ブラザー純正トナーのご案内 純正品と非純正品の違いをご存知ですか?

ブラザー純正トナーは製品本体の性能を十分に発揮するために研究を重ね、開発されています。
非純正トナーをお使いになりますと製品本体の性能を十分に発揮できないだけでなく製品本体を損傷させる可能性がありますのでご注意ください。*

PDF印刷用PDF [PDF/400KB]

非純正品を使用すると…純正トナーのご案内 トップに戻る
製品を損傷させる可能性があります 印字枚数が減る可能性があります トナーが漏れてプリンタ周辺が汚れる可能性があります 印字品質が悪くなる可能性があります
製品を損傷させる可能性があります

トナーは、トナー容器の中で、羽根状の部品により攪拌(かくはん)されており、
純正トナーには流動性が良く攪拌されやすい重合トナーが採用されています。*1
非純正の粉砕トナーによっては流動性が悪いトナーの場合があり、攪拌部品を駆動するギアに大きな負荷を与え、
製品を停止させたり、ギアを破損させる可能性があります。(ギアが故障した場合は修理が必要になります)
*1:TN-10J/27J/200を除く

上記は、無作為に選択した非純正品をブラザー工業(株)試験基準に従い、充填されているトナーを使い切るまで連続印字動作を継続した試験結果であり、試験環境などにより異なる場合があります。
また、結果は一部の粗悪な非純正品で発生した事例であり、非純正品全てが同じ結果になるとは限りません。


純正トナーと成分が違うことにより、非純正トナーは定着器のヒートローラに徐々に固着していく場合があります。
固着したトナーの量が増加してくると、印字汚れを引き起こし清掃等では取り除くことができないため、定着器全体を交換しなければならなくなります。

上記は、市場から返品された非純正品で発生した事例であり、非純正品全てが同じ結果になるとは限りません。

* ブラザー純正品以外の消耗品(トナーカートリッジ・インクカートリッジ等。詰替え商品含む。)を使用したことによる故障は、保証期間内や保守契約期間中でも有償修理となりますのでご注意ください。
(純正品以外の全ての消耗品が必ず不具合を起こすと断定しているわけではありません。)

ブラザー純正品のご紹介

純正トナーのご案内トップへ

純正品と非純正品の違いをご存じですか?

消耗品一覧

機種別の消耗品をご案内

オンラインショップ

ブラザーダイレクトクラブ

リサイクル

回収リサイクルのご案内

ブラザー純正消耗品のご案内 トップへ戻る