その他モバイル端末用アプリケーション開発ツール

このページでは、開発環境に依存しないコマンドリファレンスや、プリンターにあらかじめ画像を登録するツール、チュートリアルなどを紹介しております。

直接プリンターを制御することが可能なプログラム上級者向けのコマンドリファレンスです。

MPrintシリーズの製品とPCとの間でのデータ転送を簡単に実行/管理するアプリケーションです。製品本体のROMに画像データを登録できます。

ESC/Pコマンドを簡単に編集することができるツールです。

MPrint P-touch Template コマンドリファレンス

MPrint P-touch Template コマンドを使用すれば、簡単に綺麗な帳票を印刷することが可能です。
あらかじめプリンター側に「テンプレート」という形でフォーマットを保存し、ホスト機器側からは解析するルールに従ってデータを送信するだけで印刷します。
テンプレートは、可変部分と固定部分で構成され、可変部分はテキスト(文字)または、バーコードや2次元コードとして設定可能です。
詳細は、MPrint MW-260 テンプレート印刷機能による帳票作成 [PDF/328KB][PDF]をご覧ください。

  • * このコマンドリファレンスでは、ホスト機器側に依存する部分についての説明はありません、ご了承ください。
  • * データ送信を作成できるプログラミング知識をお持ちの方へお勧めします。

構成

圧縮ファイルを解凍後、以下3つのファイルを確認してください。

  • cv_mw145bt_jp_ptemp_v312.pdf
  • P-touch Template Settings.exe
  • ptfilo.dll
  • * "cv_mw145bt_jp_ptemp_v312.pdf"はドキュメントで、データ形式はPDFファイルです。
  • * "P-touch Template Settings.exe"は、P-touch Templateのプリンター設定を行うツールです。
  • * "ptfilo.dll"は、"P-touch Template Settings.exe"の実行に必要なファイルで、同一フォルダーにおいて実行してください。

動作環境

コマンドリファレンスのデータ形式はPDFファイルです。

対応ホスト

以下の環境のいずれかがインストールされたPC

対応OS MMicrosoft® Windows® 2000 Professional、XP、7(x86/x64)
Windows® Vista(x86/x64)

PDFファイルのドキュメントを参考に作成したP-touch Templateコマンドは、OSには依存しません。
IrDA(赤外線)、Bluetooth、または、USBで、プリンターと接続し、作成したデータを転送できる必要があります。
ただし、MW-145BTはUSB、または、Bluetooth接続のみで、IrDA(赤外線)接続はありません。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260
  • MW-145BT

更新情報

バージョン情報

  • 2010-09-30 P-touch Template コマンドリファレンス Ver.3.1.2 公開
  • 2010-05-18 P-touch Template コマンドリファレンス Ver.3.1.1 公開
  • 2008-02-22 P-touch Template コマンドリファレンス Ver.1.0 公開

前バージョンからの変更点

  • 注記を追加しました。

MPrint ネイティブ コマンドリファレンス

すでに作成されたアプリケーションやこれから作成するアプリケーションで、直接プリンターを制御することができ、アプリケーション設計の柔軟性が高まります。
また、これまでのアプリケーションに印刷機能を付加することで、既存の資産を有効に活用しながら、開発することができます。
既存の製品では対応の難しいOSやホストに対して、設計者が自由に開発することができます。

  • * 高度なプログラミング知識をお持ちの方へお勧めします。

構成

圧縮ファイルを解凍後、HTML形式のコマンドリファレンスのみがあることを確認してください。コマンドリファレンスをブラウザーにてご覧ください。
本コマンドリファレンスは、MPrint SDK for PPCのマニュアル内に第1章、第2章として記載していたものを抜粋しました。基本的には、MPrint SDK for PPCのマニュアルと同じ情報ですが、これまでMPrint SDK for PPCのマニュアルを参考にしていた場合は、バージョン情報を必ずご確認ください。

動作環境

本コマンドリファレンスは、HTML形式です。お手持ちのブラウザーでご覧ください。

対応ホスト

OSには依存しません。
IrDA(赤外線)、Bluetooth、または、USBで、プリンターと接続し、作成したデータを転送できる必要があります。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260
  • MW-145BT、MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-140BT、MW-120、MW-120 TypeF、MW-100e

