Android™ / iPhone / iPad用アプリケーション開発ツール

ここで紹介するAndroid™ / iPhone / iPad用アプリケーション開発ツール(Brother Print SDK for iPhone/iPad、または、Brother Print SDK for Android™)は、iPhone/iPadやAndroid™にそれぞれ対応した開発用ツールです。

このページでは、以下のデバイスに対応するSDKを紹介しております。

Brother Print SDK for iPhone/iPad

Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.3.1.1

Brother Print SDK for iPhone/iPadは、お客様がお使いのiPhone/iPadから、当社製品のPocketJetシリーズ、MPrintシリーズ、RJシリーズへ印刷することを実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

構成

Brother Print SDK for iPhone/iPadは、ライブラリ、ドキュメント、サンプルプロジェクトで構成されています。以下、フォルダー構成です。

SDKフォルダー 使用許諾契約書、再配布可能ファイル一覧
.\BRPtouchPrinterKit.framework 印刷ライブラリ本体(Framework)*
.\BRPtouchPrinterKitW.framework 印刷ライブラリ本体(Framework)**
.\Samples サンプルプロジェクト
  • * Wi-Fi接続プリンターのみをサポートする場合
  • ** Wi-Fi接続プリンターとMFi認証プリンター両方をサポートする場合、もしくはMFi認証プリンターのみをサポートする場合

動作環境

開発環境

Xcode 7、Xcode 8

対応デバイス(iPhone/iPad)

対応OS 6.0以上
対応インターフェイス 無線LAN、Bluetooth
開発言語 Objective-C

対応製品

PocketJetシリーズ

  • PJ-773、PJ-763MFi、PJ-673

MWシリーズ

  • MW-260MFi、MW-145MFi

RJシリーズ

  • RJ-2150、RJ-2140、RJ-2050、RJ-2030
  • RJ-3150、RJ-3150Ai、RJ-3050、RJ-3050Ai
  • RJ-4040、RJ-4030Ai

TDシリーズ

  • TD-2130N/2130NSA

QLシリーズ

  • QL-820NWB、QL-720NW

PTシリーズ

  • PT-P950NW、PT-P900W、PT-P750W

MFi対応プリンター向けアプリケーション認証プロセス

対象SDK:Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.3
対象機種:PJ-763MFi、MW-260MFi、MW-145MFi、RJ-2150、RJ-2050、RJ-4030Ai
Brother Print SDK for iPhone/iPadを利用したBluetooth を使用するアプリケーションを App Store に登録する場合、BrotherからApple社に事前申請が必要になります。
以下の案内ページを確認の上、申請してください。
*App Store 経由でアプリケーションを配信しない場合、この申請手続きは不要です。

Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.1.2.8

Brother Print SDK for iPhone/iPadは、お客様がお使いのiPhone/iPadから、当社製品のPocketJet、および、RJ/TD/QL/PTシリーズへ印刷することを実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

構成

Brother Print SDK for iPhone/iPadは、ライブラリ、ドキュメント、サンプルプロジェクトで構成されています。以下、フォルダー構成です。

  • * Brother Print SDK for iPhone/iPadは、frameworkをプロジェクトに追加し、対象機種の用紙情報リソースファイル(Resフォルダー内の*.ptdファイル)をリソースとして組み込む必要があります。
SDKフォルダー 使用許諾契約書、再配布可能ファイル一覧
.\BRPtouchPrinterKit.framework 印刷ライブラリ本体(Framework)
.\Doc 機能仕様書、ファイルサンプルプロジェクト解説資料
.\Res プロジェクトに組み込む用紙情報ファイル
.\Samples サンプルプロジェクト

動作環境

開発環境

Xcode 6.1以上

対応デバイス(iPhone/iPad)

対応OS 5.0以上
対応インターフェイス 無線LAN
開発言語 Objective-C

対応製品

PocketJetシリーズ

  • PJ-673

RJシリーズ

  • RJ-4040、RJ-3150、RJ-3050

TDシリーズ

  • TD-2130N/2130NSA

QLシリーズ

  • QL-720NW

PTシリーズ

  • PT-P750W

その他情報

PJ-673暗号化設定について

PJ-673の導入をご検討の方向けに、iPhone/iPad端末からのアドホック通信時における暗号化設定によるセキュリティーの確保についての資料をご用意しております。
以下の1.~6.の内容をmwprintersdk@brother.co.jpまでメールでご連絡ください。

  1. 1. ご希望の資料名(「PJ-673暗号化設定について」)
  2. 2. お名前
  3. 3. 団体名・部署名
  4. 4. お電話番号
  5. 5. ご住所
  6. 6. 導入のご検討内容

お客様から頂いた個人情報は弊社の個人情報の取り扱いについて に従って管理、運営させていただきます。

更新情報

バージョン情報

  • 2017-07-25 Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.3.1.1bに更新しました。
  • 2017-05-30 Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.3.0.9に更新しました。

