プリント日和|暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

教育 【お子様への読み聞かせに】パパ、ママも一緒に楽しめる、名作絵本10選

【お子様への読み聞かせに】パパ、ママも一緒に楽しめる、名作絵本10選

こんなにたくさん!?「絵本の読み聞かせ」がもつ5つの効果

絵本の読み聞かせがお子様の成長にすごく良い効果があるということを一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

絵本を読み聞かせることで得られる効果は大きく分けて5つあります。中には子どもだけでなく親にも影響を与えるものもあり、「たかが絵本」とあなどってはいられません。

1:親子のコミュニケーションの手段
親子のコミュニケーションの手段

家事に追われるお母さんや、なかなかお子様と触れ合う機会のない多忙なお父さんは、お子様とゆっくりコミュニケーションをとることを考えるだけでも大変ではないでしょうか。

ただ、夜寝る前ちょっとした時間やお休みの日に一冊でもお子様とともに絵本を読めば、充実した時間を過ごすことができます。

2:語彙(ごい)力・国語力がUPする
語彙(ごい)力・国語力がUPする

絵本の読み聞かせをしていて、お子様が知らない言葉に出会うと「パパ!それってどういういみ?」とたずねてきます。

それを繰り返し答えてあげることで、お子様は知らず知らずのうちに色々な言葉や表現を学んでいくのです。

3:想像力を育む
想像力を育む

絵本の物語は、動物など人間以外の登場人物が出てきたり、架空の世界が出てくることも多いです。そういった「空想のおはなし」 に触れることで、お子様の想像力は育まれていくのです。

4:相手の気持ちを理解する力がつく
相手の気持ちを理解する力がつく

絵本で題材になる物語には、困っている人を助けたり、相手のために頑張る主人公が多くいます。

そうしたストーリーから、相手が困っていたら助ける・人の役に立つのはいいことだ、などという情操教育ができるのも絵本の魅力です。

5:自分と子どもの共通の思い出を作る
自分と子どもの共通の思い出を作る

お子様が大きくなり、独り立ちすると思っている以上に懐かしさや寂しさがこみ上げてくるもの。

「小さい時あの絵本を読んであげたな・読んでもらったな」というお子様と共有できる思い出は、家族の宝物になります。

【お子さんの年齢別でご紹介】これだけは読みたい・聞かせたい! 絵本セレクション10冊

絵本はその内容の難しさなどから、対象年齢が設定されています。そこで今回は対象年齢別に、これだけは読み聞かせておきたい絵本を名作を中心に10作品ご紹介します。

【0~1歳】
【0~1歳】1
出典元:
・絵本ナビ 「がたんごとん がたんごとん」※外部サイトへリンクします
作:安西水丸
出版社:福音館書店
価格:700円(税抜)
【0~1歳】2
出典元:
・絵本ナビ 「ぴょーん」※外部サイトへリンクします
作・絵:まつおかたつひで
出版社:ポプラ社
価格:780円(税抜)
【1~3歳】
【1~3歳】1
出典元:
・絵本ナビ 「しろくまちゃんのほっとけーき」※外部サイトへリンクします
作:わかやまけん
出版社:こぐま社
価格:800円(税別)
【1~3歳】2
出典元:
・絵本ナビ 「ぐりとぐら」※外部サイトへリンクします
作:わかやまけん
作:中川李枝子
絵:大村百合子
出版社:福音館書店
価格:800円(税抜)
【3~5歳】
【3~5歳】1
出典元:
・絵本ナビ「いいこってどんなこ?」※外部サイトへリンクします
作:ジーン・モデシット
絵:ロビン・スポワート
訳:もきかずこ
出版社:冨山房
価格:1,200円(税抜)
【3~5歳】2
出典元:
・絵本ナビ 「どろんこハリー」※外部サイトへリンクします
作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:わたなべしげお
出版社:福音館書店
価格:1,200円(税抜)
【3~5歳】3
出典元:
・絵本ナビ「バムとケロのもりのこや」※外部サイトへリンクします
作:島田ゆか
出版社:文溪堂
価格:1,500円(税抜)
【3~5歳】4
【5歳~】
【5歳~】1
出典元:
・絵本ナビ「はらぺこあおむし」※外部サイトへリンクします
作:ジーン・モデシット
作・絵:エリック・カール
訳:もりひさし
出版社:偕成社
価格:1,200円(税抜)
【5歳~】2

まとめ

ご紹介した絵本はいかがだったでしょうか?名作も多く選んでおり、知っている・読んだことがあるという方もいたのではないでしょうか。

紹介した作品のなかに数点ある無料の絵本は、ブラザーのホームページからダウンロードできます。

無料絵本のダウンロードはこちら

このページをシェアする