グロービス株式会社

MFC-L8650CDW

介護

事業内容
デイサービス(通所介護事業者)、居宅介護支援事業など
導入目的
居宅計画表の印刷、提供表の印刷・コピー、領収書・請求書の印刷など
導入概要
2015年12月、2016年3月にMFC-L8650CDW

ランニングコスト 約70%削減

コンパクトだから 設置が楽々

カラー/モノクロ 28枚分※の高速印刷

※用紙サイズはA4。標準給紙トレイからの場合。用紙サイズやデータ量により遅くなることがあります。

グロービス様が運営するデイサービスの特徴は、民家を改修した我が家にいるようなアットホームな雰囲気です。滋賀県守山市と野洲市に3施設と居宅介護支援事業や訪問介護事業などを運営しています。

  • 設立/2006年7月
  • 代表取締役社長/坪内久純
  • 本社所在地/〒 502-2423 滋賀県野洲市西河原3-2450
  • URL/http://www.day-cosmos.com/

提供表や請求書など帳票類の印刷が多いデイサービス。運営のコスト削減に大きく貢献してくれています。

グロービス株式会社
社長坪内久純 様

リースで導入した大型複合機を利用していましたが、事務所を2階に移動するのを機にブラザーのA4カラーレーザー複合機を導入しました。とてもコンパクトで空いているスペースに無理なく設置ができました。主に事務作業に利用しており、居宅介護支援事業などは帳票類が多いので月に1,000枚程の印刷を行いますが、機能面でも全く問題ありません。使い勝手が良いので2016年3月に新規開業した野洲市比留田のデイサービスでも、このA4カラーレーザー複合機を導入しました。

だから私は、ブラザーを選びました!

BEFORE
大型複合機だったので、リース代と
カウンター代が毎月約50,000円。
AFTER
ランニングコストは約2ケ月に1度
交換するトナー代だけ!
帳票関係の印刷が多いので、月1,000枚程の印刷をしていますが、ブラザーの複合機でかかるランニングコストは2ケ月に1度程度交換するトナー代だけです。元々使っていた大型複合機は、リース代や印刷のカウンター代を合わせて月5万円程度かかっていました。このコストダウンは、小規模施設の運営には大きなメリットです。
BEFORE
大きく場所を取る上に、事務所の
レイアウト変更も困難。
AFTER
事務所内の空いているスペースに
手軽に設置できる。
事務所を2階に移したとき大型複合機は移動できずブラザーの複合機を導入しました。大型複合機は周囲も空けて設置しなければいけないので非常にスペースが必要です。ブラザーの複合機は、コンパクトで無線LANなので場所を選ばず空いているスペースに無理なく設置できて、限られた事務所空間を使いやすくレイアウトできます。
BEFORE
印刷速度が遅くて大量の印刷に
時間がかかってしまう。
AFTER
ストレスを感じないスピーディな
印刷速度。
カイポケ(介護用ソフト)を使って、ケアプランや提供表、利用表、請求書、領収書などを印刷しています。サービス担当者会議では参加人数分で5枚×10名分の資料を一度にプリントすることもありますが、スピーディに印刷ができるのでストレスがありません。それに両面印刷も簡単に設定できるので助かっています。

ご使用のプリンターはこちら

ご使用のプリンターはこちら

A4カラーレーザー複合機

レーザー複合機
関連する導入事例
このページのPDFをダウンロード