本縫ダイレクトドライブ電子閂止めミシン(残短仕様)

KE-430FX II

KE-430FX II
  • KE-430FX II

・縫い終わりの糸処理作業を低減(残短糸)
・可縫性の拡大
・世界最速サイクルタイムで高い生産性
・デジタルテンション、クイックチェンジを標準整備
・セミドライ仕様でクリーンな縫製

主な特長

最短2mm・残短仕様で縫い終わりの糸処理作業を低減

糸切り機構の見直しにより、糸残り長さ最短2mmを実現地ました。またブラザー独自の糸つかみ装置により、縫い始めの糸抜けと鳥の巣が低減されます。これにより縫い始め・縫い終わりの糸処理作業を減らすことができ、生産性・品質ともに格段に向上します。

最短2mm・残短仕様で縫い終わりの糸処理作業を低減
可縫性の拡大

天秤ストロークを見直し、糸締りの安定性を高めました。中厚物縫製における可縫性が拡大し、素材対応力が大幅に向上します。

3,200sti/minの世界最速サイクルタイムで高い生産性

ダイレクトドライブ方式を採用し、半回転釜ミシンにおいて3,200sti/minの世界最高回転数を誇ります。二段押えの設定も可能で、工場の生産性アップに貢献します。

デジタルテンション、クイックチェンジを標準装備

デジタルテンションを標準装備し、素材に対応した上糸テンションを簡単に設定できます。感覚に頼っていたテンション設定を数値化することで、安定した縫製品質を実現します。またクイックチェンジ装置により、ボルトをゆるめ押え上げレバーを動かすだけで、簡単に押え足の交換が可能です。

デジタルテンション、クイックチェンジを標準装備

  • ダイレクトドライブ
  • 多用途

サポート

工業用ミシンお問い合わせ窓口

  • お問い合わせ

    カタログ請求、ショールーム見学、ミシンに関するご相談など、こちらからお問い合わせください

このページをシェアする