共同物流株式会社

PDFアイコンダウンロード [PDF/366KB]
  • 共同物流株式会社 共同物流株式会社
  • 運輸運輸

    より安価に短時間で構築できる発送物管理システムを模索

    共同物流様では2013年2月、新規受託案件に対応するために、スキャナー(バーコードリーダー)とプリンターをBluetoothで接続してバーコード複製を行う、新しい発送物管理システムを導入しました。
    同社ではもともと無線LANとハンディターミナル等で発送物管理を行っていましたが、複雑な設定やプログラミングなどに時間とコストがかかるため、安価かつ短時間で構築可能なシステムを模索していました。
    この要件を満たしたのが、アイメックス社のモバイルスキャナーと、ブラザーのポータブル型感熱ラベルプリンター「RJ-4030」でした。

    名 称
    共同物流株式会社
    創 業
    昭和39年12月19日
    資本金
    7,000万円
    株 主
    共同印刷株式会社(100%)
    従業員
    270名
    所在地
    東京都文京区小石川4-14-12
    営業品目
    梱包・保管、配送、貨物運送、包装材、構内荷役請負、企画制作
    URL
    http://www.kyodologistics.co.jp/ (「共同物流株式会社」のサイトへリンクします)

導入目的: モバイルスキャナーとRJ-4030をBluetoothで接続、バーコード複製による発送物管理を安価・容易に実現!
導入製品: RJ-4030

  • アプリケーションが不要
  • 簡単設定、かつ
    持ち運びが可能
  • 各種の物流
    ラベルに対応

管理本部 総務部 物流システム課 参事 齊籐重人様

新規受託案件に対応するためには、発送物のシリアル番号と発送先を紐付ける新しいバーコード複製システム、それも安価で短時間で準備できる仕組みが必要でした。ネットなどで探したのですが、ブラザーのRJ-4030を見つけた時には「これだ!」と思いました。スキャナーとの接続もクリアでき、今では極めて順調に稼働しています。発送物の全体管理は無線LANとハンディターミナルの既存システムで行っていますが、特定用途のサブスシテムとして今回の仕組みを使うことで、作業効率が大きく向上しました。今後はより汎用的な活用も検討したいと思います。p>

管理本部 総務部 物流システム課 参事 齊籐重人様
管理本部 総務部 物流システム課 参事 齊籐重人様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    新規受託案件への対応が必要

    導入の成果

    不具合のない円滑な運用

    現在、当システムは、一切の不具合がなく円滑に運用されています。発送物のシリアル番号と発送先を紐付けるという目的は、当システムで見事に達成されたのです。

  • 導入の背景

    既存システム活用には課題山積

    導入の成果

    簡単操作でパート業務も効率化

    バーコード複製作業はパートスタッフが担っていますが、操作も簡単なため、業務効率は大きく向上しました。

  • 導入の背景

    安価で短時間での構築が要件

    導入の成果

    作業ラインを固定しない機動性

    使用場所を選ばないため作業ラインが固定されず、機動的な運用が実現しています。シンプルなシステム構成であるため、同社ではこのシステムを汎用的な入出庫管理システムとして活用することも検討する予定です。

  • アイメックス株式会社 取締役 営業部 須藤学様 アイメックス株式会社 取締役 営業部 須藤学様
  • アイメックス株式会社 取締役 営業部 須藤学様

    スキャナーとプリンターをスマホ等を介さずダイレクトに接続して、バーコードを複製するというご依頼は、モバイルソリューションを得意とする当社にとっても初めての経験でした。その要件を実現するにはP-touchテンプレート機能を内蔵した高機能プリンターが必要なのですが、ブラザーのRJ-4030以外にはありませんでした。またBluetoothによる接続でも課題はありましたが、ブラザーの迅速なレスポンスもありクリアできました。今後、物流業界や製造業などで、バーコード複製のニーズはますます高まります。これからも良きパートナーとして協業していきたいと思います。

スキャナーとRJ-4030の組み合わせで

画期的な配送物管理システムを実現。

同社がモバイルスキャナーとRJ-4030の組み合わせを選定した理由は、いずれも設定が簡単であり、無線LANなどの新たなネットワーク環境が必要ないこと。 また持ち運びが可能で作業場所が固定されないことなどでした。

特にRJ-4030については、まずコンパクトで頑丈であること(対落下衝撃性能が1.8m、防塵防滴性能がIP54準拠)。据置型と同等の高速印刷 が可能なこと。

そしてプリンターにP-touchテンプレート機能を内蔵していることと、各種物流ラベルに対応できることも、選定の決め手となりました。

システム概要と特徴

●荷物を発送する際には、お客様からいただいた発送指示データから「ピッキングリスト」と「発送指示リスト」を事務担当が出力します。

●倉庫担当は、ピッキングリストによりピック作業と仕分けを行います。そして荷物に貼付されたバーコード(シリアル番号)をスキャナーで読みとり、RJ-4030で同一のバーコードレシートを複製出力。(システム構成図内写真(1))そのバーコードレシートを発送指示書に添付します。(システム構成図内写真(2))。

●バーコードレシートが貼付された発送指示書は、事務担当に回され、発送管理番号、品番、貼付されたバーコードをスキャンすることで、発送先との紐付けが行われます。(システム構成図内写真(3))。

●このバーコード複製システムにより、荷物のシリアル番号と発送先を紐付け、どの発送先に何をお送りしたかの管理が実現しています。

システム構成図
システム構成図
システム構成図
システム構成図
出力見本
出力見本
出力見本
出力見本

ご使用の製品はこちら

感熱レシート/ラベルの印刷が可能。
最大118mm幅用紙に対応の
モバイルプリンター。

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする