Language

用語集(環境)

英語(ABC順)

日本語(五十音順)

英語(ABC順)

BOD(生物化学的酸素要求量)

BODは、Biochemical Oxygen Demandの略称。
有機物による水の汚濁の程度を示す指標。水中の有機物質が好気性の微生物により酸化分解される過程で消費される酸素量(mg/l)のこと。

Brother Earth

※ブラザー用語

Brother Earth

ブラザーグループの環境活動を象徴するロゴとスローガン。
「よりよい地球環境を、あなたとともに。」を統一メッセージとして、ブラザーグループの環境活動を全世界に発信している(2010年制定)。

CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)

CDPは、本部を英国ロンドンに置く国際的なNPO。
2003年から機関投資家と連携し、世界の主要な企業に対して、気候変動に関する事業リスク、事業機会、温室効果ガス排出量等に関する情報開示を求め、収集した情報を評価し、その結果を公表している。

このページの先頭へ

CEPA(カナダ環境保護法)

CEPAは、Canadian Environmental Protection Actの略称。
カナダにおける、化学物質の評価と管理について規制する法律の一つ。化学物質や生物について、環境および環境経由の人に対する安全性を確保することを目的としている(1994年施行)。

COD(化学的酸素要求量)

CODは、Chemical Oxygen Demandの略称。
有機物による水の汚濁の程度を示す指標。水中の有機物が酸化剤(過マンガン酸カリウムまたは重クロム酸カリウム)により化学的に分解される過程で消費される酸素量(mg/l)のこと。

COP10

愛知県名古屋市で開催された生物多様性に関する条約の第10回締約国会議。COP10では「生物多様性条約戦略計画2011-2020(通称、愛知ターゲット)」が、生物多様性の喪失を抑止するための実効性のある緊急目標として採択された。

このページの先頭へ

e-ラーニング

インターネット(もしくはイントラネット)を使った学習・教育、トレーニング。

ErP指令(エネルギー関連製品のエコデザイン要件を設定する枠組み指令)

ErPは、Energy-related Productsの略称。
地球温暖化防止策として、EUで販売されるエアコンや冷蔵庫などの「エネルギー関連製品」に対し環境配慮設計の枠組みを設けた指令(2005年発効、2009年改正)。

FSC(森林管理協議会)

FSCは、Forest Stewardship Councilの略称。
森林管理を推進することを目的として、木材を生産する森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関。

このページの先頭へ

ISO 14001

ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)で定められた環境マネジメントシステムの国際規格(1996年発行)。

ISO 14064

ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)で定められた、組織やプロジェクトにおけるGHG(温室効果ガス)排出削減量の算定・報告・検証に関する国際規格(2006年発行)。

JIG(ジョイント・インダストリー・ガイドライン)

JIGは、Joint Industry Guide for Material Composition Declaration for Electronic Productsの略称。
電気・電子機器製品の含有化学物質情報開示に関する日米欧共通のガイドライン。化学物質の調査作業の効率化を目的としたもの(2005年発行)。

このページの先頭へ

LCA(ライフサイクルアセスメント)

LCAは、Life Cycle Assessmentの略称。
製品の原材料調達から、生産、流通、使用、廃棄に至るまでのライフサイクルにおける投入資源や環境負荷、およびそれらによる地球や生態系への潜在的な環境影響を定量的に評価する手法。

LRQA

LRQAは、Lloyd's Register Quality Assurance Limitedの略称。
品質・環境・安全衛生などの分野で審査業務を行う認証機関。温室効果ガスに関する妥当性確認・検証を実施している。

PRTR法(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律)

PRTRは、Pollutant Release and Transfer Register(環境汚染物質排出・移動登録)の略称。
PRTR法は、日本における法律の一つ。環境への排出量などの把握に関する措置(PRTR)ならびに、化学物質の性状および取り扱いに関する情報(SDS)の提供に関する措置などを講ずることで、事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止することを目的としている(1999年施行)。

このページの先頭へ

REACH規則(化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則)

