2015年ニュースリリース

大型パレットチェンジャー搭載により、大型部品の加工から中型部品の多数個取り加工も可能
コンパクトマシニングセンタ スピーディオ 「R650X1」 新発売

2015年5月13日

ブラザー工業株式会社

スピーディオ「R650X1」の主な特長

1. 加工エリアの拡大

X軸移動量:650mm、Y軸移動量:400mmと加工エリアを大幅に拡大しています。また、新開発の大型高速2面パレットチェンジャーの搭載により、作業面の大きさ(片側)を幅800mm、奥行400mmに広げ、最大積載質量(片側)も300kgまで可能。一般的なパレットチェンジャー標準搭載の主軸30番マシンでは対応できなかった大型部品も加工できるようになりました。

移動量

X軸:650mm Y軸:400mm

作業面の大きさ(片側)

幅:800mm 奥行:400mm

最大積載質量(片側)

300kg

加工エリアの拡大

2.治具エリアの拡大

治具高さを420mmまで拡張できる低床テーブル仕様を用意。
オプションの選択で、テーブル旋回径をφ1,300mmまで拡張できます。従来のパレットチャンジャー標準搭載の主軸30番マシンでは搭載できなかった大型ゆりかご治具や2連チルトインデックスも搭載可能になり、生産ラインでの工程集約、高効率生産を促進します。

大物ゆりかご治具搭載事例

大物ゆりかご治具搭載事例

3.高生産性

主軸30番マシンの軽量・低慣性の特長を生かすとともに、自社開発の数値制御装置(NC)搭載により、高い生産性を発揮します。
工具交換動作においては、自社開発数値制御装置(NC)の最適化制御により、工具交換動作と同時に全ての軸(X・Y・Z)を動作させることができ、ムダ動作・ムダ時間を大幅に削減します。特に、割出に時間がかかる大型インデックス治具などに効果的です。
このような同時動作に加え、主軸の回転停止時間の短縮、マガジン動作の最適化などにより、主軸30番カテゴリートップレベルである工具交換時間Tool to Tool:0.8秒、Chip to Chip:1.6秒*を達成しています。

  • *: 14本ツールマガジン仕様の場合になります。
同時動作イメージ

同時動作イメージ

4.高い環境性能

高効率主軸モーターの採用に加えて、サーボモーターが減速する際に発生する発電エネルギーを再利用する電源回生技術や、LED機内灯・省エネタイプのクーラントポンプを採用。さらに、自動画面消去といった省エネに関する機能など、積極的に環境技術を搭載することにより、一般的なマシニングセンタと比較してはるかに低い消費電力化を実現しています。

クーラントポンプ

お客様 お問い合わせ先

ブラザー工業株式会社
マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー
産業機器営業部
五島、子安
TEL: 0566-95-0075
FAX: 0566-25-3721

報道関係 お問い合わせ先

ブラザー工業株式会社
マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー
産業機器営業部
内山、岡部
TEL: 0566-95-0075
FAX: 0566-25-3721

  • ブラザーコミュニケーションスペース(展示館)
  • ブラザー東京ショールーム