2015年ニュースリリース

映像の見やすさと使いやすさ、自然な装着感を実現した業務用ヘッドマウントディスプレー
「AiRScouter(エアスカウター)」の次世代モデルを開発

2015年1月7日

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)では2012年6月より国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:片山俊介)を通じて「AiRScouter WD-100G/100A」を販売していますが、今般さらなる映像の見やすさと使いやすさ、自然な装着感を実現した次世代モデルを開発いたしました。

次世代モデル
次世代モデル装着

本製品を2015年1月14日(水)から16日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「ウェアラブルEXPO」に参考出品いたします。

< 第1回 ウェアラブルEXPO ~装着型デバイス技術展~ >
開催日時

2015年1月14日(水)~16日(金)

開催場所

東京ビッグサイト 東2ホール  ブース番号:東16-33

次世代モデルの特長

1. 高解像度とピント調整機能により、さらなる映像の見やすさを実現

映像の細部まで確認可能な1,280×720ピクセルの高解像度と、焦点距離を変更できるピント調整機能により、さらなる映像の見やすさを実現。業務内容や環境に合わせて快適に作業することができます。

2. 汎用性の高いインターフェースを備え、さまざまな機器に接続が可能

映像入力用のインターフェースとしてHDMI端子とビデオ端子(コンポジット)を搭載。ケーブル一本で既存の機器と簡単に接続できるため、さまざまな用途でご利用いただけます。

HDMI コンポジットで接続

3.新開発のヘッドバンド方式により、ずれにくく自然な装着感を実現

独自のフレキシブル・アームとヘッドバンドを採用。ずれにくく自然な装着感を実現し、ディスプレーを用途に合わせて自由なポジションにしっかり固定できます。また、眼鏡やゴーグルの上からでもお使いいただけます。

新開発のヘッドバンド方式

用途概要

離れた場所からの教育やトレーニング、医療機器のサブモニターとしての利用、また、セキュリティ・メンテナンス業務など幅広い分野での活用展開を想定しています。画面を見ながら両手で作業ができ、情報を確認する際に大きく視線を動かす必要がないため、作業効率の向上やミスの防止に貢献します。

製品仕様

製品名

AiRScouter WD-200S(仮)

装着方式

フレキシブル・アーム付きヘッドバンド方式(現行モデル:メガネ型)

ディスプレー機能

サイズ

1m先に13インチ

画面解像度

1,280×720(現行モデル:800×600)

ピント調整機能

30cm~5m

ピント操作性

ダイヤル調整

画面透過性

透過型 / 非透過型 選択可

コントロールボックス

インターフェース

コンポジット、HDMI(現行モデル:USB2.0)

電源

内蔵バッテリー、ACアダプタ

寸法

ヘッドディスプレー

(W)70 x (D)35 x (H)26 mm

コントロールボックス

(W)115 x (D)83 x (H)28 mm

重量

ヘッドマウントユニット

約141g(ヘッドバンド、ヘッドディスプレー、ケーブル含む)
約35g(ヘッドディスプレーのみ)

コントロールボックス

約204g (内蔵バッテリー含む)

  • *: 仕様および外観は発表時のものであり、予告なく変更される可能性があります。
  • *: 現行モデル:AiRScouter WD-100G / 100A

参考情報:AiRScouter WD-100G / WD-100Aについて

2012年6月より業務用途向けに販売しているブラザー初のヘッドマウントディスプレー。視野を妨げることなく、ハンズフリーでディスプレーに表示された情報を確認できるので、さまざまなシーンで活用されています。

AiRScouter WD-100G

AiRScouter WD-100G

お客様 お問い合わせ先

ブラザー工業株式会社
E&I事業推進部
一色

報道関係 お問い合わせ先

ブラザー工業株式会社
コーポレートコミュニケーション部
伝宝
TEL: 052-824-2072
FAX: 052-811-6826

  • ブラザーコミュニケーションスペース(展示館)
  • ブラザー東京ショールーム