MPrint P-touch Template コマンドリファレンス

概要

MPrint P-touch Template コマンドを使用すれば、簡単に綺麗な帳票を印刷することが可能です。
あらかじめプリンター側に「テンプレート」という形でフォーマットを保存し、ホスト機器側からは解析するルールに従ってデータを送信するだけで印刷します。
テンプレートは、可変部分と固定部分で構成され、可変部分はテキスト(文字)または、バーコードや2次元コードとして設定可能です。
詳細は、MPrint MW-260 テンプレート印刷機能による帳票作成 [PDF/328KB][PDF]をご覧ください。

注)

  • このコマンドリファレンスでは、ホスト機器側に依存する部分についての説明はありません、ご了承ください。
  • データ送信を作成できるプログラミング知識をお持ちの方へお勧めします。

MPrint P-touch Template コマンドリファレンス

構成

圧縮ファイルを解凍後、以下3つのファイルを確認してください。

  • cv_mw145bt_jp_ptemp_v312.pdf
  • P-touch Template Settings.exe
  • ptfilo.dll

注)

  • "cv_mw145bt_jp_ptemp_v312.pdf" はドキュメントで、データ形式はPDFファイルです。
  • "P-touch Template Settings.exe" は、P-touch Template のプリンター設定を行うツールです。
  • "ptfilo.dll" は、"P-touch Template Settings.exe" の実行に必要なファイルで、同一フォルダーにおいて実行してください。

動作環境

コマンドリファレンスのデータ形式はPDFファイルです。

対応ホスト

以下の環境のいずれかがインストールされたPC

対応OS MMicrosoft® Windows® 2000 Professional、
XP、7(x86/x64)
Windows® Vista(x86/x64)

PDF ファイルのドキュメントを参考に作成したP-touch Template コマンドは、O Sには依存しません。
IrDA (赤外線)、Bluetooth、または、USB で、プリンターと接続し、作成したデータを転送できる必要があります。
ただし、MW-145BT は USB、または、Bluetooth 接続のみで、IrDA(赤外線)接続はありません。

対応モデル

  • MW-145BT
  • MW-260

更新履歴

  • 2010-09-30 P-touch Template コマンドリファレンス Ver.3.1.2 公開
  • 2010-05-18 P-touch Template コマンドリファレンス Ver.3.1.1 公開
  • 2008-02-22 P-touch Template コマンドリファレンス Ver.1.0 公開

ダウンロード

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする