プリント日和

【はじめての英語】子どもに英語学習を好きになってもらうための4つのポイント

画像

近年のグローバル化に伴い小学校での英語教育が必修化されるなど、最近では子どものうちから英語と向き合う機会が増えてきているようです。

今回は、そんな英語にはじめて触れる子どもに「英語学習を好きになってもらうための4つのポイント」をお届けしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもが英語を好きになる4つのポイント

1. 遊びを通して英語に触れさせる

画像

英語学習の第1のポイントは、子どもに英語を遊びの一環として認識させることです。子どもは「楽しい」と感じるものをどんどん吸収していくので、英語にも遊びながら自然と触れさせてあげることが大切です。

英語学習を楽しくするためのアイテムとして、英語のメロディが流れるぬいぐるみや、子どもが興味を持ちやすいマグネットブックなど様々な商品が展開されているので、デパートやおもちゃ屋さんなどで探してみてはいかがでしょうか。


2. 家の中にアルファベット表を貼ってみる

画像

手作りで簡単にできるのが、アルファベット表です。子どもの住環境の中に英語を溶け込ませることで、興味を示してもらうきっかけを作り出します。防水性のシートを使って、お風呂場などに貼るのもよいでしょう。

また、ただアルファベットを並べるのではなく、「A=りんご」や「B=ボール」など、子どもが好きそうな各文字から始まるイラストを添えることで、より英語に興味を持ってもらいやすくなります。


3. 日本語と英語は別々に教える

画像

小さな子どもに日本語と英語を同時に覚えさせようとすると、言語の区別がつかず混乱してしまうので、避けたほうがよいでしょう。無理に教えようとすると、母国語である日本語の習得の妨げとなってしまう可能性があります。

混乱を避けるために、朝と昼は日本語の時間、夜の眠る前だけ英語学習の時間にするなどのルールを決めて、生活のリズムを作ってあげると子どもも習慣化しやすくなりますよ。


4. 英語以外の遊びも大切にする

画像

子どもの力を引き出すためには、他の遊びや体を動かす時間を作ることも大切です。幼児期の運動は心身の発達に欠かせないものですので、お散歩で公園に行くなどしてあげましょう。

また、同年代のお友達と遊ぶことは、チームプレーやコミュニケーション能力を子どもに身につけさせるきっかけとなるので、将来的に様々な人と円滑なコミュニケーションをとるための助けとなるでしょう。


はじめての英語を楽しく学ぼう!

就学後も必要となる英語の力。今回紹介したコツを活かしながら、お子さんが楽しくお勉強できるように工夫してみてくださいね。

ブラザーのHPでは、子どもの英語学習に使えるテンプレートを無料ダウンロードできるサービスを提供しています。ぜひご活用ください!

©1995-2015 Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.