シダックス・コミュニティー株式会社様

多店舗展開を省スペースとコスト面で強力支援

300店超の多店舗展開を支えるためには、省スペースでコスト面でも優れるMFCが最適でした。

  • *: 以下、掲載されている年商・従業員などの情報は導入事例コンテンツ掲載当時のものです。

導入事例の概要

導入の背景

それまでの家庭用感熱紙ファクスに、店舗の現場から不満が続出。

シダックス・コミュニティー様は、全国300店超のカラオケチェーンを運営するアミューズメント企業。3年前までは、家庭用の感熱紙ファクスが全店舗に設置されていました。当時、本部・店舗間のコミュニケーションはファクスが中心で、一日数十枚の送受信が行われていました。

しかし店舗の現場から、「大量のファクスを送受信するのにメモリが不足している」、「紙詰まりが多い」、「普通紙が使えなくて不便だ」、「コピーもしたい」等々、不具合を指摘する声が続出。そこで各種機器を比較検討した結果、2002年から3年をかけ、全店舗へブラザーのレーザー複合機・MFCシリーズを導入することを決定しました。

選択の理由

これだけの機能・スペックを、驚くべき低コストで実現。

レーザー複合機は、一般には高額であると思われています。しかしMFCは驚くべき低価格。シダックス・コミュニティー様によると、同じ機能・スペックの他社製品と比較して、MFCには約30~50%のコストメリットがありました。家庭用の感熱紙ファクスと比較してもさほど高額ではなく、しかもレーザープリンターとコピー機能が付いていることで新たなOA機器が必要ない。

高機能・低価格・省スペースのMFCは、積極的な多店舗展開を進めるシダックス・コミュニティー様にとって、まさに最適な製品だったのです。事実、新規出店の際にはMFCが新規備品として設置され、フル稼働しています。

導入の成果

地区責任者や店舗スタッフの業務効率が格段に向上。

MFCの導入により、まず本部・店舗間の極めて快適なファクス送受信が実現。メモリ不足や紙詰まりが解消され、普通紙への高速出力が可能になりました。さらに複数の店舗を統括する地区責任者は、MFCをレーザープリンターとして活用。臨店の際、ノートパソコンをMFCに接続し、必要な経営資料を出力して、機動的な店舗指導を行っています。また店舗スタッフは、各種の店舗運営資料のコピー機として使用しています。

コンパクトサイズのMFCは、省スペースが求められる店舗のバックヤードでもその高機能をいかんなく発揮し、シダックス・コミュニティー様の300店舗の運営を強力に支援しているのです。

お客様・パートナーの声

シダックス・コミュニティー株式会社 営業企画部開店推進担当 新勇一郎様

「ウチの店もブラザーに替えてくれ」という声が殺到したんです。

ブラザーのMFCへの機種変更は、3年かけて順次行いました。先に導入したお店での評判が広がり「ウチはまだですか?」という問い合わせが殺到したんです。嬉しい悲鳴でしたね。
何故ブラザーだったのか。それはやはり価格・機能・保守サービスの総合評価で、他を圧倒していました。今後は製品の耐久年数やモデルチェンジの情報を元に、さらに的確なアドバイスを期待しています。

渋谷シダックスビレッジクラブ店 早番主任 玄内陽子さん

以前使っていた家庭用のファクスに比べると、用紙ぎれがなく、補充も簡単で、とても使いやすいです

この機械は、2004年7月にこのお店がオープンした時から使っています。以前いた新宿店では家庭用のファクスだったのですが、用紙が途中でなくなってしまったり、時間が経つと印字が汚くなったりしました。それに比べると、普通紙が使えるし、用紙の補充が簡単で、とても使いやすいですね。
まれにトラブルになった時も、フリーダイヤルに電話すれば丁寧に教えてもらえますし、修理サービスは1年間のメーカー保証ですから、とっても安心です。このお店は規模が大きく、たくさんのお客様がいらっしゃいますが、ブラザーの機械があれば出力が必要な事務は完璧にこなせますね。

