使用方法

b-PACを使用してラベル印刷プログラムを作成するには、開発するPCに

  • b-PAC SDK
  • 出力するプリンタードライバー
  • 開発環境
  • P-touch Editor(ラベルテンプレートファイルを作成、修正するため)

がインストールされていることが必要です。

クライアントPCに再配布する場合

作成したプログラムを、クライアントPCに再配布する際は、クライアントPCに

  • b-PACコンポーネント
  • 出力するプリンタードライバー

がインストールされている必要があります。
また、ラベルテンプレートファイルも必要です(ファイル共有サーバーに格納しても使用できます)。
「b-PAC SDK Ver.3.0 」そのものを再配布することはできませんのでご注意ください。
再配布の方法についての詳細は、b-PAC SDK Ver.3.0 ドキュメントをご参照ください。

RL-700S以外の製品をご使用の場合

下記に基本的な作成手順を示します。ここでは固定資産管理ラベルを作成するものとします。

作成手順

  1. 1. ラベルプリンターのプリンタードライバーをインストールします。
  2. 2. b-PACをダウンロードし、インストールします。
  3. 3. ラベルプリンターに標準添付のP-touch Editorでテンプレートファイル(ラベルレイアウトファイル)を作成 します。
  4. 4. アプリケーションを作成します。(以下はb-PAC SDK Ver.3.0での作成例。ただしVisioプラグインを除く)
RL-700S以外の固定資産管理ラベル印刷イメージ

RL-700Sをご使用の場合

下記に基本的な作成手順を示します。ここではネームプレートを作成するものとします。

作成手順

  1. 1. RL-700Sのプリンタードライバーをインストールします。
  2. 2. b-PAC3をダウンロードし、インストールします。
  3. 3. RL-700Sに標準添付のP-touch Editorでテンプレートファイル(ラベルレイアウトファイル)を作成 します。
  4. 4. アプリケーションを作成します。(以下はb-PAC SDK Ver.3.0での作成例)
RL-700Sの固定資産管理ラベル印刷イメージ

ラベルプリンター 導入事例

ピンゴルフジャパン株式会社様
ピンゴルフジャパン株式会社様
  • 作業効率改善
  • 飲食・小売
  • 従業員数70名
株式会社福山臨床検査センター様
株式会社福山臨床検査センター様
  • 作業効率改善
  • 医療・福祉
  • 従業員数389名

小規模オフィス、営業所、店舗、学校、工場、ホテルなどでの導入事例をご紹介

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

スペシャルサイト

このページをシェアする