ウイングアーク1st株式会社様

ウイングアーク社のSVF/RDEとの相互動作確認済みプリンターとして、安心してお使いいただけます。

ユーザー様の課題 お客様ごとの帳票専用の用紙が必要でコストがかかる。帳票専用用紙は用紙代が高い。帳票印刷には専用のプリンターが必要だが、他業務にも使えるレーザー複合機に移行したい。
そこで!ブラザービジネスソリューション ウイングアーク1st株式会社のSVF/RDEとの相互動作確認済みプリンターとして、安心してお使いいただけます。
ウイングアークの帳票ソフトと連携

SVFとは

SVFとは、ユーザー数約17,000社、シェア50%以上という大きな実績を持ったウイングアーク社の帳票作成ツールで、メインフレーム環境からオープンシステム環境まで幅広いシステム環境に対応した帳票システムです。

また、RDE(Report Director Enterprise)により、スプール管理により様々な出力環境に対応できます。

SVF/RDEのJavaPrint出力は、PS(PostScript)に対応しているため、ブラザーの日本語BR-Script3互換に対応する製品であれば出力可能です。

SVF対応プリンター/複合機ラインアップ

長期無償保証(5年)モデル

<複合機>

<プリンター>

コンパクト高耐久モデル

<複合機>

<プリンター>

高速インクジェットモデル

<プリンター>

連携システム提供先

ウイングアーク1st株式会社

  • * ご紹介している各パッケージソフトの詳細は、取扱元(メーカー・代理店など)へ直接お問い合わせください。
  • * ご紹介しているパッケージソフトは弊社がお客様に対し、動作を保証するものではありません。
  • * ご使用にあたっては、動作機種・価格などの最新情報をご確認ください。
  • * 各パッケージ商品の情報は、メーカー各社のご協力により、ご提示いただいた情報を元に提供しております。

その他のソリューション・導入事例

ご購入を検討中のお客様へ

このページをシェアする