妙典さいとう耳鼻咽喉科

  • 妙典さいとう耳鼻咽喉科 妙典さいとう耳鼻咽喉科
  • 医療医療

    代表者:齊藤達矢院長

    千葉県市川市にある「妙典さいとう耳鼻咽喉科」は、地域住民にとって信頼できる医療機関「ほっとステーション」を目指して、2014年に開設されました。

    所在地
    千葉県市川市
  • 視認性の高い カラープリント
  • 自動両面印刷で 用紙コスト削減
  • Wi-Fi対応で
    タブレットから
    即カラープリント

診療所の受付スペースに
収まるサイズ

開業にあたり複合機の購入を検討していました。同じ医局の先輩のクリニックを見学した際に、すすめられたのがブラザーのカラーレーザー複合機でした。この複合機は、コンパクトサイズのため、受付横のラックに収納できます。診療所の受付はスペースが限られており、先輩のクリニックで見たブラザーの複合機ならスペース的に収まると考えました。
現在、複合機は医師会などのファクスを受信するほか、患者さんの持参したお薬手帳や他院からの紹介状のコピー、患者さんへの紹介先の病院の地図、説明資料などの印刷にも使用しています。

診療所の受付スペースに収まるサイズ

大量印刷はインクジェットでコストダウン

院は開業からわずか1年半で、1日に200人を超える患者さんが来院されるようになりました。患者さんに快適な診療を受けていただくために、様々な工夫を行っています。そのひとつが症状別に分かれた問診票で、再診時にも患者さんに問診票を書いていただいています。受付で患者さんの訴えを詳細に聞くことで、診療がスムーズになります。また、初診時と再診時に訴えが異なる患者さんもいるため、その違いを聞き漏らさないように、再診時にも問診票を書いていただいているんです。
そのため、患者さんに記載いただく問診票は大量に印刷する必要があるので、印刷コストを抑えたいと考え、当院では、新規にブラザーのインクジェット複合機を購入しました。A3まで印刷できるコンパクトサイズの複合機を探していましたが、サイズ、コストパフォーマンスからブラザーを選びました。

ご使用の製品はこちら

A4カラーレーザー複合機

インクジェット複合機

レーザー複合機の導入事例をみる

山本耳鼻咽喉科 導入事例をみる
グロービス株式会社 導入事例をみる
医療法人社団NICO 習志野台整形外科内科 導入事例をみる
岐阜女子大学事務局 導入事例をみる
ファミリア歯科矯正 導入事例をみる

あらゆる現場のニーズに応える
ブラザーのラベルプリンター。
低コスト、簡単操作、システム連携で
革新的なラベルソリューションを実現。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする