猫と一緒にお住まいのお客様へ 家庭用ファクスにおける無償点検のお知らせ

Language

事業所の環境負荷削減

水利用量削減

世界各地域での水利用量の削減

新たに削減目標を設定して取り組みを強化

安全な水資源の確保は、世界の環境問題の重要課題の一つです。ブラザーグループは、多くの国と地域に生産拠点を持つ企業の責務として、節水に努めています。「ブラザーグループ中期環境行動計画2015」(2011~2015) の中では、「2015年度の水利用量を2010年度比で5%削減する(売上高原単位比)」という目標を設定し、達成に向けたさまざまな取り組みを展開しました。

ブラザーグループの2015年度の活動実績

2015年度はブラザー インダストリーズ(フィリピン)、ブラザーインダストリーズ(ベトナム)Ltd.における生産量と従業員数の増加に伴い、国内事業所と海外生産拠点の総計は2014年度に比べて23,038立方メートルの増加となりました。また売上高原単位では、2014年度比では4.1%の増加となりましたが、2010年度比では23.4%の削減となり、目標を達成しました。

ブラザーグループは引き続き、「ブラザーグループ中期環境行動計画2018」(2016~2018)で掲げた新たな削減目標の達成に向け、2016年度もさらなる施策を展開して節水活動を続けていきます。

国内事業所の主な取り組み

国内事業所では、設備や機器の更新を通じて、上水使用量の削減に努めています。ここ数年トイレ便器を和式タイプから洋式タイプへの交換を進めており、その際に積極的に節水用便器を採用しています。また刈谷工場では、2013年度にCO2の排出量削減目的で触媒燃焼による悪臭防止装置の燃料をLPGから都市ガスに転換したことによって、地上に配置された大型LPGタンク(500kgタンク5基)冷却用の散水が不要となり、上水利用量の削減につながっています。

海外拠点の主な取り組み

2009年度から始まった海外生産拠点の節水活動は、主に水冷式空調機から空冷式への更新やQCサークル活動における展開、手洗いやトイレに使用する水の適量化などの徹底的な見直しで、大きな成果につながりました。
各工場で実施されている主な節水対策は以下の通りです。

蛇口の節水(対策前)
蛇口の節水(対策前)
蛇口の節水(対策後)
蛇口の節水(対策後)
雨水の貯水タンク(ブラザーインダストリーズテクノロジー(マレーシア)Sdn. Bhd.)
雨水の貯水タンク(ブラザーインダストリーズテクノロジー(マレーシア)Sdn. Bhd.)
  • 蛇口のバルブを吐水量の調節が容易なレバー式に交換し、蛇口内部にシャワータイプの節水コマを入れて流水量を減少
  • 省エネ活動に連動し、水冷式空調機を空冷式インバーター機へ変更して、クーリングタワーからの水の飛散・蒸発による無駄を防止
  • 中央空調用のドレン排水を回収して、工場内のトイレ用水に利用。1日あたりの使用水量を6立方メートル(年間で1,440立方メートル)節約
  • ミシン部品の塗装工程において、注水制御を改善し、水使用量を削減
  • 毎月の水使用量を工場内の掲示板で公開し、従業員の節水意識を向上(啓発用ポスターも掲示)
  • シャワーを利用したコンテナ車の雨漏り検査において、タイマーを設置し、吹き掛け時間を1分間に短縮。さらに、短距離輸送の場合は目視検査のみに変更
  • 雨水を貯水タンクに集め、排水溝の清掃などに利用し、上水の使用量を(約20リットル/月)低減

ブラザーグループの水利用量推移

ブラザーグループの水利用量推移

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
ブラザー工業株式会社8拠点(本社、瑞穂・星崎・港・桃園・刈谷工場、技術開発センター、物流センター)、ブラザーインダストリーズ(U.K.)Ltd.、台弟工業股份有限公司、珠海兄弟工業有限公司、兄弟機械(西安)有限公司*、兄弟工業(深圳)有限公司、兄弟高科技(深圳)有限公司、ブラザーインダストリーズテクノロジー(マレーシア)Sdn. Bhd.、ブラザーインダストリーズ(ベトナム)Ltd.、株式会社 ニッセイ、三重ブラザー精機株式会社、ブラザーインダストリーズ(スロバキア)s.r.o. 左記の集計範囲にブラザー インダストリーズ サイゴンLtd.、ブラザー インダストリーズ(フィリピン)を追加 左記の集計範囲にブラザー マシナリー ベトナムLtd.を追加 左記に同じ
  • *:   兄弟機械(西安)有限公司は、2010年に西安兄弟工業有限公司(旧:西安兄弟標準工業有限公司)と兄弟ミシン(西安)有限公司が合併した事業所です。また同年、兄弟ミシン設備(上海)有限公司からの事業を移管されています。