従業員とともに

健康経営の推進

「ブラザーグループ健康経営理念」を制定し、従業員の健康管理を推進

健康経営推進体制を構築

ブラザーグループは、モノ創りを通して優れた価値を創造し、世界中のお客様に製品やサービスを提供するため、全ての従業員がグローバルに日々活躍しています。
その活動の基盤となる「基本方針」と「行動規範」が定められた「ブラザーグループ グローバル憲章 」に示されているように、従業員が長期にわたり才能とスキルを発揮するためには、一人ひとりの健康管理が重要であると考えています。

2016年9月、ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)はブラザーグループ健康経営理念(以下、健康経営理念)を制定しました。
今後は新たに設置した最高健康責任者(CHO:Chief Health Officer)のもと、健康経営理念に基づき、さまざまな活動に戦略的に取り組んでいきます。

ブラザーグループ健康経営理念
ブラザーグループは、従業員一人ひとりの心身の健康こそ大切な「財産」ととらえ、『明るく・楽しく・元気に』、活き活きとさまざまな能力を発揮できることが、グループの成長につながると考えています。
従業員一人ひとりが健康であることは、ブラザーグループの継続した発展の礎であるとともに、健康寿命の延伸など社会の要請に応えるものです。
健康経営の実現のため、会社・労働組合・健康保険組合が一体となり、従業員の健康の保持・増進に戦略的に取り組みます。

ブラザー工業株式会社
代表取締役社長
最高健康責任者
小池 利和

健康経営推進体制

健康経営推進体制を構築し、PDCAサイクルを回して、今まで以上に効果的・効率的な従業員の健康の保持・増進活動を展開していきます。
まずはブラザー工業および国内のグループ会社から活動を推進し、順次海外のグループ会社に展開する予定です。

ブラザーグループ健康経営推進体制図

ブラザーグループ健康経営推進体制図

ブラザーグループ健康経営推進協議会

ブラザー工業および国内のグループ会社の安全衛生担当責任者が年1回集まり、従業員の健康に関する課題を抽出し、次年度の活動方針を決定します。
2016年度は3月に実施し、生活習慣病の予防、メンタルヘルス対策、禁煙支援、ヘルスリテラシーの向上など、それぞれの課題に対して目標を決めました。

健康支援ミーティング

ブラザーグループ健康経営推進協議会で決定した方針に従い、数値目標達成のための具体的な活動内容を決め、実施方法の検討とその結果の評価を行います。ブラザー工業人事部健康管理センターとブラザー健康保険組合の保健推進センターおよびブラザー記念病院が連携し、労働組合と協働したイベントの開催など健康の保持・増進のための活動を推進していきます。

従業員の健康管理(2016年度 ブラザー工業株式会社)
定期健診 受診率 100%*1
35歳以上の従業員を対象とする総合健診の受診率 95.5%*2
有所見率 55.0%
2次検査受診率 77.0%
特定健診*3 受診率 98.1%*4
メタボリックシンドローム率 11.0%
生活習慣病 糖尿病 5.2%*1
高血圧 7.7%*1
脂質異常症 12.1%*1
喫煙率 17.2%*1
ストレスチェック 受診率 99.6%*1
高ストレス率 5.6%
ブラザー健康生活月間 参加率 32.4%*1
満足率 95.0%
従業員1人当たりの医療費総額の平均 111,856円
  • *1: ブラザー工業従業員に対する割合
  • *2: 35歳以上のブラザー工業従業員に対する割合
  • *3: 厚生労働省が定める健診
  • *4: 特定健診の対象従業員に対する割合

このページの先頭へ

心身の健康の保持・増進

グループ全体の健康の保持・増進を目指して

ブラザー工業は、健康管理センターを設置し、グループ従業員の健康管理やメンタルヘルス対策、健康づくりに力を入れています。ブラザーグループの各国、各地域の拠点では、産業医を配置もしくは医療機関と提携し、従業員の心身の健康の保持・増進に取り組んでいます。
健康管理センターの産業医と保健師は2016年度、生産拠点である、珠海兄弟工業有限公司、ブラザーインダストリーズ(サイゴン)Ltd.、ブラザーインダストリーズ(フィリピン)Inc.(以下、BIPH)を訪問し、出向者に対する健康面談やメンタルヘルス教育を実施するとともに、生活環境のヒアリング、近郊の医療施設の視察による医療情報の収集、提供を行いました。また、出向者の医療機関の受診予約の代行や通訳、重症疾患発症時のサポートをしてくれる医療サポートサービス会社と情報交換を行いました。

現地の医療施設

現地の医療施設

BIPHの医療スタッフと産業医

BIPHの医療スタッフと産業医

心の健康づくり ~予防・早期発見・発症者フォローまで~

セルフケア講習
セルフケア講習

ブラザー工業は、健康管理センターが設立された翌年の2007年から従業員に対する継続的なメンタルヘルス教育を行っています。
自らストレスに気づき適切な対処ができること(一次予防)、不調者の早期発見・早期対応ができること(二次予防)を目指しています。特に一次予防につながるセルフケア講習は、全従業員が受講し、実際に社内で起きた事例を題材に体調管理の方法やストレスとの付き合い方について考える内容です。
2014年度の労働安全衛生法の改正に伴い「ストレスチェック」を導入し、ストレスへの気づきを強化しています。病気を発症した後も自分らしく働き続けることができるよう、復職支援(三次予防)にも各職場と協力し取り組んでいます。

2016年度には「第3期ブラザーメンタルヘルス 5か年計画」を策定し、不調者の早期発見やフォローだけでなく、不調者が発生しにくい企業風土の醸成やストレスをためにくい快適な職場作り、さらに活き活きと働くことができるように従業員のモチベーション向上など、ポジティブなメンタルヘルス対策を行っています。
これは法令の基準を超えた「攻めの健康づくり」で、これまでの疾病管理モデルをより拡大した、人材育成やキャリア開発、職場づくりを含めた人材戦略モデルに基づく施策です。従業員と各職場、そして健康管理センターが一丸となり、一人ひとりが心の健康を保ち、愉快に働きがいをもって働くことを目指し、対策を継続・強化していきます。

従業員の健康づくりをサポート

健康管理センターは、毎年10月~11月を「ブラザー健康生活月間」とし、健康保険組合・労働組合・人事部安全防災グループと協力しさまざまな取り組みを行っています。
2016年度は、ブラザー工業の大規模な組織変更があったため、職場のコミュニケーション促進を目的に「こころが伝わるコミュニケーション術~元気な職場を作ろう~」と題した健康教室を、各職場で開催しました。
このように、状況に合わせた内容で健康教室を行い、病気の予防と健康の保持・増進を目指しています。
また、メタボリックシンドローム・疾病予防の支援や禁煙サポート・受動喫煙防止のための活動を継続して行っています。従業員の受動喫煙を防止するために2016年度から、ブラザー工業のすべての建物内を禁煙にしました。今後は、敷地内全面禁煙の実現に向けて、喫煙者への禁煙サポートを強化していきます。

健康生活月間の案内

健康生活月間の案内

屋外の喫煙所

屋外の喫煙所

2017年2月、ブラザー工業はこれまでの健康管理活動が評価され、経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄2017 」に上場企業608社の中から選定されました。

「健康経営銘柄2017」のロゴマークと発表会「健康経営銘柄2017」のロゴマークと発表会
「健康経営銘柄2017」のロゴマークと発表会

ブラザーグループは、これからも従業員の心身の健康の保持・増進のための取り組みを推進していきます。