医療法人社団明洋会 柴垣医院

  • 医療法人社団明洋会 柴垣医院 医療法人社団明洋会 柴垣医院
  • 医療医療

    柴垣医院 様
    代表者:柴垣圭吾理事長

    都内3箇所で透析クリニックを展開する医療法人社団明洋会柴垣医院は、早くから透析システムや電子カルテなどを導入し、ICT化を積極的に進める先進的なクリニックです。

    所在地
    東京都目黒区
  • QRバーコードを 高解像で印刷
  • 無線LAN対応で 設置場所を選ばない
  • 低コストで 導入できる

完全に紙をなくしたい」からスキャナーを活用。

以前から、ICT化を進める上で「どうせなら、完全に紙をなくせないか」と考えていました。
クリニックには膨大な紙の文書があります。カルテや透析記録は電子カルテと透析システムによりペーパーレスが実現できていますが、「他院からの紹介状」や「検査結果」「スタッフの情報共有のためのメモ」などの紙はまだ残っている状態でした。そこで、これら紙の書類をデジタル化するため、高速スキャナーを活用して取り込むことで、完全ペーパーレスを実現しています。現在は、情報閲覧のため全スタッフがiPadを利用しており、どこでも誰もが情報を確認できる体制が構築されています。

高速スキャナーで完全ペーパーレス化

バーコードで書類を仕分けする。

従来、スキャナーで紙の書類を取り込む場合、(1)紙をスキャンし、(2)データに名前をつけて保存し、(3)それぞれの患者情報に紐づける、という作業が発生していました。この作業は手間も多く、間違いも発生しやすい。このままではスキャニング効率はあがらないと考え、この処理を効率化、自動化する方法を検討しました。そこで、一役買っているのが、ブラザーのラベルプリンターから出力されるQRコードシールです。QRコードには、IDと患者氏名、日付などの情報が入っており、その情報をもとに、データベースが自動的に患者ごとのフォルダーに仕分け、格納する仕組みです。書類にQRコードを貼りスキャナーで読むだけ。簡単で間違いもない。これで完全なペーパーレスが実現できました。
ICT化は医師やスタッフを楽にしなければ意味がない。このQRコードをもとにデータを仕分ける仕組みはまさに、医師やスタッフを楽にするものだと思います。

※別途自動仕分けソフトが必要になります。

ご使用の製品はこちら

感熱ラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする