株式会社コスモテレコム様

ドコモショップを強力に支援!

小型・低価格・高機能のMFCを標準装備し、店舗業務の効率化と経費削減を実現しています。

  • *: 以下、掲載されている年商・従業員などの情報は導入事例コンテンツ掲載当時のものです。

導入事例の概要

導入の背景

店舗内スペースの有効活用と経費削減が課題。ファクス・コピー2つの機能をMFCで集約。

東海地区を中心に、現在8店舗のドコモショップを展開する株式会社コスモテレコム様。1999年の設立当初、各店舗ではリース契約の大型ファクス専用機と、感熱紙タイプの簡易コピー機を使用していました。

しかし店舗内のスペースをより有効に活用し、リース料などの経費削減を図るために、2003年5月、MFC-9800Jを6店舗に導入。ドコモショップ内のファクス・コピー・プリンター等の機能をコンパクトなMFC1台に集約する試みに着手されたのです。その後大型店である春日井店には、2004年から大型複合機も追加導入されましたが、使用頻度が少なく運用コストも高額。今ではMFCが、同社のドコモショップの標準装備となっています。

選択の理由

必要不可欠な機能を安価・小型サイズで実現。優れた操作性も決め手に。

MFC導入の際、同社では様々な製品を検討しました。その結果、ほぼ同等の機能を持つA4複合機との比較では、MFCの価格は約3分の1。トナーなどのランニングコストの面でも大きな開きがあり、コスト面でMFCは圧倒的な優位性をもっていました。

また、春日井店に導入された大型複合機は、当初チラシの大量コピーやA3対応を目的として導入されましたが、実際の使用頻度は非常に低く、毎月16,000円のリース料(5年リース)や、1枚5円のカウンター料金の経費削減が課題となっていました。MFC-9800Jは、こうした課題も一緒に解決。安価で小型サイズ、しかも誰でもすぐに使える優れた操作性と高機能を併せ持つMFCが高く評価されました。

導入の成果

全店舗の業務支援の他、今後はScan to PDFでペーパーレス化も。

現在、同社のドコモショップのファクス・コピー機能は、すべてMFCに集約されています。東海地区有数の大型ショップである春日井店の場合、平日で約200人、休日にはその倍近いお客様が来店されますが、その膨大な業務をコンパクトサイズのMFCが支えているのです。

同社では今後、販売管理・在庫管理・勤怠管理を行う店内の共用パソコンにMFCを接続し、プリンターとしても活用する予定です。さらに、各種製品カタログをカラースキャンして編集し、多彩なPOPを作成したり、また見積書などをスキャンして保管するなど、Scan to PDFの機能を活用したペーパーレス化も推進する計画です。MFCの高機能性が、同社の業務をさらに効率化していきます。

お客様・パートナーの声

株式会社コスモテレコム DS統括部第一・第二事業部長 牧昌彦様

低価格で高機能のMFCは、今では当社の必需品です。

以前から、ブラザーのMFCは知っていました。業務効率化や経費節減のために、大型ファクス専用機や大型複合機をMFCにリプレイスしたのですが、結果は大成功でした。今では全店舗に標準装備されています。導入からすでに3年以上経っていますが、印刷の品質劣化やエラーなどがほとんどなく、非常に助かっています。MFCは、ショップのスタッフ全員の必需品ですね。

ドコモショップ春日井店 店長 三輪正樹様

低価格で高機能なのに、トラブルが少なくてビックリ。これからもスタッフ全員で、有効活用します。

MFCが当店に設置されてから3年になりますが、故障が非常に少ないことに驚いています。故障は用紙送り不具合の1回だけ。その時も(ブラザー)コールセンターさんに迅速かつ丁寧に対応していただき、とても助かりました。以前の大型ファクスは紙詰まりでたいへんでしたので…。
また、春日井店にはスタッフが18名ほどいるのですが、誰でもすぐに簡単に使えるのが良いですね。操作盤なども直感的で、わかりやすいと思います。これからは、カラースキャニング機能を活用して、もっと楽しいPOPも作ってみたいと思っています。

ドコモショップ春日井店の皆さんです。

株式会社コスモテレコム様 会社概要

名称 株式会社コスモテレコム(ドコモショップ)
設立 1999年3月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 金井和治
本社所在地 名古屋市中村区岩塚本通2-1-2 MSビル1階
従業員数 188名(2006年1月現在)
事業内容 電気通信機器(携帯電話等)の小売販売業および修理業、インターネットカフェ事業、教育関連事業
電話 052-419-6511(代表)
URL

