製品ラインアップ

感熱ラベルプリンターの導入事例 QL-700

導入事例 CASE2


												株式会社福山臨床検査センター 様 臨床検査システムとの連携で検査業務を大幅に合理化!

導入の背景 BACK GROUND

  • ・氏名の転記ミスや検体容器の 取り間違いなどのリスクが課題
  • ・電子カルテなどと連携した新しい検査システムを開発 システムと連携できるラベルプリンターの導入を検討

臨床検査業界の大手企業である株式会社福山臨床検査センター様は、病医院から預かった血液などの検体を検査分析する業務を行っています。従来の検査依頼は、専用の手書き依頼書や、電子カルテから出力された電子媒体で行われていました。しかし患者氏名などを検体容器に転記する手間や、検体の取り間違えのリスクなどの課題があり、その解決のために電子カルテなどと連携した新しい検査システム「FMi/FMo」を開発しました。これにより、検査依頼から結果報告までが一挙に合理化されました。

株式会社福山臨床検査センター 営業本部本部長 小林 広明 様

選んだ理由 CAUSE

  • 1.バーコードラベル出力可能
  • 2.安価な導入トータルコスト
  • 3.優れた印字品質・ラベル耐久性

新しい検査システムを運用するためには、病医院で検体容器に貼付するバーコードラベルを出力する必要がありました。同社は複数のラベルプリンターを比較検討した結果、ブラザーの感熱ラベルプリンターQLシリーズを選定しました。その理由は、まず低コストであったことです。お客様が導入しやすいように消耗品も含めた総導入コストが安価であることが絶対要件でした。また検体容器に貼付するのに適したサイズのラベルが豊富だったこと。そして同社の検査基準に適合した解像度300dpiの優れた印字品質、ラベル耐久性も重要な要因でした。

RESULT 導入の成果

  • 病医院からの検査依頼作業を大幅に合理化!

  • 作業の手間が改善され、間違いリスクがゼロに!

  • ミス撲滅と作業合理化を実現した姿勢が高評価を獲得!

この導入事例をもっと詳しく見る

カタログファイルをご覧いただくために
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Reader®が必要です。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロードの上、インストールしてからご覧ください。

導入事例 CASE