ブラザーホーム ニュースリリース 2014年 1月10日 コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO R450X1 新発売

2014年ニュースリリース

パレットチェンジャー標準搭載モデル
コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO(スピーディオ)」R450X1 新発売

2014年1月10日

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)は、新ブランドSPEEDIOシリーズの第3弾として、パレットチェンジャーを標準搭載したコンパクトマシニングセンタSPEEDIO R450X1を本日より発売します。

SPEEDIO R450X1

コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO R450X1

コンパクトマシニングセンタ
発売日 2014年1月10日
標準価格*(本体価格) 840万円(800万円)

製品情報のページへ

当社は、小型CNC工作機械を1985年から発売しており、自動車、二輪車などの部品加工において高い支持をいただいております。

本日新発売のSPEEDIO R450X1は、高速2面パレットチェンジャー標準搭載による高い生産性を実現するとともに、工具収納本数22本の新型マガジン搭載や治具エリアの拡大により、自動車部品、二輪車部品、一般機械部品などの量産部品加工において、さらなる生産効率向上に貢献します。

SPEEDIO R450X1の特長

【新型マガジン搭載】工具収納本数14本⇒22本

従来の工具収納本数14本のマガジン仕様に加え、22本の新型マガジン仕様を新たに追加しました。これにより2面パレットを生かした工程集約がしやすくなります。2工程を1台の機械に集約することにより、ラインバランスの改善、最適な設備投資など生産効率をさらに向上させることができます。

【治具エリアを拡大】治具高さ 最大350mm、積載質量 最大200kg(片面)

治具高さは標準300mmから最大350mmまで、積載質量は標準120kgから最大200kg(片面)まで対応できるようになったため、より大きな治具の搭載が可能になります。また、X軸ストロークも従来機と比べて30mm拡大し450mmになりました。
治具エリア、ストロークを拡大する一方で、設置面積は従来機とほぼ同等のため、省スペースのまま、より大きな部品を加工できるようになりました。

【充実したNC機能】新型制御装置「CNC-C00」搭載

NC制御装置の刷新により、ショートカットキーの追加など操作性の向上、メンテナンス機能の充実、周辺機器制御対応やネットワーク機能の強化など、操作/保守面においてNC機能を格段に向上させています。また、パレットチェンジャーをより使いやすくする機能も搭載しています。これらの多彩な機能により、生産現場での作業効率・稼働率アップに貢献します。

【生産性と切削力の向上】非切削時間:12%短縮、機械剛性:15%向上

サーボの応答性の向上などにより、従来に比べ、非切削時間を約12%削減し、さらに高い生産性を実現しています。また、X軸の剛性を約15%、Z軸の剛性を約10%高めるとともに、新たな補正機能などにより真円加工精度が約30%改善するなど加工精度も向上しました。

  • *:   主軸回転速度10,000回転/分、14本ツール仕様の税込価格。主軸回転速度16,000回転/分、同10,000回転/分の高トルク仕様、22本ツール仕様も選択可能。

<お客様 お問い合わせ先>

ブラザー工業株式会社  マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー  産業機器営業部  野村
TEL : 0566-95-0075  FAX : 0566-25-3721

<報道関係 お問い合わせ先>

ブラザー工業株式会社  マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー  産業機器営業部  岡部
TEL : 0566-95-0075  FAX : 0566-25-3721