転送マネジャー

概要

Mprint シリーズ開発者/ 管理者向けアプリケーションです。あらかじめ PC を接続し、転送マネジャーはモバイルプリンターと PC との間でのデータ転送を簡単に実行/ 管理するアプリケーションです。
印刷するデータをプリンター内の ROM にデータを保存することができ、よく印刷する印刷データ(例えば企業のロゴ)を持つことにより、次のようなメリットがあります。

  • ホスト側の負担を減らし、少ないプログラムや ESC/P コマンドで、イメージを印刷することができます。
  • ロジックを簡単にして、プログラムを作成することができます。
  • イメージデータとして独立しているので、ロゴの変更などの管理が簡単です。

以下のような場合にお勧めです。

  • 企業のロゴを印刷したい。
  • いつも決まった印刷フォーマットを使っている。
  • どのプリンターから印刷したのか ID をつけたい。
  • 注) MW-260 は製品 CD に収録されているバージョンをお使いください。

転送マネジャー

利用方法

本ツールは Windows® OS 搭載 PC 用アプリケーションです。
転送マネジャーを利用するには、転送マネジャー以外に、プリンタードライバーが必要です。PCとプリンターは、USBで接続します。
利用方法については、MPrint におけるビットマップ画像印刷方法についてをご覧ください。

動作環境

対応ホスト

以下の環境のいずれかがインストールされたPC

対応OS Microsoft® Windows® 98SE/Me/
2000 Professional/XP
ハードディスク空き容量 10MB以上
インターフェイス USB

対応モデル

  • MW-120/ 120 TypeF
  • MW-140BT TypeE/ TypeF

更新履歴

  • 2003-11-11 転送マネジャー Ver.1.01 公開
  • 2003-03-10 転送マネジャー Ver.1.0 公開

ダウンロード

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする