プリント日和

【小学校で自慢できる!】きれいな字を子どもが書けるようになる5つのポイント

画像

近年の「美文字ブーム」にあるように、字がきれいだと人に好印象を持ってもらいやすくなるなど、大人になってからも得をすることが度々あります。そんなきれいな字を身につけるのなら、子どものうちから書けるようになれれば一番楽ですよね。

今回は、そんなお子さんの字をきれいにするためのポイントを5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

画像

1. 子どもの筆圧にあった鉛筆にする

字をきれいにするために、まずは子どもの筆圧にあった鉛筆を探すことから始めましょう。子どもの字が太すぎるなと感じる方はHBの鉛筆を基準に。逆に薄いなと感じる方は2B以上の鉛筆を基準に選ぶのがおすすめです。

2. 鉛筆の正しい持ち方をマスターする

子どもの筆圧にあった鉛筆が用意できたら、次に鉛筆の持ち方が正しいかどうかをチェックしてみましょう。間違った持ち方で書くことに慣れてしまうと、字の上達の妨げとなってしまうので、悪い癖がつく前にしっかりと正しい持ち方をマスターさせることが大切です。

3. 姿勢をよくして書く

字をきれいに書くためには、姿勢もまた大事な要素です。猫背の状態だと、肩や首などにも負担がかかってしまい、集中力も乱れやすくなってしまいます。(詳しくは「姿勢と集中力」の記事を参照)普段の生活の中でも、できるだけ背筋を伸ばして座る習慣を子どもに教えるとよいでしょう。

4. 正しい書き順を覚える

書き順通りに字を書くことで、自然とバランスが生まれて比較的きれいな字になりやすくなります。また、書き順は小学校の国語のテストなどでも出題されるものなので、正しく書いて覚えておく必要があります。

5. 一文字ずつゆっくり丁寧に練習する

最後のポイントは、とにかく一字一字をゆっくり丁寧に練習することです。字が汚くなりやすい一番の原因は、感覚だけで殴り書きしてしまうこと。大人もメモを素早く取らなければならないときなどは、どうしても走り書きになってしまいがちですよね。

字をきれいにするための近道は、その字ごとの形をしっかりと理解することです。時間をかけて字と向き合うことで、自然ときれいな字が書けるようになるでしょう。

子どもが左利きの場合は矯正が必要?

画像

子どもが左利きの場合、右手で鉛筆を持つように矯正した方がいいのでは?と迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では矯正する方も減っているようです。

確かに少し前まで「字は右手で書くもの」という常識がありましたが、近年では左利き用の文房具が数多く販売されているように、子どもが利き手に左右されることなく勉強できる環境が徐々に整ってきました。

まずは子どもが一番やりやすい方法で字を書いて、楽しみながら文字を書けるようにしてあげることが大切です。

子どもが書いた字は褒めて伸ばしましょう

子どもが頑張って字の練習をしたら、しっかりと褒めてあげるようにしましょう。褒めてあげることで、もっと上手になろうというやる気を引き出すことができますよ。

ブラザーのHPでは、字の練習に使えるテンプレートを無料ダウンロードできるサービスを提供しています。ぜひご活用くださいね。

©1995-2015 Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.