よくある質問

よくある質問
購入前のよくある質問
何が切れるの?
紙(コピー用紙やスクラップブッキング用紙・カードストック・ボール紙)、布(コットン地・フェルト・デニム)、プラスチックシート、カッティングシートなどの素材をカットできます。
最大カット範囲は?
一度にカットできるのは、最大296×603mmまでです。A3・B4・八つ切りサイズはセットできます。
※別売の12×24インチ(305mm×610mm)サイズのマットを使用した場合。
カットできるデータの最小は?
タテ・ヨコのどちらかが2mmサイズまでです。
※ただし模様が細かすぎる場合、うまく切れないこともございます。必ず試し切りをしてご確認をしていただく必要がございます。
どのくらいの厚さまで切れるの?
紙なら0.1~0.3mm、布なら0.2~1.5mmまでの厚さに対応しています。
※素材によって切れないこともございます。必ず、試し切りをしてご確認いただく必要がございます。
機械の操作に自信がありません。操作は簡単?
パソコンを使わずに、本体に付いている液晶画面をタッチしていくだけで操作は簡単です。操作早見表をご用意しておりますので、機械が苦手な方でも、安心して作業できます。
操作早見表はこちら
ハーフカットできる?
刃の出し量と圧力を調整することで、ハーフカットが出来ます。
同じ模様を大量にカットできる?
カッティングマットの範囲で、同じ模様をいくつもコピーでき、更に効率良く並べて切ることができます。
フェルトや皮・合皮はカットできる?
厚さ1mm程度であればカットが可能です。通常の「カッティングマット」の他に、アクセサリーの「布用サポートシート」や「アイロン接着シート」を使います。また刃の出し量とカット圧を調整します。
※数値はあくまで目安ですので、必ず試し切りをしてご確認いただく必要がございます。
消耗品は何がいるの?
カットする素材に合わせた「刃」と「カッティングマット」が必要です。
交換頻度については、切る素材や使用頻度で変わってきます。
イラストレーターで作ったデータは使えるの?
イラストレーターなどのベクターデータを「SVG」形式で保存し、スキャンカット本体へ読み込ませてカットできます。
また、無料WEBアプリスキャンカットキャンバスを使うと、SVGファイルを取り込んで細かい編集も可能です。

購入後のよくある質問
以下のページに詳しく掲載しております。

このページをシェアする