日本ユニパック株式会社

PDFアイコンダウンロード [PDF/1.7MB]
  • 日本ユニパック株式会社 日本ユニパック株式会社
  • サービスサービス

    株式会社ユニパックロジスティックス
    業務推進部 課長 宮腰圭佑様

    日本ユニパック様は2015年10月、倉庫業務のトータルコスト削減のために物流システムを全面的に刷新いたしました。
    特に大きな課題となっていたのが、商品のピッキングと梱包作業の迅速化と正確化。それまではお客様名と住所が印字された荷札を据置型のラベルプリンターで出力していましたが、高額かつ大型だったために設置台数は4台のみ。
    荷札貼付待ちの荷物が溢れて作業フローのボトルネックとなっていました。また貼付担当の作業負荷が大きく、人的作業が多いため、貼付間違いのミスも多発していました。

    設 立
    1976年7月
    資本金
    5,000万円
    代表者
    代表取締役社長 古野勝之
    本社
    札幌市東区北34条東26-2-24
    事業所
    本社ほか道内6営業所
    営業品目
    食品梱包資材、包装機械・機器、ディスプレー機材、バックヤードシステム、販売促進企画、店舗開発、衛星管理提案、等

    ※掲載内容は掲載時のもので、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

導入目的: ハンデイターミナルとRJ-3150を無線LANで接続、ピッキングと梱包作業の大幅な効率化を実現!
導入製品: RJ-3150

  • 1人1台を可能にした低価格
  • 無線LANで即座に荷札を出力
  • 頑丈さと操作性の良さも好評

株式会社ユニパックロジスティックス業務推進部 課長 宮腰圭佑様

新しい物流システム成功の鍵であった荷札出力用ラベルプリンターにRJ-3150を採用したことで、ピッキングと荷札貼付を1人に集約でき、作業の迅速化と正確化が実現しました。スタッフの業務負も軽減され、―人当の生産性向上に大き貢く献しています。またカートヘの設置というハードな使い方ですが、これまで故障は1件もなく、その頑丈さに驚いています。新システムの導入により、出荷関わるあらゆる業務が数値化されたことで、ピンポイントでの指導や的確な評価もできるようになりました。スタッフ全体のモチベーションアップにも繋がっています。

株式会社ユニパックロジスティックス業務推進部 課長 宮腰圭佑様
株式会社ユニパックロジスティックス業務推進部 課長 宮腰圭佑様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    荷札の貼付作業がポトルネック

    導入の成果

    作業の時間とコスト削減

    RJ-3150は同社特製のピッキングカート用ボードに設置され、約3,400アイテムが格納された倉庫内を走り回っています。1人1台のRJ-3150により、ピッキングと荷札貼付作業が1人に集約され、出荷作業は大幅に効率化されました。

  • 導入の背景

    荷札の貼付間違いのミスも多発

    導入の成果

    荷札の貼付ミスもゼロに

    従来のポトルネックが解消し、作業時間とコストを劇的に削減。荷札の貼付ミスもゼロになりました。

  • 導入の背景

    ラベルプリンターの刷新が急務

    導入の成果

    更なる生産性向上を目指す

    同社は物流システムの刷新と作業フローの改善、そしてRJ-3150の導入の成果を踏まえ、物流に関わるあらゆる業務の数値化と継続的な改善を行うなど、物流改革をさらに進める計画です。

  • ユーザーサイド株式会社 第一システム部業務システム課 課長代理 横山博文様 ユーザーサイド株式会社 第一システム部業務システム課 課長代理 横山博文様
  • ユーザーサイド株式会社
    第一システム部業務システム課 課長代理 横山博文様

    当社は北海道を中心に総合ITサーピス事業を展開しております。今回、日本ユニパック様の物流システム構築を担当させていただきましたが、お客様にご満足いただけるシステムができたと自負しております。荷札出力用ラベルプリンター選定の要件は、(1) 離れた棚にある商品でもピッキングできる無線LANを搭載、(2) カ―卜の揺れや落下にも耐えられる頑丈さ、(3) 1人1台で持ち運びを可能にするコンパクトさと低価格、等でした。RJ-3150はこうした要件をすべてクリアし、現場からも高く評価れています。新物流システム運用の要として、作業現場をしっかりと支えています。

モバイルで無線LAN搭載のRJ-3150を
1人1台導入し、即座に荷札ラベルを出力。

同社では物流システムの刷新に合わせて、出荷作業フローも変更。それまで2名で行っていたピッキングと荷札貼付作業を1人に集約し、大幅な迅速化と正確化を目指しました。

荷札出力用のラベルプリンターも、据置型から1人1台のモバイルプリンター・RJ-3150に変更することで、ハンディターミナルから読み取った商品バーコードを無線LANで送信し、即座に荷札を出力できるようになりました。

コンパクトで頑丈なRJ-3150はこれまで故障がなく、また新しいスタッフでも簡単に使える優れた操性も好評です。

出荷作業フロー

●札幌ピッキングセンターには約3,400アイテムの商品が格納されています。商品は段ボール箱から取り出した状態で、ピッキング作業の動線が最短になるように最適に配置されています。
●ハンディターミナルで商品バーコードを読み取ると、カートに設置されたRJ-3150に無線LANでデータが送られ、自動的に荷札が出力されます。カートから離れた場所にある商品でも無線LANなら大丈夫。迅速なピッキングが可能です。
●RJ-3150は対落下衝撃性能が1.8m*。防塵防滴性能もIP54に準拠しており、カートの揺れ等ハードな現場環境でも使用可能です。
●RJ-3150から出力される荷札は、お客様名と住所が印字されたラペルと、梱包の中身を示すラベルに分かれています。荷物が複数個になった場合でも、梱包の中身が一目で分かります。
●作業フローが1人で完結するため、出荷作業が迅速になり、かつ荷札貼付ミスもなくなりました。

* 6つの面、1つの角を1台1カ所にて、1.8mから落下テストを行い、動作機能及び印刷品質に異常のないこと。ただし、外観上のキズ等が発生する場合があります。

システム構成図
システム構成図
システム構成図
システム構成図
出力見本
出力見本
出力見本
出力見本

ご使用の製品はこちら

感用紙幅3インチのラベル・レシート兼用
感熱モバイルプリンター。3.3インチカラー液晶搭載。
無線LAN、Bluetooth®対応モデル。
※MFi対応はRJ-3150Aiのみ

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする