Windows Mobile® / Windows® CE用アプリケーション開発ツール

ここで紹介するWindows Mobile® / Windows® CE 用アプリケーション開発ツール(MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® またはMPrint SDK for Pocket PC)は、Microsoft社より供給されたモバイル機器用OS(Windows Mobile® / Pocket PC / Windows® CE)の各シリーズにそれぞれ対応した開発用ツールです。

Windows Mobile® / Pocket PC以外に、.NET Compact Frameworkをご利用の方は、Microsoft® .NET Compact Framework向け開発環境をご覧ください。

このページでは、以下のモバイル機器用OSに対応するSDKを紹介しております。

Windows Mobile® 6.x Professional / Windows Mobile® 6.x Classic / Windows Mobile® 6.x Standard / Windows Mobile® 5.0 / Windows® CE 5.0

MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.4.1.0

MPrint PocketJet SDK for Windows Mobile® は、お客様がお使いのPDA (Windows Mobile® 6 Standard、Windows Mobile® 6 Professional、Windows Mobile® 6 Classic、Windows Mobile® 5.0、Windows® CE 5.0搭載機) から、当社製品のMPrint、PocketJet、およびRJシリーズへ印刷することを実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

  • * MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® を使ってアプリケーションを開発するには、プログラミングの知識が必要です。
  • * 最新バージョンはPocket PC 2003 SE / Pocket PC 2003へは対応しておりません。Pocket PC 2003 SE / Pocket PC 2003用のSDKについては、下記のPocket PC 2003 SE / Pocket PC 2003 をご覧ください。

構成

MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® は、ライブラリ、ドキュメント、サンプルプロジェクトで構成されています。

動作環境

開発環境

Microsoft® Visual C++® 2005、または、Microsoft® Visual C++® 2008が動作する環境

  • * MPrint PocketJet SDK for Windows Mobile® には、開発環境は含まれておりません。Microsoft社のダウンロードサイトより必要な開発環境をダウンロード(Windows Mobile® 5.0 SDK他)してください。
    別途、プログラミングのための開発環境(Visual C++® 2005が含まれるVisual Studio® 2005、または Visual C++ ® 2008が含まれるVisual Stadio® 2008)を購入していただく必要があります。

対応ホスト(PDA)

以下の環境に対応した端末

サポートOS Windows Mobile® 6 Professional / Windows Mobile® 6 Classic / Windows Mobile® 6 Standard / Windows Mobile® 5.0 / Windows® CE 5.0
開発言語 C++
  • * Microsoft® Visual C++® 2005、Visual C++® 2008で開発する場合、Windows Mobile® 5.0 SDKまたはWindows Mobile® 6 Professional SDK、Windows Mobile® 6 Standard SDK、Windows® CE standard SDKが別途必要です。
  • *
    Microsoft® Visual Studio® 2005、Visual C++® 2008で次の関数をご利用の場合、プロジェクトのプロパティを開き、「構成プロパティ」-「C/C++」-「言語」の「wchar_tをビルトイン型として扱う」を「いいえ(/Zc:wchar_t-)」に設定してください。
    • . mpLoadBitmap
    • . mpLoadJpeg
    • . mpLoadPng
  • * MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® の対応製品については、MPrint製品サイト(MW-260MW-140BTMW-120MW-100e )にて公開しております。各ホスト固有の問題については、各ホストの製造業者へお問い合わせください。
  • * MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® は、.NET Compact Frameworkには対応しておりません。.NET Compact Framework環境はMicrosoft® .NET Compact Framework向け開発環境 をご覧ください。
  • * Windows® CE 5.0は、端末ごとに大きな差異がありますので、全て対応していることを保証するものではありません。別途お問い合わせください。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260
  • MW-145BT、MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-140BT、MW-120、MW-120 TypeF、MW-100e

PocketJetシリーズ

  • PJ-663、PJ-623、PJ-560、PJ-520

RJシリーズ

  • RJ-4040、RJ-4030

TDシリーズ

  • TD-2130N/2130NSA

動作確認モデル

本SDKは下記のモデルで動作確認を行いました。

Microsoft® Windows Mobile® 6.x Professional / 6.x Classic / 6.x Standard搭載モデル

NTT DoCoMo T-01A、NTT DoCoMo HT-02A、WILLCOM 03、SoftBank X01T、NTT DoCoMo F1100、SoftBank X02HT

Microsoft® Windows Mobile® 5.0搭載モデル

NTT DoCoMo hTc Z、SoftBank X01HT、iPAQ hx2410、Dell X51V

Microsoft® Windows® CE 5.0搭載モデル

CASIO DT-5200、Pocket@iEX

  • * X01Tでは、USBの印刷が不安定な現象があります。
  • * DT-5200では、Bluetoothを使ってPocketJetシリーズへ印刷すると、最後の数ドットラインが印刷できない現象があります。

更新情報

バージョン情報

  • 2013-04-12 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.4.1.0 に更新
  • 2012-02-27 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.4.0.0 に更新
  • 2011-04-19 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.3.2.1 に更新
  • 2010-03-09 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.3.1.1 に更新
  • 2009-09-03 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.3.0.1 に更新
  • 2009-07-09 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.3.0 に更新
  • 2008-08-26 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.2.4 に更新
  • 2008-04-01 MPrint & PocketJet SDK for Windows Mobile® Ver.2.3 に更新および改称
  • 2007-07-06 MPrint SDK for Pocket PC 2003 / Windows Mobile® 5.0 Ver.2.2 に更新
  • 2007-04-23 MPrint SDK for Pocket PC 2003 / Windows Mobile® 5.0 Ver.2.1.1 に更新
  • 2006-04-19 MPrint SDK for Pocket PC 2003 / Windows Mobile® 5.0 Ver.1.5 に更新
  • 2003-11-19 MPrint SDK for Pocket PC 2003 Ver.1.4 を新規公開

アプリケーションの更新方法

最新版のライブラリを使い、再コンパイルしてください。

前バージョンからの変更点

  • TD-2130N/2130NSAに対応しました。

Pocket PC 2003 SE / Pocket PC 2003

MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® Ver.2.3

MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® は、お客様がお使いのPDA (Pocket PC 2003 SE または Pocket PC 2003 搭載機) からMPrintシリーズを使って印刷することを簡単に実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

構成

MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® は、ライブラリ、ドキュメント、サンプルプロジェクトで構成されています。

動作環境

開発環境

Microsoft® eMbedded Visual C++® 4.0(SP2以降)、または、Microsoft® Visual C++® 2005 が動作する環境

  • * MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® には、開発環境は含まれておりません。Microsoft社のダウンロードサイトより必要な開発環境をダウンロード(Microsoft® eMbedded Visual C++® 4.0(SP2以降)および、Pocket PC 2003 SDK)してください。
    別途、プログラミングのための開発環境(Visual C++® 2005が含まれるVisual Stadio® 2005)してください。

対応ホスト(PDA)

Microsoft® eMbedded Visual C++® 4.0(SP2以降)の場合

サポートCPU StrongARM®
サポートOS Windows Mobile® 2003 Software for Pocket PC / Windows Mobile® 2003 Second Edition Software for Pocket PC
開発言語 C++

Microsoft® Visual C++® 2005 の場合

サポートCPU StrongARM®
サポートOS Windows Mobile® Windows Mobile® 6 Professional / Windows Mobile® 6 Classic / Windows Mobile® 5.0 / 2003 Second Edition Software for Pocket PC / Windows Mobile® 2003 Software for Pocket PC
開発言語 C++
  • * Microsoft® eMbedded Visual C++® 4.0 (SP2以降)で開発する場合、Pocket PC 2003 SDK が別途必要です。
  • * Microsoft® Visual C++® 2005で開発する場合、Windows Mobile® 5.0 SDKが別途必要です。
  • *
    Visual Studio® 2005で次の関数をご利用の場合、プロジェクトのプロパティを開き、「構成プロパティ」-「C/C++」-「言語」の「wchar_tをビルトイン型として扱う」を「いいえ(/Zc:wchar_t-)」に設定してください。
    • . mpLoadBitmap
    • . mpLoadJpeg
    • . mpLoadPng
  • * MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® の対応製品については、MPrint製品サイト(MW-260MW-140BTMW-120MW-100e )にて公開しております。各ホスト固有の問題については、各ホストの製造業者へお問い合わせください。
  • * MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® は、.NET Compact Frameworkには対応しておりません。.NET Compact Framework環境はMicrosoft® .NET Compact Framework向け開発環境 をご覧ください。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-260
  • MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-140BT、MW-120、MW-120 TypeF、MW-100e

動作確認モデル

本SDKは下記のモデルで動作確認を行いました。

Microsoft® Windows Mobile® 2003 Software for Pocket PC搭載モデル

iPAQ h2210、iPAQ h1937

Microsoft® Windows Mobile® 2003 Second Edition Software for Pocket PC搭載モデル

iPAQ hx2410、Pocket LOOX v70、Genio e830、Vodafone VPx

Microsoft® Windows Mobile® 5.0搭載モデル

iPAQ hx2410、iPAQ hx2750、SoftBank X01HT、NTT DoCoMo hTc Z、WILLCOM W-ZERO3[es]

Microsoft® Windows Mobile® 6 Professional / 6 Classic搭載モデル

SoftBank X01T、WILLCOM Advanced/W-ZERO3[es]

更新情報

バージョン情報

  • 2008-04-01 MPrint SDK for Pocket Windows Mobile® Ver.2.3 更新および改称
  • 2007-07-06 MPrint SDK for Pocket PC 2003 / Windows Mobile® 5.0 Ver.2.2 更新
  • 2007-04-23 MPrint SDK for Pocket PC 2003 / Windows Mobile® 5.0 Ver.2.1.1 更新
  • 2006-04-19 MPrint SDK for Pocket PC 2003 / Windows Mobile® 5.0 Ver.1.5 更新
  • 2003-11-19 MPrint SDK for Pocket PC 2003 Ver.1.4 新規公開

アプリケーションの更新方法

最新版のライブラリを使い、再コンパイルしてください。

前バージョンからの変更点

  • Microsoft® Windows Mobile® 6 Professional / Windos Mobile® 6 Classic に対応しました。
  • バグ修正を行いました。

Pocket PC / Pocket PC 2002

MPrint SDK for PocketPC Ver.1.31

MPrint SDK for PocketPCは、お客様がお使いのPDA (Pocket PC/Pocket PC 2002搭載機) から、当社製品のMPrintへ印刷することを実現するためのツールです。
お客様がすでにお使いのアプリケーションに当社製品から印刷する機能を組み込むことができます。

  • * MPrint SDK for PocketPCを使ってアプリケーションを開発するには、プログラミングの知識が必要です。

構成

MPrint SDK for PocketPCは、ライブラリ、ドキュメント、サンプルプロジェクトで構成されています。

動作環境

開発環境

Microsoft® eMbedded Visual Tools 3.0、または、Pocket PC 2002 SDKが動作する環境

  • * MPrint SDK for PocketPCには、開発環境は含まれておりません。Microsoft社のダウンロードサイトより必要な開発環境をダウンロード(Microsoft® eMbedded Visual Tools 3.0 および、Pocket PC 2002 SDK)してください。

対応ホスト(PDA)のOS

以下の環境に対応した端末

  • Microsoft® Pocket PC
  • Microsoft® Pocket PC 2002
  • * MPrint SDK for PocketPCの対応製品については、MPrint製品サイト(MW-260MW-140BTMW-120MW-100e )にて公開しております。各ホスト固有の問題については、各ホストの製造業者へお問い合わせください。
  • * MPrint SDK for PocketPCは、Microsoft® Windows® CE3.0には対応しておりません。

対応製品

MPrintシリーズ

  • MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-140BT、MW-120、MW-120 TypeF、MW-100e

更新情報

バージョン情報

  • 2003-09-16 MPrint SDK for PocketPC Ver.1.31 に更新
  • 2003-03-10 MPrint SDK for PocketPC Ver.1.3 に更新
  • 2002-08-09 MPrint SDK for PocketPC Ver.1.2 公開

アプリケーションの更新方法

最新版のライブラリを使い、再コンパイルしてください。

前バージョンからの変更点

  • MW-140BT/MW-140BT TypeEに対応しました。
  • USBドライバーを再配布しやすいようにしました(Ver.1.3以前で作成されたプログラムには影響ありません)
  • バグ修正を行いました。

モバイル開発ツールダウンロード

モバイル開発ツール情報

開発サポート情報

製品情報

関連情報

このページをシェアする