株式会社 真

MFC-J6970CDW

介護・福祉

事業内容
デイサービス(通所介護事業者)
導入目的
連絡帳の印刷、介護提供状況レポートのFAX送信など
導入概要
2015年11月より、MFC-J6973CDW

たっぷり収納 2段トレイ

FAX送信時間 1/2

コンパクトなのに 大容量インク

株式会社真様が運営する真心デイサービスは「安心・安全・高品質なサービスでご利用者様とご家族の方々にご満足いただけるサービス」をモットーに、約50名(1日14~15名)のケアを行っています。

  • 設立/2011年4月1日
  • 代表取締役/入野淳
  • 所在地/〒 665-0861 兵庫県宝塚市中山寺2-8-1-205
  • URL/http://hp.kaipoke.biz/95p/

印刷のスピードが速く、デイサービスの送迎までのわずかな時間で連絡帳を印刷できるようになりました。

株式会社 真
代表入野淳 様

以前は家庭用のインクジェット複合機を利用していましたが、利用者様が増えると事務作業も多くなり、家庭用のスピードでは時間がかかり過ぎていました。そのため、印刷やFAXのスピードが速く、なおかつパソコン脇におけるコンパクトな複合機を探していたときにブラザーのA3ビジネスインクジェット複合機と出会いました。この複合機のおかげで事務作業の効率が格段にアップして、コストの軽減にも繋がりました。この便利さを知ると家庭用の複合機には戻れません。

だから私は、ブラザーを選びました!

BEFORE
給紙トレイが1段なので、
A5用紙とA4用紙を都度入れ替えて利用。
AFTER
たっぷり収納の2段トレイ
差し替え手間を削減!
利用者様の送り出しの時、カイポケ(介護ソフト)で記録した体温や入浴記録などの連絡帳を印刷してお渡しします。持ち運びしやすいA5用紙を使っているので、上段トレイにA5、下段トレイにA4をセットしています。一度にたっぷり用紙が入るので、手差しや用紙の入れ替えなどの手間がかからず、スムーズに印刷ができます。
BEFORE
1枚ずつ原稿を読み込んで
FAXを送っていたので時間がかかる。
AFTER
FAXの送信時間の短縮
人件費を削減!
月末にケアマネージャーにFAXする介護の提供状況レポートは、お一人あたり3~4枚、合計150~200枚になります。A3ビジネスインクジェット複合機は、ADF機能で複数の原稿を自動で読み取りスピードも速いので、作業にかかる時間が半分になりました。おかげでスタッフの残業が減り、人件費の削減に繋がりました。
BEFORE
プリンターにかける手間が多くて
イライラする。
AFTER
コンパクトなのに大容量インク
なので手間とストレスを軽減!
コンパクトでパソコン脇に設置することができるので効率的な作業動線が可能になりました。その上、大容量インクなのでインク交換の頻度が少なくなり、交換の手間を減らすことができています。短時間で作業しなければいけないことが多いので、動線の良さや手間の少なさでイライラすることが少なくなりました。

ご使用のプリンターはこちら

ご使用のプリンターはこちら

A3カラー複合機

関連する導入事例
このページのPDFをダウンロード