ここで紹介するLinux® Zaurus用アプリケーション開発ツール(MPrint SDK for Linux® Zaurus)は、シャープ社より供給されたLinux® 搭載ザウルスに対応した開発ツールです。
ザウルスシリーズでは、大きく2つのプラットフォームがありますので下記の通りご案内しております。

OSがLinux対応されていないZaurusについて

SLシリーズ以前の対応ホストについては、ソア・システムズ社「ル・クローン」に対応しております。
お問合せは「ル・クローン」のメーカーへ直接ご連絡ください。

MPrint SDK for Linux® Zaurus

MPrint SDK for Linux® Zaurus Ver.0.2

MPrint SDK for Linux® Zaurusは、お客様がお使いのLinux® 搭載のZaurus(PDA)から、当社製品のMPrintシリーズへ印刷することを実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

  • * MPrint SDK for Linux® Zaurusを使ってアプリケーションを開発するには、プログラミングの知識が必要です。
  • * 本バージョンはベータ版です。

構成

MPrint SDK for Linux® Zaurusは、ライブラリ、ドキュメント、サンプルアプリケーションで構成されています。

サンプルアプリケーションは、ダウンロードしたファイルを解凍後、
samples/ABCReceipt/abcreceipt_1.1.0-0_arm.ipk
または
samples/ABCText/abctext_1.1.0-0_arm.ipk
を、 Zaurus(PDA)にインストールして、お試しください。

動作環境

開発環境

クロスコンパイラ(gcc) gcc-cross-sa1100-2.95.2-0.i386.rpm
ライブラリ(glib) glibc-arm-2.2.2-0.i386.rpm
ヘッダファイル linux-headers-arm-sa1100-2.4.6-3.i386.rpm
ユーティリティ binutils-cross-arm-2.11.2-0.i386.rpm
tmakeツール tmake-1.8.tar.gz(「Qt」のサイトよりダウンロードしてください。)
tmake設定ファイル for SLシリーズ tmake-sharp.tar.gz
Qtopia SDK Open Source SDK for Qtopia または、Commercial SDK for Qtopia

対応ホスト(PDA)

Linux(Embedix)搭載の下記端末

  • SL-A300
  • SL-B500
  • SL-C700
  • SL-C750
  • SL-C760
  • SL-C860
  • SL-C1000
  • SL-C3000
  • * 各ホスト固有の問題については、各ホストの製造業者へお問い合わせください。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-120、MW-120 TypeF、MW-100e

更新情報

バージョン情報

  • 2003-06-26 MPrint SDK for Linux® Zaurus Ver.0.2 更新
  • 2003-04-01 MPrint SDK for Linux® Zaurus Ver.0.1 公開

アプリケーションの更新方法

最新版のライブラリを使い、再コンパイルしてください。

前バージョンからの変更点

  • MW-120に対応しました。
  • ライブラリ内で使用する文字列がお客様にて変更可能になりました。
  • 最終ページの印刷時に、途中でコネクションを終了するようにし、印刷終了まで赤外線ポートを向ける必要がないよう対応しました。
  • メモリ使用量におけるバグを対応しました。

モバイルプリンター 導入事例

株式会社INAXメンテナンス様
株式会社INAXメンテナンス様
  • コスト削減
  • 製造・物流
  • 年商135億円
株式会社関西アーバン銀行様
  • セキュリティ向上
  • 金融・保険
  • 従業員数1,852名

小規模オフィス、営業所、店舗、学校、工場、ホテルなどでの導入事例をご紹介

モバイル開発ツールダウンロード

モバイル開発ツール情報

開発サポート情報

製品情報

関連情報

このページをシェアする