SPEEDIO(スピーディオ)

S1000X1 / S1000X1N

S1000X1 / S1000X1N
  • S1000X1 / S1000X1N
  • S1000X1
  • S1000X1
  • S1000X1

30番クラス最大級の加工領域と高い生産性を持ち合わせ、
大物ワークや多数個取りへ挑戦するマシン

製品のポイント

広い加工エリア

X軸移動量:1,000mm、Y軸移動量:500mmと、従来の主軸30番マシンの領域を超えた加工エリアを実現します。

広い加工エリア
高生産性

自社開発の数値制御装置による同時動作制御と高加速度主軸モーターの採用により、同等移動量のマシニングセンタと比べて、工具交換時間を大幅に短縮できます。

高生産性
高信頼性

加工エリアの拡大に伴う切粉の滞留対策として、X、Y軸には切粉が流れやすい山型テレスコカバーを採用しています。

高信頼性
高い環境性能

主軸モーターには高効率モーターを採用し、サーボモーターには減速時の運動エネルギーを再利用する電源回生技術を取り入れるなど、省エネルギーを実現します。

高い環境性能

スペック

機種 S1000X1/S1000X1
主軸最高回転速度 10,000min-1 10,000min-1高トルク(オプション)
16,000min-1(オプション)
移動量 X:1,000mm Y:500mm Z:300mm
工具収納本数 14本/21本
早送り速度 X×Y×Z軸 50m/min×50m/min×56m/min
所要床面の大きさ 2,410mm×2,442mm
BT二面拘束仕様(CIG-PLUS) オプション
クーラントスルースピンドル(CTS) オプション

加工動画

動画サムネイル
S1000X1 アルミニウム 加工事例

加工例

自動車部品をはじめ、従来の主軸30番マシンでは加工ができなかった大型部品の加工が可能です。

導入事例

ブラザーソリューションを導入いただいたお客様の、導入背景や選択の理由、成果をご紹介します。

導入をご希望のお客様

サポート

工作機械 ラインアップ

コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO (スピーディオ)

CNCタッピングセンター

このページをシェアする