意識高い系スキャナー。

ワークスタイルを変える! クラウド活用術 無料ダウンロード

意識高い系が、ワークスタイルを変えていく。

ブラザーのクラウド連携 シェアスキャナー

  • 製品の無料貸出し
  • お問い合わせ

ブラザー流! ワークスタイル改善 クラウド活用のすすめ

ビジネスの現場で起こる、様々な「失敗」や「イライラ」。
ブラザー製品のクラウド連携機能を使って、ワークスタイルを改善する方法をご紹介します。

  • 足りない資料に気づくのは、いつも会社を出たあと。 クラウドアップロードで解決!
  • 一度デスクに紛れたFAXは、見つけられる気がしない。 ファクスクラウド転送で解決!
  • 契約書の内容は、うっすら覚えてる。ファイル名は、さっぱりわからない。 サーチャブルPDFで解決!
もっと見る

SHARE SCANNER CONTENTS / 1

チームで1台が、ちょうどいい。

ビジネスの効率化に、ドキュメントスキャナーで貢献したい。
ブラザーの提案は、チームで1台を共有することです。
クラウド連携機能では複数のアカウント登録を可能にし、
低コストながらビジネス用途に十分な機能をそろえました。
チーム専用スキャナーが、これからのスタイルです。

SHARE SCANNER CONTENTS / 2

クラウドで直接シェア。データを安全に管理できます。

スキャンした資料を、クラウドで直接シェア。
余計な作業を減らすだけでなく、
データを安全にアーカイブ化することができます。
お気に入り機能を活用すれば、登録したアカウントを
ワンタッチで呼び出すこともできます。

  • Googleドライブ™
  • OneDrive®
  • OneNote®
  • Box
  • EVERNOTE
  • Dropbox

SHARE SCANNER CONTENTS / 3

タッチパネルで直感的に。PCは必要ありません。

スキャンをするたびに、いちいちPCを立ち上げる。
タッチパネル液晶なら、そんな煩わしさはありません。
必要な操作は、スキャナー側でほとんど完結。
お気に入りのスキャン設定を登録しておけば、
スキャンの手順をさらに減らすこともできます。

SHARE SCANNER CONTENTS / 4

最大50枚、両面100ページを約1分で。※ 大量スキャンも快適です。

膨大になりがちなビジネス資料も、
一度の操作でまとめて高速スキャンできます。
名刺からA4サイズまで様々な原稿に標準対応し、
高い安定性とスピードであっという間に資料を
整理することができます。

※ADS-3600WでA4原稿を解像度300dpiでスキャンした場合

SHARE SCANNER CONTENTS / 5

NFC機能を搭載。かざすだけでスキャンできます。

NFC(Near Field Communication)を搭載し、
スキャナー本体に社員証などをかざすだけで、
登録した設定を呼び出し、スキャンすることができます。
ユーザーごとの使用権限もNFCで切替えできるので、
チームでの運用がさらにスムーズになります。

ビジネスを効率的にする、豊富な便利機能

  • データ活用を
    カンタンに

    スキャンto機能

  • テキスト検索
    できるPDFに変換

    サーチャブル
    PDF

  • スキャン資料を
    Office®データに変換

    スキャン
    to Office®

  • メールサーバーの
    設定不要

    簡単Eメール
    送信

  • アプリで
    スマホ連携

    Brother
    iPrint&Scan

詳細はこちら
クラウド連携スキャナーのアカウント設定はコチラから クラウド連携スキャナーのアカウント設定はコチラから

クラウド連携スキャナーアカウント設定の手順

クラウド連携の機能を使用するために、
クラウドサービスのアカウントをスキャナーに
登録する必要があります。
以下のページからアカウントを設定するための
仮登録IDの発行をお願いいたします。

仮登録ID発行ページはこちら

ACCOUNT SETTING / STEP.1

STEP.1 仮登録IDの発行

※スマートフォン/タブレットでも登録可能

  • 1. ブラザークラウド接続機能ページに
    アクセス
  • 2. 対応サービスのアカウントにログイン
    • ※1.でサービス選択後、自動でページ移動
    • ※画面はoffice365/OneDriveログインページ
  • 3. ログインにより、仮登録IDを発行
    • ※仮登録IDは24時間有効
  • ※インターネットへの接続環境が必要です。
  • ※アカウントの作成、製品本体への登録の際はパソコン/タブレット/スマートフォン操作が必要です。

ACCOUNT SETTING / STEP.2

STEP.2 ブラザー製品にアカウント登録

  • 1. クラウドアイコンを選択
  • 2. クラウドサービスを選択
  • 3. STEP.1 の仮登録IDを入力
  • 4. 登録が完了
    • ※必要に応じてPINコード設定も
      可能
  • ※画面はADS-3600W/2800Wの場合
  • 意識高い系に聞く!ワークスタイル革新の最前線 ─ビジネスの効率化は、クラウドに任せろ─

    Vol.1 クラウド連携シェアスキャナー ADS-3600W

    それだけのことをやれるのに、
    この価格?って、驚かれること多いですね。

    ───どうやって、今のクラウド連携シェアスキャナーというポジションを手に入れられたんですか?

    ずっと、みんながやりたくないことをやろうと思ってました。気づいたらここに立ってたって感じですね。今、自分が何をすべきなのかが、すごくクリアになってます。
    ただスキャンするだけじゃなくて、シェアすることで、つながる。それが自分の生き方なんだって。

    ───なるべくして、こうなったということですね。

    こうなって初めてわかったこともたくさんあります。
    そうか、本当に人と繋がるために必要なことってあるよなって。どういうことかって言うと、結局便利で安全なクラウドなんです。ボク自身も、これを実感として理解できたのは、最近のことなんですけど、便利で安全なクラウドサービスと連携することが、すごく今のビジネスにとっては武器なんです。つまり、ただ待っているうちは、「誰とも繋がれない」ってこと。

    ───オールマイティなイメージがありますが。

    そうですね、実際だいたいのことはできる自信があります。ビジネスの現場で求められていることは、肌感覚でわかってしまうので。よく言われるのが、「それだけのことをできるのにこの価格?」ってこと。コストを意識しながらも、ニーズにはしっかりと応えていく。それが、これからのスキャナーの流儀だと思っています。

    ビジネスを加速させる、スキャナーの可能性とは?

    続きを読む
  • 「速すぎ」って褒められると、やっぱりうれしいですね。笑

    ───いいチームを作るコツはありますか?

    まずはスピードですね。スピード感のあるチームは強いんです。チームでいかに早く情報を共有して、ムダを省くことができるか。そういう意味では、スキャナーの可能性ってまだまだありますよね。ボクなんかは、1台でクラウドサービスのアカウントを複数登録できますから※。チームで1台で使ってもらえるように、いつでもスタンバイしてますよ。※ADS-3600W/2800Wの場合、最大15アカウントまで登録可能

    ───スピードはやっぱり重要ですか?

    大量の原稿もスムーズに読み込む。300dpiの解像度で、50枚の両面資料を約1分でスキャンすることができる。

    ビジネス自体がどんどん加速しているので、やっぱり置いていかれないようにはしてます。むしろ、自分が先頭に立つくらいの気持ち。気を抜いたらあっという間に景色が変わっちゃうんですよね。NYはもっと速いと思いますけど。だからこそ、大量スキャン、高速スキャンは当たり前なんです。例えばA4の資料50枚なら、約1分でいきます。もちろん両面で。初めての人には「速すぎ!」って驚かれますけど、それくらいのスピードが出せないと勝ち続けられないんですよね。でも、褒められるのはやっぱりうれしいです。笑

    ───いつも新しい発想に驚かされます。

    みんなが気づかないことをやるってことは、ずっと変わらないテーマですね。例えば、スキャンしたデータをクラウド上の指定フォルダーに直接保存できること。こういう、かゆいところに手が届く繊細さが求められてるのかなと。あとは、サーチャブルPDF。これも非常に評価していただいている。スキャンしたデータに含まれるテキストを検索できるんで、生産性がぐっと上がるんですよ。クラウドアップロードでここまで出来るのかって驚かれますが、そういう常識を変えていきたいんですよね。

    続きを読む 次へ
  • PCに頼らない新しいスタイルを、
    やっと見つけることができた。

    ───直感を大切にされていると伺いました。

    これは最近よく感じるんですけど、悩んで悩んで出した答えより、直感で導き出したアイデアの方が優れていることがあるんです。シンプルだからこそ、尖ってたりする。もちろん、頭を使わないってことではないんですけどね。感覚もときには大事。そういう意味では、直感的に使えるタッチパネル液晶は武器ですね。ほとんどの操作はスキャナー側でできるから、速いしストレスもない。PCに頼らない新しいスタイルを、やっと見つけることができました。

    スキャナー本体に登録した社員証などをかざしてスキャン。ユーザーごとに設定した使用権限も、NFCで切替えることができる。

    ───多くの人の信頼を集めるのは難しいと思いますが。

    すべての人に愛されるのって、無理だと思うんです。無理だとは思うんですけど、目指してみたい。欲張りだとは自分でも思いますけどね。笑 だからユーザビリティーの追求はとことんやってますよ。例えば、NFCを使った「かざすだけでスキャン」。事前に社員証などを登録しておけば、かざすだけでお気に入りのスキャン設定を呼び出すことができるんです。言葉ではなかなか伝えられないので、ぜひ試してほしいんですけどね。ボク呼ばれたらすぐに飛んで行くんで。笑 こう見えてフットワークは軽いんですよ。

    ───最後に、これを見ている若者へアドバイスをお願いします。

    いま意識高い系って、ちょっとイジられるような空気があるじゃないですか。でも、ボクはそれでいいよって言いたい。意識高いの、いいじゃんって。若い人は少し背伸びしてるくらいでちょうどいいと思うんですよ。いつか必ず、自分の実力があとから追いついてくるから。それまでは、周りからなんて言われようが気にしないで、ガンガン意識上げてっちゃえばいいと思いますね。それだけです。

    前に戻る 先頭に戻る

製品一覧

※一部製品は上記機能に対応しておりません。詳しくは製品情報でお確かめください。

  • ADS-3600W

    最上位フラッグシップモデル

    製品情報
  • ADS-2800W

    ビジネス向けハイスペックモデル

    製品情報
  • ADS-1500W

    多彩な機能のスマートモデル

    製品情報
  • MDS-820W

    軽量コンパクトモデル

    ※クラウドダイレクトアップロードには
    対応しておりません

    製品情報
  • 製品の無料貸出し
  • お問い合わせ
  • カタログ/資料ダウンロード
back to top
  • ※Microsoft Office、OneNote、OneDrive は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※Dropbox は、米国Dropbox,Inc. の商標または登録商標です。
  • ※「EVERNOTE、エバーノート、Evernote の象のロゴ、REMEMBER EVERYTHING、すべてを記録する」はEvernote Corporation の登録商標であり、使用許諾を得て使用しています。
  • ※Google Drive は米国Google Inc. の商標です。これらの商標の使用は、Google 使用許諾の対象となります。
  • ※Box はBox.net, Inc. の商標または登録商標です。