RL-700S(ICタグラベルプリンター)ご使用のお客様へ

ICタグラベルプリンター P-touch R RL-700Sについて

PT-9500pcの印字機能そのままに、ICタグラベル(SZテープ)でのデータ書き込み、データ読み込み機能を搭載し、さらに本体右側に、発行済みのICタグラベルのリーダー・ライターを装備。本体1台で、プリンター・リーダー/ライター両方の機能をお使いいただけます。今話題のICタグを身近なところで使用して、さまざまな管理の効率化、煩雑な情報の整理ツールとしてご利用いただけます。もちろん従来のTZテープはそのままご利用いただけます。

RL-700S SDKについて

RL-700S SDKは、ICタグプリンターP-touch R RL-700S専用のSDKで、ICタグのデータ書き込み、読み取りのメソッドが含まれています。従来のRL-700Sユーザー様には、このRL-700S SDKに、b-PAC SDK Ver.2.0のラベル印刷メソッドを組み合わせてご利用いただいていました。(RL-700S SDKをインストールすると、b-PAC SDK Ver.1.5.6もインストールされる仕組みになっていました)

新しく公開されたb-PAC SDK Ver.3.0では、RL-700S SDKに相当するICタグのデータ書き込み、読み取りを行えるメソッドが含まれていますので、従来のように専用のSDKを使用することなく、b-PAC SDK Ver.3.0を使えば、ICタグのデータ書き込み、読み取りを含むRL-700Sの制御が可能になりました。

これからSDKを使って新たにシステムを作成するときは、b-PAC SDK Ver.3.0をご利用ください。

従来RL-700S SDKをご利用のお客様は、b-PAC SDK Ver.3.0にバージョンアップするときは、RL-700S SDKとb-PAC SDK Ver.2.0をアンインストールして、b-PAC SDK Ver.3.0をインストールしてください。b-PAC SDK Ver.3.0ではRL-700Sで使用可能なメソッドが追加され、従来のRL-700S SDK使用時よりきめ細かい制御が可能になっています。

  • * これらb-PAC SDK Ver.3.0での新機能を使用するには、従来のプログラム部分をb-PAC SDK Ver.3.0のメソッドに書き換える必要がありますのでご注意ください。

ラベルプリンター 導入事例

ピンゴルフジャパン株式会社様
ピンゴルフジャパン株式会社様
  • 作業効率改善
  • 飲食・小売
  • 従業員数70名
株式会社福山臨床検査センター様
株式会社福山臨床検査センター様
  • 作業効率改善
  • 医療・福祉
  • 従業員数389名

小規模オフィス、営業所、店舗、学校、工場、ホテルなどでの導入事例をご紹介

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

スペシャルサイト

このページをシェアする