猫と一緒にお住まいのお客様へ 家庭用ファクスにおける無償点検のお知らせ

株主とともに

IRコミュニケーション

株主・投資家とのコミュニケーション

積極的な情報開示

ブラザー工業株式会社(以下、ブラザー工業)は、株主・投資家の皆さまへの情報提供の機会を増やし、最新の情報を分かりやすくお伝えすることにより、長期的な信頼関係の構築に向けて努めています。
株主の皆さまに対しては、年2回株主通信をお届けし、ブラザーグループの業績や最新の話題をお伝えしています。また、機関投資家・証券アナリストの皆さまに対しては、社長自らが説明を行う決算説明会を年2回開催しているほか、積極的に個別訪問や取材対応を行っています。
個人投資家の皆さまに対しては、各地の証券会社支店での会社説明会を中心に事業内容や経営戦略の説明などを行っています。

第124回定時株主総会
第124回定時株主総会

また、ブラザー工業は、2016年6月24日(金)に、「第124回定時株主総会」を名古屋マリオットアソシアホテル(愛知県名古屋市)で開催し、755名の株主の皆さまにご出席いただきました。本総会では、2015年度のブラザーグループの事業状況の報告や2016年度の業績見通しに関する説明を行い、議案審議では、多くの株主の皆さまからご賛同を得て、すべての議案について原案どおり承認可決されました。株主総会終了後には、株主の皆さまが当社役員と直接対話する「株主懇談会」も開催しました。

ブラザー工業は、これからもより多くの株主・投資家の皆さまとコミュニケーションをとる機会を作り、積極的な情報開示を行っていきます。

会社説明会を積極的に開催し、個人投資家にPR

個人投資家向け会社説明会を全国各地で多数開催

200人を超える方々が参加した、東京会場での説明会
200人を超える方々が参加した、東京会場での説明会
製品の展示コーナーにお越しいただいた個人投資家の方々への説明
製品の展示コーナーにお越しいただいた個人投資家の方々への説明

ブラザー工業は、株主・投資家の皆さまへの情報開示を積極的に行っています。年2回お届けしている株主通信のほか、会社説明会などさまざまなコミュニケーションの機会を作り、信頼関係の構築に努めてきました。
近年は株式投資環境が盛り上がりをみせ、個人投資家の関心もますます高くなってきています。そのような状況の中、個人投資家の皆さまに愛着を持って長く株式を保有していただくため、"ブラザーのファン作り"活動に力を入れています。

2015年度は札幌、仙台、金沢、東京、岐阜、名古屋、京都、大阪、尼崎、姫路、広島、松山と各地の証券会社支店を会場として計17回の会社説明会を開催し、延べ2,500名以上の個人投資家の皆さまとコミュニケーションを図ることができました。また、各会場には製品の展示コーナーを設置し、多くの投資家の方々から質問をいただくなど、ブラザーグループのモノ創りを直接ご紹介できる貴重な機会となりました。ご参加いただいた個人投資家の方々から、励ましや今後への期待の言葉を多数いただき、"ブラザーのファン作り"への確かな手応えを感じることができました。

ブラザー工業は、これからも会社や製品の魅力を伝えるため、全国各地で会社説明会を行う予定です。株主・投資家の皆さまと直接コミュニケーションができる機会を大切にし、さらなる"ブラザーのファン作り"のための活動を積極的に続けていきます。

外部からの評価

9年連続で「モーニングスター社会的責任投資株価指数」構成銘柄に選定

2017年1月4日付けでモーニングスター株式会社の算出する「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」の構成銘柄が発表され、ブラザー工業は、2008年から9年連続で選ばれました。

社会的責任投資(SRI:Socially Responsible Investment)とは、従来の財務分析による投資基準に加え、社会への貢献度合いや倫理面、環境面から企業を評価する投資方法です。国内初のSRI株価指数である「MS-SRI」は、国内上場企業約4,000社の中から、社会性に優れた企業と評価できる150社を選定し、その株価を指数化したものです。
投資家の皆さまからのSRIへの関心が高まる昨今、9年連続で選定されていることは、ブラザーのコーポレートガバナンスやコンプライアンスの体制だけでなく、雇用、健康・安全、教育、地域社会、環境等さまざまな社会的課題への積極的な活動と情報公開が高く評価された結果と捉えています。

ブラザーグループは、これからも中長期的な視野に立ってグローバルなCSR経営を推進することで、すべてのステークホルダーからの信頼を積み重ねるとともに、さらなる事業の成長を目指します。

モーニングスター社会的責任投資株価指数

(「MS-SRI」のサイトへリンクします。)

  • *:   記載されている情報は、2017年1月4日時点のものであり、予告なしに変更される場合があります。

関連情報