プリント日和|暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

くらし 【お子さん&パパで作ってママにプレゼント】手作りカーネーションとメッセージカード

【お子さん&パパで作ってママにプレゼント】手作りカーネーションとメッセージカード

2016年の母の日は5月8日。「ママいつもありがとう」という気持ちを手作りカーネーションで伝えてみませんか。今回は、不器用な人でも比較的簡単に作れる、立体カーネーションの作り方をご紹介します。是非お子さんと一緒に作ってみてくださいね。

材料

材料

<用意するもの>
1. 好きな色の折り紙・・・1枚
2. のり・・・スティック状の方が綺麗に仕上がります
3. はさみ

折り紙を4等分に切る
まずは、花にしたい折り紙を正方形に4等分します。なぜかと言うと、4等分した折り紙を、それぞれ折って最後にすべてのりで付けて一輪のカーネーションになるからです。感謝の気持ちを伝えるためにも、このひと手間がとても大事。がんばりましょう!

下準備

(1)縦と横を折ります。
縦と横を折ります。

縦と横に折り目が付きました。

(2)斜めに折り目を付けます。
斜めに折り目を付けます。

斜めの折り目がこのように入ります。

折っていきます

(3)折り目に沿って三角に2回折ります。
折り目に沿って三角に2回折ります。

下準備でつけた折り目に沿って折りましょう。

(4)袋になっているところを開きます。
袋になっているところを開きます。1

裏返して反対側も同じように。

袋になっているところを開きます。2

正方形になります。

(5)口が開いている方を上にし、2か所折ります。
口が開いている方を上にし、2か所折ります。1

多少折り目がずれてしまっても大丈夫。それが個性になります。心を込めて丁寧に…。

口が開いている方を上にし、2か所折ります。2

裏返して反対側も同じように、口が開いている方を上にして折ります。もう少しで1パーツが完成しますよ!

(6)縦に折り目が入るように真ん中で半分に折り、口の部分をギザギザにカットしていきます。最初にえんぴつなどで下書きしておくと切りやすいです。
縦に折り目が入るように真ん中で半分に折り、口の部分をギザギザにカットしていきます。最初にえんぴつなどで下書きしておくと切りやすいです。

可愛くギザギザにカット

(7)(6)で折る前の状態に一度広げて、横に折り目が付くように半分に折ります。
(6)で折る前の状態に一度広げて、横に折り目が付くように半分に折ります。1

お疲れ様でした。これで1パーツ完成です!(1)~(7)の工程を繰り返して4パーツ作ります。お子さんと協力して、もうひと踏ん張り頑張りましょう。4つできたら、すべてのりで接着していきます。

(6)で折る前の状態に一度広げて、横に折り目が付くように半分に折ります。2

のり付け

のり付けは複雑なので、わかりやすいように4パーツの色をそれぞれ黄色、紫、水色、黄緑に変えています。みなさんは同じ色のパーツで大丈夫です。

(1)まず黄色と紫の上半分にのりを付けて接着します。
まず黄色と紫の上半分にのりを付けて接着します。

下半分は接着しないように注意。

(2)紫のパーツを半分開き、緑のパーツを付けます。
紫のパーツを半分開き、緑のパーツを付けます。1

こちらも上半分のみ貼り付けます。

紫のパーツを半分開き、緑のパーツを付けます。2

緑を真ん中でおり、反対側は黄色に付けます。

(3)(2)で緑を付けた反対側に、同じように水色を付けます。
(2)で緑を付けた反対側に、同じように水色を付けます。

上から見るとこのようになります。

(4)花びらの部分を開いていきます。
花びらの部分を開いていきます。

花らしくなりましたね。最後に花の中心部分を軽く折れば完成です。

メッセージカードを添えて「ママいつもありがとう」

愛情込めて作ったカーネーションが完成したら、メッセージを添えて大好きなママに渡しましょう。母の日と言っても、何をプレゼントすれば良いかわからないという方は、折り紙でカーネーション作ってみてくださいね。

もちろん、紙でできているので一生枯れないですし、思い出と共に残すことができます。お子さんと一生懸命作ったカーネーションは、きっと喜んでもらえるはずです。

手作りで愛情を込めたカーネーションにはメッセージを添えて、より一層気持ちの伝わるプレゼントにしましょう。

メッセージカードのダウンロードはこちら

このページをシェアする