「このお店は130室。渋谷最大のカラオケ店です」(玄内さん)

シダックス・コミュニティー株式会社様 会社概要

名称 シダックス・コミュニティー株式会社
設立 1993年8月
代表者 代表取締役社長 志太勤一
本社所在地 東京都渋谷区神南1-12-13 渋谷シダックスビレッジ
総店舗数 305店(2005年3月31日現在)
総ルーム数 14,437室(2005年3月31日現在)
電話 03-5784-8881(代表)
URL

カラオケをベースにしたアミューズメント事業を展開。お客様満足を徹底的に追求し、急成長しています。

1993年の設立以降、カラオケをベースにしたアミューズメント事業を展開。最適最新のカラオケシステムなどお客さまの満足を徹底して追求し、2005年3月時点で305店舗に急成長。現在も400店舗を目標に出店戦略を加速させています。

シダックス・コミュニティー株式会社様

設置場所・活用方法

ブラザーのレーザー複合機、店舗の現場でフル稼働中です!

MFCの設置場所

店舗のバックヤードは、省スペースが絶対条件。小型サイズのMFCが、快適なバックヤードを実現しています。

店舗のバックヤード(支配人室)の標準的な広さは、2.4m×3.6m。渋谷シダックスビレッジクラブ店では、このスペースに左図のような什器・機器が設置されています。本部の基幹システムとネットワークされた2台のパソコンには、専用のプリンターが接続されており、本部から店舗へ送られた売上集計表などの各種経営データを出力。それ以外は、耐火金庫の上にコンパクトに設置されたMFCが、すべての出力機能を担っています。
こうして見ると、1台でファクス・プリンター・コピーの機能を実現するMFCが、バックヤードの省スペース化と快適化にいかに貢献しているかがお分かりいただけることでしょう。

MFCの主な用途

超小型・低コストのレーザー複合機・MFCは、店舗のユーザーにこれだけの機能を提供しています。

用途(1)/本部・店舗間のファクス送受信
MFCの主な用途はファクス送受信。店舗から本部への売上集計表・出退勤管理表の送信、本部・店舗間の各種連絡事項など、毎日数十枚の通信が行われています。

用途(2)/地区責任者によるプリンター出力
7~8店舗を統括する地区責任者は、様々な運営情報が入ったノートパソコンを常備。臨店時にはそれをMFCに接続して、資料を簡単に出力します。店舗が地区責任者のオフィスとしても機能しています。

用途(3)/店舗スタッフによる資料コピー
カラオケルームの予約状況、勤務シフト表など、店舗運営に必要な資料を随時コピーしています。

耐火金庫の上に設置されたMFC

類似事例

株式会社サイゼリヤ様
  • 作業効率改善
  • 飲食・小売
  • 年商728億円
株式会社パシフィックツアーシステムズ様
  • コスト削減
  • サービス・その他
  • 年商582億円

ご相談・お問い合わせ

製品に関するご相談・お問い合わせは下記より受け付けております。
資料のご請求、大量発注のお見積りなどもお気軽にご相談ください。

  • * 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
  • * 本ダイヤルでの通話は、対応状況の確認と対応品質の向上のため録音させていただいています。

レーザー複合機

一部のIP電話などの電話回線で上記番号がご利用いただけない場合は
TEL:052-300-5317(有料)をご利用ください。

受付時間:
月曜~土曜 9:00~18:00
休業日:日曜日・祝日・弊社指定休日

インクジェット複合機

一部のIP電話などの電話回線で上記番号がご利用いただけない場合は
TEL:03-6738-6043をご利用ください。

受付時間:
月曜~土曜 9:00~18:00
休業日:日曜日・祝日・弊社指定休日

高速インクジェットプリンター

一部のIP電話などの電話回線でフリーダイヤルがご利用いただけない場合は
TEL:03-6738-6039(有料)をご利用ください。

受付時間:
月曜~土曜 9:00~18:00
休業日:日曜日・祝日・弊社指定休日

ご購入を検討中のお客様へ

その他のソリューション・導入事例

このページをシェアする