ブラザーホーム ニュースリリース 2014年 10月28日 コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO S1000X1 新発売

2014年ニュースリリース

主軸30番マシンで大型部品加工が可能に
コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO(スピーディオ)」S1000X1 新発売

2014年10月28日

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)は、加工エリアを大幅に拡張したコンパクトマシニングセンタ SPEEDIO S1000X1を10月30日から発売します。

SPEEDIO S1000X1

コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO S1000X1

コンパクトマシニングセンタ
発売日 2014年10月30日
標準価格*1 854万円(本体価格:790万円)

製品情報のページへ

当社は、工作機械「CNCタッピングセンタ」シリーズを1985年から発売しており、自動車、IT業界などの部品加工において高い支持をいただいております。

SPEEDIO S1000X1は、X軸、Y軸の移動量と加工エリアを拡張することにより、従来の主軸30番マシンでは対応できなかった大型部品の加工ができるため、自動車業界や一般機械業界など、特に大型部品の量産加工分野においても生産性向上に貢献します。

SPEEDIO S1000X1の特長

【加工エリアの拡張】X軸ストローク:1,000mm Y軸ストローク:500mm

X軸移動量:1,000mm、Y軸移動量:500mmと、従来の主軸30番マシンの領域を超えた加工エリアを実現。さらに、テーブルサイズも幅1,100mm、奥行き500mmに拡張し、テーブルの最大積載質量は400Kgまで対応可能になったため、従来の主軸30番マシンには載せることができなかった大型部品も加工できるようになりました。

【高生産性】工具交換時間、Tool to Tool:0.8秒、Chip to Chip:1.4秒

自社開発の数値制御装置による同時動作制御と高加速度主軸モーターの採用により、同等移動量のマシニングセンタと比べて、工具交換時間を大幅に短縮できます。大型部品の加工領域においても、SPEEDIOによる高い生産性を実現します。

【高信頼性】山型テレスコカバー*2(X、Y軸)の採用、チップシャワー流量の倍増

加工エリアの拡大に伴う切粉の滞留対策として、X、Y軸には切粉が流れやすい山型テレスコカバーを採用。さらにポンプの見直しやノズルの増加などにより、他のSPEEDIOシリーズと比べてチップシャワー流量が倍増しました。

【高い環境性能】一般的なマシニングセンタ比、消費電力量80%*3削減

従来のSPEEDIOシリーズ同様、主軸モーターには高効率モーターを採用し、サーボモーターには減速時の運動エネルギーを再利用する電源回生技術を取り入れるなど、省エネルギーを実現しています。さらに、同等移動量のマシニングセンタと比べて、一つの部品を加工する為に必要な消費電力量を約80%削減することが可能です。

  • *1: S1000X1の税込本体価格。( )内は税抜本体価格。
  • *2: テーブルを移動させる摺動面を、切削油や切粉から保護するためのカバー。
  • *3: 当社用意の加工プログラムでの比較になります。

<お客様 お問い合わせ先>

ブラザー工業株式会社  マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー  産業機器営業部  五島、子安
TEL : 0566-95-0075  FAX : 0566-25-3721

<報道関係 お問い合わせ先>

ブラザー工業株式会社  マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー  産業機器営業部  内山、岡部
TEL : 0566-95-0075  FAX : 0566-25-3721