更新情報

バージョン情報

  • 2010-09-30 MPrint ネイティブ コマンドリファレンス Ver.3.1.2 公開
  • 2010-05-18 MPrint ネイティブ コマンドリファレンス Ver.3.1.1 公開
  • 2003-09-14 MPrint ネイティブ コマンドリファレンス Ver.1.0 公開

前バージョンからの変更点

  • 注記を追加しました。

MPrint ESC/P準拠 コマンドリファレンス

ESC/P準拠のコマンドリファレンスを使うことで、アプリケーション開発が容易になり、開発期間・開発コストを削減できます。
コマンドデータ量が少ないため、通信・制御時間を抑えて、印刷の高速化を行うことができ、処理能力の低いデバイスや携帯電話などからも印刷することが可能です。

すでにESC/Pコマンドで作成されたプログラムがある場合、既存の資産を有効に活用することができます。
MPrint MW-260、MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-120、MW-120 TypeFでは、バーコードフォントを内蔵しているので、簡単なプログラムでバーコードを印刷することができます。
MW-260、MW-145BT、MW-140BT TypeF、MW-120 TypeF、EAN128、QRコード、PDF417の各コードが追加されました。

  • * ESC/Pコマンドを使用する場合、データ受信は30KByteまでです。
    ただし、内部データの処理によっては、30KByte以下のデータでも受信できないことがあります。

構成

コマンドリファレンスのデータ形式はPDFファイルです。

動作環境

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260
  • MW-145BT、MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-120、MW-120 TypeF

更新情報

バージョン情報

  • 2010-09-30 MPrint ESC/P準拠 コマンドリファレンス Ver.3.1.2 公開
  • 2010-05-18 MPrint ESC/P準拠 コマンドリファレンス Ver.3.1.1 公開
  • 2007-05-30 MPrint ESC/P準拠 コマンドリファレンス Ver.1.04 公開
  • 2005-10-30 MPrint ESC/P準拠 コマンドリファレンス Ver.1.03 公開
  • 2004-11-13 MPrint ESC/P準拠 コマンドリファレンス Ver.1.01 に統合し、名称変更
  • 2003-03-10 MW-120 ESC/P準拠 コマンドリファレンス Ver.1.00 公開

前バージョンからの変更点

  • 注記を追加しました。

PocketJet コマンドリファレンス

このコマンドリファレンスを使うことで、アプリケーション開発が容易になり、開発期間・開発コストを削減できます。
コマンドデータ量が少ないため、通信・制御時間を抑えて、印刷の高速化を行うことができ、処理能力の低いデバイスや携帯電話などからも印刷することが可能です。

すでにESC/Pコマンドで作成されたプログラムがある場合、既存の資産を有効に活用することができます。

  • * PocketJetのコマンドは、MPrint、RJシリーズのコマンドとは異なりますので、ご注意ください。

構成

コマンドリファレンスのデータ形式はPDFファイルです。

動作環境

対応製品

PocketJetシリーズ

  • PJ-560、PJ-520

更新情報

バージョン情報

  • 2010-06-14 PocketJet コマンドリファレンス Ver.1.01 公開
  • 2009-07-09 PocketJet コマンドリファレンス Ver.1.00 公開

前バージョンからの変更点

  • 誤植を修正しました。

RJシリーズ コマンドリファレンス

このコマンドリファレンスを使うことで、アプリケーション開発が容易になり、開発期間・開発コストを削減できます。
コマンドデータ量が少ないため、通信・制御時間を抑えて、印刷の高速化を行うことができ、処理能力の低いデバイスや携帯電話などからも印刷することが可能です。

このコマンドリファレンスには、P-touch Template 2.0、ラスター、および、ESC/Pがあります。すでにESC/Pコマンドで作成されたプログラムがある場合、既存の資産を有効に活用することができます。

  • * RJシリーズのコマンドは、MPrint、PocketJetのコマンドとは異なりますので、ご注意ください。

構成

コマンドリファレンスのデータ形式はPDFファイルです。

動作環境

対応製品

RJシリーズ

  • RJ-4040、RJ-4030

更新情報

バージョン情報

  • 2012-02-27 P-touch Template 2.0 コマンドリファレンス Ver.1.0.0 公開
  • 2012-02-27 ラスター コマンドリファレンス Ver.1.0.0 公開
  • 2012-02-27 ESC/P コマンドリファレンス Ver.1.0.0 公開

前バージョンからの変更点

  • RJ-4030/4040に対応しました。

転送マネジャー

MPrintシリーズ開発者/管理者向けアプリケーションです。あらかじめPCを接続し、転送マネジャーはモバイルプリンターとPCとの間でのデータ転送を簡単に実行/管理するアプリケーションです。
印刷するデータをプリンター内のROMにデータを保存することができ、よく印刷する印刷データ(例えば企業のロゴ)を持つことにより、次のようなメリットがあります。

  • ホスト側の負担を減らし、少ないプログラムやESC/Pコマンドで、イメージを印刷することができます。
  • ロジックを簡単にして、プログラムを作成することができます。
  • イメージデータとして独立しているので、ロゴの変更などの管理が簡単です。

以下のような場合にお勧めです。

  • 企業のロゴを印刷したい。
  • いつも決まった印刷フォーマットを使っている。
  • どのプリンターから印刷したのかIDをつけたい。
  • * MW-260は製品CDに収録されているバージョンをお使いください。

利用方法

本ツールはWindows® OS 搭載PC用アプリケーションです。
転送マネジャーを利用するには、転送マネジャー以外に、プリンタードライバーが必要です。PCとプリンターは、USBで接続します。
利用方法については、MPrintにおけるビットマップ画像印刷方法について をご覧ください。

動作環境

対応ホスト

以下の環境のいずれかがインストールされたPC

対応OS Microsoft® Windows® 98SE/Me/2000 Professional/XP
ハードディスク空き容量 10MB以上
インターフェイス USB

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-120、MW-120 TypeF

更新情報

バージョン情報

  • 2003-11-11 転送マネジャー Ver.1.01 公開
  • 2003-03-10 転送マネジャー Ver.1.0 公開

前バージョンからの変更点

  • MW-140BT TypeEに対応しました。

MPrint コマンドエディター

MPrintシリーズ開発者/管理者向けアプリケーションです。ESC/Pコマンドによりプリンターを制御することが可能で、コマンドエディターは、このESC/Pコマンドを簡単に編集することができるツールです。
ESC/Pコマンドにそれほど詳しくない方でも、印刷データを作成いただくことができ、また、詳しい方には、印刷データ作成時間を短縮することできます。

利用方法

本ツールはWindows® OS 搭載PC用アプリケーションです。
MPrint コマンドエディターを使ってコマンドを編集する機能をお使いの場合は、ソフトウェアのダウンロードのみでご利用可能です。MPrint コマンドエディターから印刷する場合には、プリンタードライバーが必要です。

PCとMW-120/MW-120 TypeFは別売品のシリアルケーブルで、また、MW-140BT TypeE/MW-140BT TypeFはBluetoothの仮想シリアルポートにより接続して印刷することができます。

動作環境

PC動作環境

以下のいずれかのOSがプレインストールされたPC

対応OS Microsoft® Windows® 2000 Professional/XP
ハードディスク空き容量 約1MB以上
インターフェイス
  • シリアル*(MW-120、MW-120 TypeF)
  • Bluetooth仮想シリアルポート(MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF)
  • * MW-120の製品とPCを接続する場合は、別売のシリアルケーブルが必要です。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260
  • MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-120、MW-120 TypeF

更新情報

バージョン情報

  • 2006-07-14 MPrint コマンドエディター Ver.1.0 公開

MPrint SDK for Pocket PC チュートリアル

MPrint SDK for PocketPC にて開発する場合のリファレンスとサンプルファイルです。
検索しやすいよう、ヘルプファイル形式(拡張子chmファイル)としてまとめておりますので、開発の際の参考にご覧ください。
お手持ちのWindows® OS 搭載のPCにてご覧いただけます。サンプルプログラムは、MPrint SDK for PocketPCとあわせてご利用ください。

更新情報

バージョン情報

  • 2003-09-14 MPrint SDK for PPC チュートリアル Ver.1.3

前バージョンからの変更点

  • MPrint SDK for PocketPC Ver.1.3よりchmファイル部分を抜粋しました。

モバイル開発ツールダウンロード

モバイル開発ツール情報

開発サポート情報

製品情報

関連情報

このページをシェアする