先見の明で時代を先取り。モバイル事業を基盤に新規事業にも積極的に取り組んでいます。

株式会社コスモテレコム様は、早くからモバイルツールの普及を予見し、東海地区5号店となるドコモショップを天白区に開設しました。同時に、ビジネスツールとしてのモバイルにも着目して法人営業部を設立、常に時代の先を見据えた事業展開を図っています。
店舗づくりにおいても、開かれたコミュニティスペースとしての役割を自負し、例えば日本最大級の売場面積を誇るドコモショップ刈谷店では、バリアフリーのフロア、シルバー層に向けた携帯電話教室など、地域に根ざしたショップを展開しています。さらに現在では、インターネットカフェ「Necca」の経営や、個別指導学習塾「スクールIE」の運営など、第二創業期として積極的に新規事業を立ち上げています。

ドコモショップ春日井店

ドコモショップ春日井店

活用方法

大型店でも、MFC1台に出力環境を集約。低価格・小型のMFCが、大きな威力を発揮しています。

ドコモショップにおけるMFCの役割

ドコモショップに標準装備されたMFC。その高い操作性は、大勢のスタッフの力強い味方です。

株式会社コスモテレコム様が展開する8店のドコモショップには、MFCが標準装備。ファクス、コピー、プリンター、カラースキャナーの機能がフル活用され、すべての情報の出力をほぼ一手に担っています。
以前の大型ファクス専用機と感熱紙タイプのコピー機を併用していた頃と比べ、圧倒的な省スペース化を実現。また他社の大型複合機を使用していた頃と比べ、大幅なコスト削減を実現しています。
MFCは省スペース、低コストであるにも関わらず、大型ドコモショップの業務効率化に大きく貢献。また誰でも簡単に使える高い操作性は、お客様対応に忙しい多くのカウンタースタッフの力強い味方となっています。

バックヤードに設置されたMFC。小型
サイズですが、機能は多彩。

MFCの主な用途

低コストのMFCが、これだけの用途をサポート。大型店の業務効率の向上に貢献しています。

用途(1)/1日平均30枚のファクス送受信
NTTドコモ社やコスモテレコム本社からの受信、納品書や在庫情報を送信、他店舗との情報送受信などに使われます。

用途(2)/各種経営管理情報のプリンター出力
販売管理・在庫管理・勤怠管理を行う共有パソコンから、各種経営情報を出力します。ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を受けた同社では、管理基準に抵触する出力物は、廃棄証明記録を残して処分されています。

用途(3)/手作りPOP作成のためのカラースキャン
各種の製品カタログをスキャンし、多彩なPOPを作成しています。(出力は現在、インクジェットプリンターを活用)

多彩な手作りPOP作成にも、MFCが
貢献しています。

類似事例

株式会社アイケイコーポレーション様
  • 作業効率改善
  • 飲食・小売
  • 年商203億円
みずほインベスターズ証券株式会社様
  • 作業効率改善
  • 金融・保険
  • 従業員数2,314名

ご相談・お問い合わせ

製品に関するご相談・お問い合わせは下記より受け付けております。
資料のご請求、大量発注のお見積りなどもお気軽にご相談ください。

  • * 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
  • * 本ダイヤルでの通話は、対応状況の確認と対応品質の向上のため録音させていただいています。

レーザー複合機

一部のIP電話などの電話回線で上記番号がご利用いただけない場合は
TEL:052-300-5317(有料)をご利用ください。

受付時間:
月曜~土曜 9:00~18:00
休業日:日曜日・祝日・弊社指定休日

インクジェット複合機

一部のIP電話などの電話回線で上記番号がご利用いただけない場合は
TEL:03-6738-6043をご利用ください。

受付時間:
月曜~土曜 9:00~18:00
休業日:日曜日・祝日・弊社指定休日

高速インクジェットプリンター

一部のIP電話などの電話回線でフリーダイヤルがご利用いただけない場合は
TEL:03-6738-6039(有料)をご利用ください。

受付時間:
月曜~土曜 9:00~18:00
休業日:日曜日・祝日・弊社指定休日

ご購入を検討中のお客様へ

その他のソリューション・導入事例

このページをシェアする