MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス

概要

ESC/P 準拠のコマンドリファレンスを使うことで、アプリケーション開発が容易になり、開発期間・開発コストを削減できます。
コマンドデータ量が少ないため、通信・制御時間を抑えて、印刷の高速化を行うことができ、処理能力の低いデバイスや携帯電話などからも印刷することが可能です。

すでにESC/P コマンドで作成されたプログラムがある場合、既存の資産を有効に活用することができます。
MPrint MW-260、MW-140BT TypeE、MW-140BT TypeF、MW-120、MW-120 TypeF では、バーコードフォントを内蔵しているので、簡単なプログラムでバーコードを印刷することができます。
MW-260、MW-145BT、MW-140BT TypeF、MW-120 TypeF、EAN128、QRコード、PDF417 の各コードが追加されました。

  • 注) ESC/P コマンドを使用する場合、データ受信は 30KByte までです。
    ただし、内部データの処理によっては、30KByte 以下のデータでも受信できないことがあります。

MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス

構成

コマンドリファレンスのデータ形式はPDFファイルです。

対応モデル

  • MW-120/ 120 TypeF
  • MW-140BT TypeE/ 140BT TypeF
  • MW-145BT
  • MW-260

更新履歴

  • 2010-09-30 MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス Ver.3.1.2 公開
  • 2010-05-18 MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス Ver.3.1.1 公開
  • 2007-05-30 MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス Ver.1.04 公開
  • 2005-10-30 MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス Ver.1.03 公開
  • 2004-11-13 MPrint ESC/P 準拠 コマンドリファレンス Ver.1.01 に統合し、名称変更
  • 2003-03-10 MW-120 ESC/P 準拠 コマンドリファレンス Ver.1.00 公開

ダウンロード

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする