ブラザーの歴史トップへ戻る

ブラザーの歴史

2010年代 新規事業の拡大と事業ポートフォリオの強化

リーマンショックを乗り越えた2010年代、さらなる成長に向け、既存事業においてより付加価値の高い新規製品を創出するとともに、サービス・ソリューション分野など新規分野を拡大しています。加えてモバイルプリンター、通信カラオケ、Web会議システム、減速機・歯車、産業用プリンティングなどの事業のM&Aを継続的に実施することで、グループの事業ポートフォリオの強化を続けています。

年表

2008年
ブラザーグループ創業100周年
2008年
HOYA株式会社とペンタックスブランドのモバイルプリンター事業の譲渡契約を締結
2010年
株式会社エクシング が株式会社USENの子会社でカラオケ事業を展開する株式会社BMBを合併
2011年
ブラザーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)がWeb会議事業を展開するNefsis Corporationを買収
2013年
ブラザー工業株式会社が減速機や歯車事業を展開する株式会社ニッセイを子会社化
2015年
株式会社エクシングが株式会社JVCケンウッド子会社で音楽・映像ソフトの企画・制作・販売などを展開する株式会社テイチクエンタテインメントを買収
2015年
ブラザー工業株式会社が英国の産業用プリンティング企業であるドミノプリンティングサイエンスを子会社化

モバイルプリンター
モバイルプリンター

株式会社ニッセイ
株式会社ニッセイ

ドミノプリンティングサイエンス
ドミノプリンティング
サイエンス