お客様とともに

販売・サービス体制

お客様の声に耳を傾けることで生まれる対応力と連携

事業環境にあわせ、自ら変化できる企業であり続ける

多様化するツールや市場、お客様の行動の変化など、事業環境はめまぐるしく変化しています。これに対応していく上で大切なのが「柔軟な対応力」と「パートナーとの連携」だと考えています。
お客様の声に耳を傾け、これまで培ってきた技術や知見、販売ルートやノウハウを生かしつつ、足りない部分や経験の浅い分野には、パートナーと適切に連携しながら柔軟に対応していきます。
そうすることで自ら変化できる企業であり続けたいとブラザーは考えています。

このページの先頭へ

販売子会社とともに新たな市場を開拓

設計担当者が直接お客様の要望を伺い、その場で提案を行う体制を構築

営業と設計担当者による訪問前の打合せ
営業と設計担当者による訪問前の打合せ
設計者がお客様のもとに出向いて確認
設計者がお客様のもとに出向いて確認

現在ブラザーでは、法人向けビジネスに力を入れています。規模や業態が異なる法人のお客様の要望は千差万別です。
従来はすべての要望を営業担当者を中心にブラザー販売株式会社(以下、ブラザー販売)の技術サポートが受け、ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)の設計担当者に伝えていました。そのため、お客様の要望を製品の仕様に反映するまでに時間がかかる、要望の背景が脱落することで微妙に要望とずれてしまうことがありました。

そこで、2016年からは、メーカー側であるブラザー工業の設計担当者がブラザー販売の技術サポートと協力しながら直接お客様の要望を伺い、その場で技術的に適切な提案を行う体制を整え、個別の質問に迅速に回答できるようにしました。
また、商品の試験導入において、お客様自身も事前に想定できなかった不具合が確認された場合でも、設計者が直接現場に伺い不具合を確認し、解析、改善までの時間を短縮できます。

販売現場とブラザー工業が協働して、法人のお客様との情報共有を積み重ねることによって、信頼関係が構築され、法人向け大型受注につなげています。

このページの先頭へ

デジタルマーケティングの推進

製品・サービスごとに価値をお伝えしたいお客様像を描き、お客様一人一人に合ったより快適なデジタル体験を提供

インクジェットプリンタの印刷コストにご関心のあるお客様向けデジタルコンテンツ(アメリカ販売会社Webサイト上の動画の1シーン)
インクジェットプリンタの印刷コストにご関心のあるお客様向けデジタルコンテンツ(アメリカ販売会社Webサイト上の動画の1シーン)
デジタルマーケティングプロセス
デジタルマーケティングプロセス

商品やサービスの購入におけるお客様の行動は、デジタルテクノロジーの進化に伴い大きく変化しており、各企業の商品販売促進活動もインターネットを介したものや、PCやスマートフォンなどのデジタル機器を利用したものへと移行しています。

そうした環境の中、ブラザーグループは、お客様一人一人に合ったより快適なデジタル体験を提供し、お客様との長期的な信頼関係を構築するためのデジタルマーケティング活動をこれまで以上に推進しています。グローバルに活動を統括するグループを立ち上げ、世界各地のデジタルマーケティング推進チームと連携を図りながら、優れたナレッジの共有やグローバル戦略の立案を行っています。

ブラザーグループは、お客様に合ったデジタル体験を提供するためには、お客様に対する深い理解が必要と考えています。製品・サービスごとに価値をお伝えしたいお客様像を描くことで、お客様にご満足いただける情報や、お届けするための適切なコミュニケーション方法・タイミングを検討しています。
その実現手段として自社Webサイト内のコンテンツの作成や導線の設計、インターネット上での広告配信などを実施しました。
実施後は、製品・サービスの価値が、作成したWebサイトや広告を通じてお客様にお届けできているかを継続的に測定し、改善を図るとともに、これら一連のプロセスをマニュアル化し、グローバルに共有・活用しています。

ブラザーグループは、これからもお客様に快適なデジタル体験を迅速に提供するため、グループ一丸となってデジタルマーケティング強化に取り組んでいきます。

関連情報