ブラザーの歴史トップへ戻る

ブラザーの歴史

2000年代 グローバル展開と事業一貫経営

ブラザーインダストリーズ(ベトナム)Ltd.
ブラザーインダストリーズ
(ベトナム)Ltd.

1990年代半ば以降、生産の中国への積極的な移管と販売体制の再編成に取り組んだことで、2000年代にはグループ一体となった事業展開が軌道に乗っていきました。その後ベトナム、フィリピンでも生産がスタートし、事業ごとに複数拠点を持つ生産体制を確立しました。

年表

1989年
マレーシアにブラザーインダストリーズテクノロジー(マレーシア)Sdn. Bhd. を設立。情報機器部品の生産開始
1991年
中国に製造会社 珠海兄弟工業有限公司を設立
1993年
珠海兄弟工業有限公司で家庭用ミシンの生産開始
1993年
中国に西安標準ミシンと合弁で製造会社 西安兄弟標準工業有限公司を設立
1994年
マレーシアに製造会社 ブラザーインダストリーズジョホールを設立。ファクスの生産開始
1994年
中国・布吉南嶺兄弟亜洲製造廠<現、兄弟高科技(深圳)有限公司>が情報通信機器の生産開始
2002年
中国に製造会社 兄弟工業(深圳)有限公司を設立
2006年
ブラザー工業株式会社の株式の所属業種を「機械」から「電気機器」に変更
2007年
ブラザーインダストリーズ(ベトナム)Ltd.で情報通信機器の生産開始
2012年
ブラザーインダストリーズサイゴンLtd.で 家庭用ミシンの生産開始
2013年
中国・西安にて工業用ミシンおよび工作機械の複数に分かれていた生産拠点を兄弟機械(西安)有限公司に集約
2013年
ブラザーインダストリーズフィリピンで情報通信機器の生産開始
2014年
ブラザーマシナリー(ベトナム)Ltd.で 工業用ミシンの生産開始

珠海兄弟工業有限公司
珠海兄弟工業有限公司

兄弟高科技(深圳)有限公司
兄弟高科技(深圳)有限公司

ブラザーインダストリーズサイゴンLtd.
ブラザーインダストリーズ
サイゴンLtd.

ブラザーインダストリーズフィリピン
ブラザーインダストリーズ
フィリピン