更新履歴

  • Ver.3.1.1b

    QL-820NWBに対応しました。

  • Ver.3.1.1a

    RJ-3150Ai、RJ-3050Aiに対応しました。

  • Ver.3.0.9

    不具合修正

  • Ver.3.1.0

    Xcode 7、Xcode 8に対応しました。

  • Ver.3.0.8

    不具合修正

  • Ver.3.0.7

    TD-2130N/2130NSAに対応しました。

    setAutoConnectBluetooth、isAutoConnectBluetoothを追加しました。

  • Ver.3.0.6

    RJ-2150、RJ-2140、RJ-2050、RJ-4030Aiに対応しました。

    PTシリーズ、QLシリーズに対応しました。
    (QL-720NW、PT-P950NW、PT-P900W、PT-P750W)

    P-touch Template機能におけるテンプレート転送機能に対応しました。

    不具合修正

  • Ver.3.0.5

    通信時にIPv6を選択できるようにしました。
    (実際にIPv6で通信するには、プリンター本体側もIPv6設定が必要になります)

    印刷ライブラリ本体(Framework)を[1]Wi-Fi接続プリンター用、[2]Wi-Fi接続プリンター/MFi認証プリンターの両方サポート用またはMFi認証プリンター用、の2種類用意しました。

  • Ver.3.0.4

    PJ-673、RJ-4040、RJ-3150、RJ-3050に対応しました。

  • Ver.3.0.3

    PJ-773、PJ-763MFiに対応しました。

    skipStatusCheckをbBidirectionに変更しました。

  • Ver.3.0.2

    不具合修正

    iOS 9での動作で問題ないことを確認しました。

  • Ver.3.0.1

    MW-260MFi、MW-145MFi対応

  • Ver.1.2.8

    Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.1.2.8が、通信時にIPv6を選択できるようにしました。(実際にIPv6で通信するには、プリンター本体側もIPv6設定が必要になります)

  • Ver.1.2.7

    Brother Print SDK for iPhone/iPad Ver.1.2.7のマニュアルを更新しました。 (printPDFAtPath:pages:length:copy:timeout:の戻り値についての説明不足を補完しました)

    iOS 9での動作で問題ないことを確認しました。

    32bit専用フレームワークと64bitサポートするフレームワークを統合したユニバーサルフレームワークに変更

    QLプリンターに新しい用紙「60mm x 86mm」を追加(新しい用紙「60mm x 86mm」を印刷するには古いPTDファイル(bsq71wad.ptdとbsq72wad.ptd)を新しいPTDファイルに置き換える必要があります)

    シンボルが重複する問題を改善(Apple Mach-O Linker Error)

  • Ver.1.2.6

    isPrinterReadyにPJ-673も対応しました。

  • Ver.1.2.5

    iOS8対応

    AirPrintのサンプルアプリの追加

    PDFの印刷品質を改善(printPDFAtPath:pages:length:timeout)

    PDF印刷のメモリ使用効率を向上(printPDFAtPath:pages:length:timeout)

    バッファフルエラー、またはイメージ展開エラー時の不具合修正 (PJ-673のみ)

  • Ver.1.2.4a

    RJ-3050、RJ-3150対応

  • Ver.1.2.4

    PT-P750W対応(bspp75ad.ptd追加)

    PJ-673 A5対応(bsj673ad.ptdを更新)

    RJ-4040のptdファイルを更新(Eng/Jpn共通ptdファイルに変更)

    Warning対応(sendFile, sendDataの引数にラベルを追加)

    サンプルアプリケーション更新(バックグランド対応、全モデル共通アプリに統一)

    ドキュメント構成を更新

    不具合修正

  • Ver.1.2.3

    arm64対応版Frameworkをリリース

    複数プリンター検索対応によりメソッド追加(PJ-673のみ)(initWithPrinterNamesメソッド追加、setPrinterNamesメソッド追加)

    CFNetwork.frameworkをプロジェクトに追加必要

    PDF印刷対応によりメソッド追加(printPDFAtPathメソッド追加)

    サンプルアプリケーション更新(複数プリンター検索対応により、サンプルアプリを更新)

  • Ver.1.2.2

    PJ-673、RJ-4040印刷不具合修正

  • Ver.1.2.1

    QL-720NW対応(bsq72wad.ptdを追加)

  • Ver.1.2.0

    TD-2130N対応(bsr213ad.ptdを追加)

  • Ver.1.1.2

    不具合修正

  • Ver.1.1.1

    不具合修正

  • Ver.1.1.0

    iPhone5対応

  • Ver.1.0.0

    PJ-673、RJ-4040向けに新規リリース

Brother Print SDK for Android™

Brother Print SDK for Android™ Ver.3.0.6、Ver.2.6.4

Brother Print SDK for Android™は、お客様がお使いのAndroid™から、当社製品のMPrint、PocketJet、および、RJ/TD/QL/PTシリーズへ印刷することを実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

構成

Brother Print SDK for Android™は、ライブラリ、ドキュメント、サンプルプロジェクトで構成されています。このSDKには、評価版PDF印刷モジュールが含まれております。詳しくはドキュメントをご確認ください。

動作環境

開発環境

  • Brother Print SDK for Android™ Ver.3の場合

Android Studio 2.1.1以降、JDK8(推奨)

  • Brother Print SDK for Android™ Ver.2の場合

Eclipse 4.2.1、JDK8 update71、Android SDK r25.1.1, Android NDK r11以降

  • * 各ソフトウェアのインストール方法などについては、各ソフトウェア会社のWebサイトにてご確認ください。

対応デバイス(Android™ )

  • Brother Print SDK for Android™ Ver.3の場合
対応OS 4.0.3以上
  • Brother Print SDK for Android™Ver.2の場合
対応OS 2.2以上 (USBの場合は3.1以上)
対応インターフェイス Bluetooth、Wi-Fi、USB
開発言語 Java
  • * すべてのAndroid™ 2.2以上のデバイスでの印刷を保証するものではありません。デバイス側の組み込み方法によっては、印刷できない場合があります。
  • * USBに対応する場合は、USBホスト機能を持つAndroid™ 3.1以上のデバイスが対象になります。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260MFi、MW-145MFi
  • MW-260
  • MW-145BT、MW-140BT

PocketJetシリーズ

  • PJ-773、PJ-763MFi、PJ-763、PJ-723
  • PJ-663、PJ-623
  • PJ-560、PJ-520

RJシリーズ

  • RJ-2150、RJ-2140、RJ-2050、RJ-2030 (RJ-2シリーズは、Brother Print SDK for Android™ Ver.3のみ対応となります)
  • RJ-3150、RJ-3150Ai、RJ-3050、RJ-3050Ai
  • RJ-4040、RJ-4030、RJ-4030Ai (RJ-4030Aiは、Brother Print SDK for Android™ Ver.3のみ対応となります)

TDシリーズ

  • TD-4000、TD-4100N、TD-2130NSA、TD-2130N

QLシリーズ

  • QL-820NWB、QL-800、QL-720NW

PTシリーズ

  • PT-P750W

更新情報

バージョン情報

  • 2017-07-25 Brother Print SDK for Android™ Ver.3.0.6bに更新しました。

更新履歴

  • Ver.3.0.6b

    QL-820NWB、QL-800に対応しました。

  • Ver.3.0.6a

    RJ-3150Ai、RJ-3050Aiに対応しました。

  • Ver.3.0.5

    RJ-2150、RJ-2140、RJ-2050、RJ-2030、RJ-4030Aiに対応しました。

    PTシリーズ、QLシリーズについて高解像度印刷モードに対応しました

    Wi-Fiテザリング使用時の印刷機能に対応しました
    (Android端末のWi-Fiテザリングを有効にし、プリンターをインフラ接続して使用します)

    不具合修正

  • Ver.3.0.4

    TD-2130NSA、TD-2130Nの以下の不具合を修正しました。

    (最新のドライバーで作成したカスタム用紙サイズ情報で印刷が行えない)

    機能追加を行いました。

    ・印刷後のステータスチェック機能のON/OFFに対応しました。

    ・Fit To Pageでアライメントが有効になるように対応しました。

  • Ver.2.6.4

    TD-2130NSA、TD-2130Nの以下の不具合を修正しました。

    (最新のドライバーで作成したカスタム用紙サイズ情報で印刷が行えない)

    機能追加を行いました。

    ・印刷後のステータスチェック機能のON/OFFに対応しました。

    ・Fit To Pageでアライメントが有効になるように対応しました。

  • Ver.3.0.3

    PJ-773、PJ-763MFi、PJ-763、PJ-723に対応しました。

    PJシリーズの用紙情報を一部修正しました。

  • Ver.2.6.3

    PJ-773、PJ-763MFi、PJ-763、PJ-723に対応しました。

    PJシリーズの用紙情報を一部修正しました。

  • Ver.3.0.2

    Android 6に対応しました。

  • Ver.2.6.2

    Android 6に対応しました。

  • Ver.3.0.1

    MW-260MFi、MW-145MFiに対応しました。

  • Ver.2.6.1

    MW-260MFi、MW-145MFiに対応しました。

  • Ver.2.5.2

    テンプレート一覧取得/削除機能に対応しました。

  • Ver.2.5.1

    TD-4000、TD-4100に対応しました。

  • Ver.2.5.0a

    RJ-3050、RJ-3150に対応しました。

  • Ver.2.5.0

    PT-P750Wに対応しました。

    PJシリーズのA5用紙サイズに対応しました。

  • Ver.2.4.0

    軽微な不具合に対応しました。

  • Ver.2.3.2

    軽微な不具合に対応しました。

モバイル開発ツールダウンロード

モバイル開発ツール情報

開発サポート情報

製品情報

関連情報

このページをシェアする