REACHは、Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicalsの略称。
人の健康や環境保護のためにつくられた欧州における化学物質の総合的な登録・評価・認可・制限に関する規則(2007年施行)。

RoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令)

RoHSは、Restriction of Hazardous Substancesの略称。
電気・電子機器に含まれる有害物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE))の使用を原則禁止としたEU指令(2006年施行)。

SDS(安全データシート)

SDSは、Safety Data Sheetの略称。
事業者による化学物質の適切な管理の改善を促進するため、指定された化学物質やそれを含む製品を、他の事業者に譲渡または提供する際に、その化学物質の特性および取り扱いに関する情報を提供するための資料。
ブラザーグループでは、2014年6月現在、25カ国語で情報を提供している。

このページの先頭へ

SS(浮遊物質)

SSは、Suspended Solidsの略称。
水中に懸濁している不溶解性物質のことで、JIS(日本工業規格)では懸濁物質、環境基準や排水基準では浮遊物質といい、2mmのふるいを通過し1µmのろ過材上に残留する物質。

SVHC(高懸念物質)

SVHCは、Substances of Very High Concernの略称。
人の健康・環境に重大な影響を与える可能性がある高懸念物質。

TSCA(有害物質規制法)

TSCAは、Toxic Substances Control Actの略称。
人の健康または環境を損なう不当なリスクをもたらす化学物質および混合物を規制することを目的としたアメリカの法律(1976年施行)。

このページの先頭へ

UFP(超微粒子粉塵)

UFPは、Ultrafine Particleの略称。
直径0.1マイクロメートル(0.1mmの千分の一)以下の粒子。

WEEE指令(廃電気電子機器回収指令)

WEEEは、Waste Electrical and Electronic Equipmentの略称。
電気・電子機器の廃棄物を対象に、設計・分別回収・リサイクルの各段階で、加盟国・販売事業者・生産者などに義務を課しているEU指令(2003年施行)。

3PL(サードパーティーロジスティクス)

3PLは、Third Party Logisticsの略称。
荷主企業に代わって、最も効率的な物流戦略の企画立案や物流システムの構築提案を行い、かつ、それを包括的に受託して実行するアウトソーシングサービスのこと。

このページの先頭へ

日本語(五十音順)

エコデクラレーション(ECMA370)

ヨーロッパにおけるファクスや複合機などを含む家電製品の環境特性を公開するための統一されたフォーマットおよびシステム。複数の製品を比較する際に役立つ。

エミッション

主に大気中への排出または放出あるいは、放出されるもの。

環境会計

企業などが、持続可能な発展を目指して、事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位または物量単位)に測定し、伝達する仕組みのこと。

このページの先頭へ

環境情報システム

※ブラザー用語

ブラザーグループでは、お取引先(サプライヤー)各社と連携してブラザー独自の環境情報システムを構築し、製品に含まれる化学物質の調査・回避・管理に活用。この環境情報システムは、各国法規制に迅速に対応することを目的に改良を進めている。

環境マネジメントシステム

組織が、自主的に環境保全に関する取組を進めるにあたり、環境に関する方針や目標を自ら設定し、これらの達成に向けて取り組んでいくための体制・手続き等の仕組み。

グリーン調達

商品・サービスを購入する際に、その必要性を十分に考慮し、購入が必要な場合には、価格や品質だけではなく、できる限り環境への負荷が少ないものを優先的に購入することをグリーン購入といい、このような考え方に基づく商品・サービスの調達をグリーン調達という。

このページの先頭へ

クリック募金

※ブラザー用語

クリック募金は、ブラザーがステークホルダーとともに行う環境保全の取り組み。
支援したい活動を選んで募金ボタンをクリックすると、1クリックあたり1円をクリックしていただいた方に代わってブラザーが寄付。あなたの1クリックが、森林再生や砂漠化防止などにつながる。

ごみゼロ活動

※ブラザー用語

資源の有効利用・枯渇防止の一環として、「5R活動 」を徹底することで、ごみの発生抑制、排出量の削減、埋め立てごみゼロ(廃棄物の埋め立て率1%以下)を推進するブラザーグループの廃棄物削減活動。

循環型社会

天然資源の消費が抑制され、環境への負荷ができる限り低減された社会のこと。
以下の徹底によって、実現される。
第一段階:製品などが廃棄物になることを抑制する
第二段階:排出された廃棄物は、できる限り資源として利用する
第三段階:どうしても利用できない廃棄物は、適正に処分する

このページの先頭へ

スコープ1、スコープ2、スコープ3

スコープは、温室効果ガス排出量の算定と報告の基準。三つに分類する事で、重複する算定を最小化し、対象ガスの特定を可能にしている。
スコープ1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
スコープ2:他者から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
スコープ3:スコープ1、スコープ2以外の間接排出(事業者の活動に関連する他者の排出)

生物多様性

生物多様性とは、生きものたちの豊かな個性とつながりのこと。
1992年、リオ・デ・ジャネイロで締結された生物多様性条約では、生態系の多様性・種の多様性・遺伝子の多様性という3つのレベルで多様性があるとしている。

ソーシャルメディア

インターネット上のWebサービスの一種で、サービス利用者間で双方向のコミュニケーションを可能とするもの。

このページの先頭へ

タイプIラベル

第三者が一定の基準に基づいて環境保全に資する製品を認定する環境ラベル。
日本ではエコマーク 、ドイツではブルーエンジェルマークが知られている。

タイプIIラベル

事業者が自らの製品の環境情報を自己主張する環境ラベル。
ブラザー工業では「ブラザーグリーンラベル」制度を制定し運用。

タイプIIIラベル

ライフサイクルアセスメント(LCA)を基礎に製品の環境情報を定量的に表示する環境ラベル。
日本では、エコリーフプログラムとして社団法人産業環境管理協会が管理・運営。

このページの先頭へ

低待機電力技術「グリーンスタンバイ」

※ブラザー用語

待機電力(コンセントに接続された製品が、その動作を停止させた状態でも消費する電力)を、限りなくゼロに近づける技術。

名古屋議定書

2010年10月に愛知県名古屋市で開催された第10回締約国会議(COP10)にて採択された生物多様性条約の議定書。正式名称は、「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書」。生物多様性条約で定められたルールの適正な実施を確保する措置を規定している。

ノルマルヘキサン抽出物質

ノルマルヘキサン(溶剤などに広く使用されている揮発性の液体)により、抽出される不揮発性物質の総称。鉱油類や動植物油脂類といった水中の油分量(mg/L)などを表わす指標として用いられる。

このページの先頭へ

ブラザーエコポイント活動

※ブラザー用語

従業員の環境意識を向上させることが地球温暖化防止にもつながるという考えのもと、従業員やその家族による環境配慮行動や、お客様からの使用済み消耗品の回収などにポイントを付与し、たまったポイントに応じてブラザーがさまざまな環境貢献活動を実施するというもの。

ブラザーグリーンラベル

※ブラザー用語

ブラザー独自の環境ラベル「ブラザーグリーンラベル」制度。ブラザー工業株式会社では、製品における環境配慮について、自主基準(ブラザーグリーンラベル基準)を満たす製品にラベルを付与している(2001年10月より運用、2007年2月改訂)。

プロポジション65(1986年安全飲料水および有害物質施行法)

人体や飲料水を有害な化学物質から守ることを目的とし、米国カリフォルニア州で制定された法律。州には少なくとも年1回の有害物質のリスト提示を、製造者には、リストに収載された有害物質を含有する場合には表示を義務付けている(1986年施行)。

このページの先頭へ

ポストコンシューマー材

消費者に渡って回収された製品から作られる再生材料のこと。

マイルストーン

プロジェクト管理における進捗の目安として、厳守したい日程や節目のこと。重要で大きな目標を確実に管理するために設定する。

膜分離活性汚泥方式

下水や工場排水の浄化を行う「活性汚泥法」の一種。処理された水と活性汚泥との分離を、ろ過膜を使って行う。

このページの先頭へ

リペレット

廃プラスチックを溶かし、再び原料として利用できるよう、3~5mm程度の粒状にしたもの。