セキュリティ

誤送信防止や印刷ログ管理でセキュリティ面も万全!

対応シリーズ:レーザー複合機レーザープリンタービジネスインクジェット複合機

※対象機種と機能詳細は下のこの機能がついたプリンター一覧をご確認ください。

ダイヤル制限で操作ミスによるファクスの誤送信を防止

ファクス番号を2度入力し、送信者がダブルチェックを行える[番号2度入力機能]や、電話帳/ワンタッチボタンからの送信のみ許可する[番号直接入力禁止機能]などのダイヤル制限で、ファクスの誤送信を防止します。

セキュリティ印刷で機密データをしっかり保護

第三者に見られたくない文書や機密書類は、プリンタードライバーでパスワードを設定すると本体のメモリーに蓄積。本体パネルのパスワード入力によって印刷を開始するセキュリテイ印刷です。印刷物の取り忘れにより第三者に見られたり、他の印刷ドキュメントと混在することを防ぎます。

セキュリティ機能ロックで製品本体の管理を徹底

ユーザーごとにパスワードを割り当て、コピー/スキャン/ファクス送受信/PCプリント/USBダイレクトの利用を制限できます。受信したファクスデータを印刷せずにメモリーに蓄積し、管理者やマネージャーだけが印刷できるようにすることで、見積書や財務情報のファクス受信における情報漏洩のリスクを軽減します。

また、コピーの利用を制限することで不要なコピーを防止し、経費削減につながります。さらに個人(グループ)ごとに印刷枚数制限をかけることも可能です。

プリントログ to ネットワークで印刷履歴を詳細管理

製品本体で行われた印刷の履歴をネットワーク上の指定したフォルダーに保存することができます。

「印刷の種類(PCプリント・ファクス・コピーなど)」「ファイル名」「ユーザー名」「日付」「時間」「印刷枚数」「カラー印刷枚数」と、詳細な項目まで管理が可能です。

レーザー複合機シリーズ
 

ビジネスインクジェット
複合機シリーズ

レーザープリンター
シリーズ

だから、会計事務所でも活躍!
大事な書類もセキュアプリントなら安心。

機密書類の漏洩リスクを低減させて事務所の信頼性をつなげています。
事例紹介