWeb面談をしていたのですが、相手にとって操作が難しく、手間取るばかりでなかなか面談ができなかったんです。通信が不安定になって途切れてしまうこともあり…。苦労した経験から、画面も操作もシンプルなシステムを選びたいと思っていました。
OmniJoinは、画面も操作もシンプルで、立ち上げからスムーズでした。そして相手の画面を大きく表示できますので、表情をしっかり確認できます。途切れて困ることもなかったですね」

田中様:「相手側の音声を調整できるなど、機能がとても充実していました。診断データなどの資料共有も重要なのですが、それもスムーズで。こういった機能面に加え、セキュリティの高さも評価できました。そして、初期費用がゼロという料金体系も大きな魅力でしたね」

「これまで面談が難しかった方にも、保健指導を実施できるようになりました」

OmniJoinを使ったWeb面談は、OmniJoinアプリをインストールしたiPadを対象者の自宅へ送付して行っています(iPadを送付せず、対象者のスマートフォンやタブレットなどを使う場合も)。この仕組みは、面談対象者や企業、健保組合から好評とのことです。

ブラザーでは、タブレットを活用したフローの整備もサポートしています。詳しくはお問い合わせください。

田中様:「勤務場所や自宅、車の中などでも受けられるので、シフト勤務の方や営業の方など、これまで面談が難しかった方にも実施しやすくなったのは大きいです。さらに、ご家庭にいらっしゃる被扶養者の方にも、自宅で受けていただけます。健保組合様からは、場所や時間に縛られず実施できることで、課題だった実施率向上につながると喜ばれています」

出張が減り、働き方改革にもつながる

サービス提供先に喜ばれ、実施率向上が期待できるWeb面談。その効果は社内にももたらされました。スタッフの出張が減り、働きやすい環境づくりにもつながったとのことです。

丸山様:「実は私、育休明けで復帰したばかりなんです。これまではあちこち出張していたのですが、今はそれほど頻繁に出張に行けない状況です。でも、Web面談ができることで、東京にいながら北海道の方や鹿児島の方ともお会いできます。これはとても大きなメリットですね」

丸山様

田中様:「仕事場所や勤務体系に関わらず、同じ仕事ができるというのは非常に良いことです。Web面談を導入することで、面談を大切にするというサービスの根幹を守りながら効率化でき、私たちの働き方改革にもつながりました」

同社が提供している保健指導は、病気を防ぎ、健康を保つための重要な機会です。田中様は、より多くの方に実施できるよう努めていきたいと語ります。

田中様:「国のデータヘルス計画もあり、今後ヘルスケア分野もますますICTの活用が求められていきます。OmniJoinを活用して保健指導の実施率を高めていき、産業保健や健康経営、そして日本の医療改革に貢献してまいります」

以下の資料では、医療・ヘルスケア業界でのICT活用ノウハウをご紹介しております。こちらもぜひダウンロードの上、ご参考になさってください。

※担当者名・役職・他本文記載内容は取材当時(2018年5月)のものです

無料でダウンロード!医療&ヘルスケア ICT活用ガイド 資料をダウンロードする

OmniJoin メールマガジン

Web会議導入&運営のヒントになるコンテンツをメールマガジンにてお届けしています。

プライバシーポリシーへの同意

※お預かりした個人情報は、ブラザー販売株式会社プライバシーポリシーにのっとり管理・利用致しますが、同ポリシー第9項のなお書きは、適用外とし、今後のマーケティング活動に利用させて頂きます。

  • 無料でダウンロード!医療&ヘルスケア ICT活用ガイド 資料をダウンロードする

シンプルな操作でスムーズなWeb面談を
ヘルスケア分野でも活躍するOmniJoin

Web会議システムOmniJoinは、手軽に利用できるシンプルな操作性と充実した機能が特徴。誰でも簡単に使えます。

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料で
お使いいただけるフリートライアル。
お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み

このページをシェアする