Language

環境コミュニケーション

ブラザーエコポイント活動

ブラザーグループの40以上の国と地域で展開

「ブラザーエコポイント活動」とは、従業員やその家族による環境配慮行動や、お客様からの使用済み消耗品の回収などにポイントを付与し、蓄えられたポイントに応じてブラザーが、さまざまな環境保全活動を実施するというものです。

「従業員の環境意識を向上させることが、地球温暖化防止にもつながる」という考えのもと、2008年4月にグループの国内拠点を対象とした「ブラザーエコポイント活動」をスタートさせ、2009年度からは海外拠点へ活動を展開しています。

ブラザーグループでは、従業員やその家族が日常生活におけるCO2の排出を少しでも減らすとともに、寄付などの金銭的な貢献だけでなく、従業員一人ひとりが積極的に環境保全活動に参加し、自ら体験することによって、環境配慮への意識を高め、この活動の輪を広げています。

2017年3月31日現在、「ブラザーエコポイント活動」は40以上の国と地域で実施しています。2016年度はベトナムにおいて、新たにブラザーインダストリーズ(サイゴン)Ltd.での活動が開始されました。

「ブラザーエコポイント活動」実施拠点

「ブラザーエコポイント活動」実施拠点

ブラザーエコポイント活動参加者数

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
参加者数 14,776人 21,440人 25,908人 31,899人 31,663人

「ブラザーエコポイント活動」事例

国内グループ会社【日本】

2016年度「ブラザーエコポイント活動」表彰(2017年5月)
2016年度「ブラザーエコポイント活動」表彰(2017年5月)

ブラザー工業株式会社では、ブラザー販売株式会社(以下、ブラザー販売)などの国内のグループ会社とともに「ブラザーエコポイント活動」を推進しています。この活動は、不要な照明を消す、節水する、ごみを分別する、マイカップを使う、階段を利用する2UP3DOWN、徒歩・自転車・公共交通機関で移動する、地域の清掃活動に参加するなど、従業員やその家族の環境配慮行動に対してポイントを付与するものです。蓄えられたポイントは、従業員やその家族がボランティアで参加する環境保全活動費用への寄付として、利用しています。
この活動を後押しする仕組みとして表彰制度を設け、1年間の合計ポイントが高い参加者を毎年表彰しています。
この他、ブラザー販売では、複合機やプリンターで利用された使用済みのトナーカートリッジやインクカートリッジの回収にポイントを付与する活動を推進しています。