54th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展) ブラザーブースのご案内

この度『54th FISMA TOKYO 東京ファッション産業機器展』が開催されます。
好評をいただいておりますNEXIO(ネクシオ)シリーズを中心に、世界初のデジタル送りを搭載した本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン「S-7300A」や、プログラム式電子ミシン「BAS-311HN」に加えて、参考出品としてブラザー最新鋭の機種を出展いたします。

日時 2017年9月20日(水)~21日(木) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 西3ホール 【ブース番号:R-06】

出展機

本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7300A

世界で初めて一本針本縫いミシンにダイレクト電子送りを採用し、従来の常識を覆す業界新基準の送り軌跡による高品質な縫い目を実現。糸処理作業を低減、デザインステッチによる新価値の提案、段部縫製時の目詰まりを低減するなど多彩な機能を搭載しております。

本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7300A

ダイレクトドライブプログラム式電子ミシン BAS-311HN(150×100mm)

縫製エリアを150mm×100mmへ拡大し、世界最高縫い速度2,800sti/minを達成した、新発売のBAS-311HNです。機能を向上し、厚い素材でも安定した縫製を実現しながらも、この縫製エリアのクラスでは最小の消費電力を実現しています。

ダイレクトドライブプログラム式電子ミシン BAS-311HN(150×100mm)

本縫ダイレクトドライブ電子閂止ミシン KE-430FXII

縫い終わりの糸処理作業を低減(残短糸)、縫い始めの糸抜けと鳥の巣を低減したりデジタルテンションを標準装備し、素材に対応した上糸テンションを簡単に設定できます。又、薄物から中厚物までをカバーする専用の天秤を採用し、薄物の縫製品質が大幅に向上しました。押さえ足を簡単に交換できるクイックチェンジ装置も標準装備しました。

本縫ダイレクトドライブ電子閂止ミシン KE-430FXII

本縫ダイレクトドライブ電子ボタン穴かがりミシン HE-800B

ダイレクトドライブ方式を採用した電子眠りボタン穴かがりミシンです。従来のVベルト方式に比べ消費電力を約50%低減することや新型釜の採用による縫製品質の向上、使いやすい操作パネルを搭載するなど多方面でその性能向上を実現しています。

本縫ダイレクトドライブ電子ボタン穴かがりミシン HE-800B

電子鳩目穴かがりミシン RH-9820

最高回転数2,500sti/minの実現により、従来機に比べてマシンタイムを約13%短縮し、生産性を高めます。また、剛性を高めた針棒機構と縫い位置のフィードバック制御を行うことにより、厚い素材を高速で縫製する場合でも縫製データに忠実で正確な縫製が行えます。

電子鳩目穴かがりミシン RH-9820

* 都合により展示モデルを変更する場合もございますのであらかじめご了承お願いします。

イベントに関するお問い合わせ

ブラザー工業株式会社
マシナリー事業 工業ミシン営業部 中山、安井
TEL:0566-95-0088 FAX:0566-25-3721

環境への取り組み

ブラザーは、製品を製造するにあたって、「ブラザーグリーンラベル」という自主基準を設け、環境に配慮した製品作りを進めています。

環境への取り組み

購入をご検討のお客様へ

  • カタログのご請求
  • 製品に関する疑問点のご相談
  • 導入に関するご相談

などのお問い合わせ先のご案内

利用中のお客様へ(サポート)

  • 製品の使い方
  • 故障・修理
  • 開発に関するご相談

などのお問い合わせ先のご案内

このページをシェアする